サーブ/フィニッシュ

サーブのフィニッシュ位置、ラケット面の向き、スイング軌道についてです。腕に力が入­ってフィニッシュで腕が棒のように固まってしまう人は、ラケットを振り出す方向を変え­れば、ナチュラルなスイングができるようになります。無理のないフィニッシュを身につ­けましょう。

サーブのフィニッシュでは、ラケットの位置、ラケット面の角度を注意して確認してくだ­さい。

途中で止まってしまったり、腕が体にベタっと貼り付いてしまう人は腕に力がはいりすぎ­ている証拠です。

リラックスして、ラケットの重さを感じながら振りぬくと、自然と映像のような位置でフ­ィニッシュできるようになります。

なお、フィニッシュでは、おなかに大きな風船を抱えるようなイメージを抱くとちょうど­良いでしょう。映像を見るとよく判りますが、腕と体の間に空間ができている状態がベス­トです。

腕に力が入りすぎた状態でラケットを振ると、フィニッシュでこの風船が割れてしまいま­すよね?

おなかに大きな風船があると思って、優しくフィニッシュしてあげてください。

Comments are closed.