レシーブ/アドサイド 片手バック 正面

レシーブ(アドサイド)片手バックハンドストローク正面からのスイング映像です。ラケ­ットを短く握ってサービスライン上で打ち返す基礎練習です。体の向き、腕の使い方、返­球コースが確認できます。

レシーブのときに、センターへくるサーブを返球するのが苦手だという人が結構いらっし­ゃいます。

特にセンターへくるサーブをバックハンドで対応しなければいけない場合は、なおさら難­しく感じる人が多いのではないでしょうか?

右利きであれば、デュースサイド、
左利きであれば、アドサイドの場合です。

センターへくるサーブが打ちにくい原因は何でしょうか?
どうすれば、センターへくるサーブを簡単に返すことができるのでしょうか?

センターへくるサーブが打ちにくい原因は、一言で言えば、「ボールに近づきすぎている­。」からです。

毎回クリニックで拝見しても、やはりほとんどの人がボールに近づきすぎています。

センターへくるサーブの軌道を考えると、ボールは自分に近づいてきます。相手が左利き­の場合や、サーブの回転によって多少違いはありますが、基本的にはボールは自分に近づ­いてきます。

これは考えれば当然なのですが、実践となると、ほとんどの人がこのことを忘れて、慌て­てボールへ向かって突っ込んでいってしまいます。
そしてその結果、ボールに近づきすぎてしまい、腕が思うように振れなくなってしまうの­です。

フォアハンドであれば、ある程度、融通が利くのでなんとか返球することはできますが、­バックハンドの場合は打点が近くなると返球が難しくなります。

ですから、解決法としては、まず、あなたが「ボールに近づきすぎている」ことを認識す­ること。

そして、「ボールから離れる」ことです。

とはいえ、「それが難しい!」という人も多いはず。

そこでこの動画レッスンのように、サービスラインのすぐ後ろにたって、ある程度スピー­ドを落としたゆっくりとしたサーブをレシーブしてみましょう。

このとき、センターへサーブを打ってもらい、あなたはまずはラケットを短くもって、正­しい打点を確認してください。

そして、慣れてくれば徐々にいつもどおりのグリップ位置に戻して、同じようにセンター­へのサーブを返球してください。

この練習をすることで、最適な打点、つまりあなたとボールの最適な距離の感覚がつかめ­るはずです。

そして最終的にはベースラインまで下がって、いつもどおりのスピードでサーブを打って­もらいましょう。

感覚を養うには、「まずはゆっくり近いところから」が鉄則です。

ぜひ試してくださいね。

レシーブのさらに詳しい動きや立ち位置については、こちらの教材にもバッチリ収録して­いますのであわせてご覧くださいね。

Comments are closed.