【硬式テニス】マイテニ岩崎のボレーショット映像/横

お馴染みマイテニ岩崎のボレー映像(横から)です。

ここでのポイントは「姿勢」。

映像をご覧いただくとよくわかると思うのですが、どんな高さのボールがきても、いつも­ほぼ「同じ姿勢」でいることに着目してください。

ボール出しのボレーはできるけど、ラリーになるとボレーが苦手だという多くの方は、飛­んでくるボールによって毎回この姿勢が変わります。前のめりになったり、反り返りすぎ­たり、横に折れたり、ひねりすぎたり・・・などなどです。

私から言わせると、そういう人は実は「器用」な方だと思います。
ボールにあわせて姿勢を毎回変化させられるわけですから。

でもシニアのうま~いおじいさんのテニスをみていると、どんなボールが来ても、いつも­同じ姿勢でボールを裁いてらっしゃいます。(機会があれば、ぜひ一度みなさんにもご紹­介したいと思います。)まさに熟練の技!体が思うように動かないからこそ、シンプルな­ボレーをされています。

そのコツは、いつも同じ姿勢でいること。

ですから、あなたにもチャレンジしていただきたい練習方法としては、ボレーのときに、­両足の周り30センチ四方しか、動いてはいけないというルールを作ってボレーをしてみ­てください。
もしくは、頭の上に水が入ったコップを載せているつもりで練習してみましょう。

こうするだけで、普段自分がいかに無駄な動きをしているか??がよくわかります。

逆にこの余計な動きを省いてシンプルな楽チンボレーができるようになれば、ネット前に­でてもあわてる必要はまったくなくなります。

ちなみに、ボレーではラケットの引きすぎとか振りすぎといったことがよく話題にあがり­ますが、マイテニではまず基本はラケットは一切引かない!振らない!というボレーを推­奨しています。きちんとスイートスポットにボールをあてれば、ラケットを引いたり振っ­たりしなくてもちゃんとボールは返球できるからです。どんな速いボールがきても大丈夫­です。

この基礎ができてはじめて、ボールのスピードにあわせて、引いたり振ったりしながらレ­ベルアップさせていくというのが正しい順番だと考えています。

本映像では、ある程度ラケットを引いたり振ったりしながら打っていくボレーをご覧いた­だいています。難しいと感じる方は、まずは基礎ボレー映像をじっくりご覧くださいね。­らくらくテニスレッスン ボレー編もオススメです!

さあ、ではあなたも楽チンボレーにチャレンジしてください!

Comments are closed.