ボレーの安定&集中力アップ練習法

テニス上達に向けて今回は、ボレーを安定させる練習方法をご紹介します。

ボレー練習には、ボレーボレーのほか、ボレーVSストローク練習が最適です。
普段、何気なく行うボレーVSストローク練習ですが、実は結構奥が深いんです。
それだけに上級者やコーチもよく練習に取り入れています。

さあ、あなたもチャレンジしてください!

具体的な練習方法は次の通りです。(2名1組で行います。)

■ボレー練習(1時間~90分バージョン)
・ボレーVSボレー
1.ネットをはさんで、お互いサービスラインとネットの間に立ちます。

2.ゆっくりとしたボールでボレーボレーを行います。
このとき、相手の腰から肩の高さにボールが届くように意識します
お互い一歩も動かずにボレーボレーできる状態を目指しましょう。
スピードはゆっくりでかまいません。
ボールの軌道は、ネットの倍の高さを目安に行います。

3.まずは、お互いフォア同士で続けます。(約5分)

4.次に、バック同士で続けます。(約5分)

5.最後に、フォア、バック混ぜて続けます。(約5分)

・ボレーVSミニストローク
1.ネットをはさんで、ボレー側はサービスラインとネットの間、ストローク側はサービスライン上に立ちます。

2.ゆっくりとしたボールでボレーVSミニストロークを行います。
このとき、ストローク側は相手の腰から肩の高さにボールが届くように意識します。
スピードはゆっくりでかまいません。
ボールの軌道は、ネットの倍の高さを目安に行います。
ボレー側は、相手コートのサービスラインとネットの中間地点にボールが落ちるように意識します。

3.まずは、お互いフォア同士(フォアボレー、フォアストローク)で続けます。(約5分)

4.次に、バック(バックボレー、バックストローク)同士で続けます。(約5分)

5.最後に、フォア、バック混ぜて続けます。(約5分)

・ボレーVSミドルストローク
1.ネットをはさんで、ボレー側はサービスラインの一歩内側、ストローク側はサービスラインとベースラインの間に立ちます。

2.ゆっくりとしたボールでボレーVSミドルストロークを行います。
このとき、ストローク側は相手の腰から肩の高さにボールが届くように意識します。
スピードはゆっくりでかまいません。
ボールの軌道は、ネットの倍の高さを目安に行います。
ボレー側は、相手コートのサービスライン地点にボールが落ちるように意識します。

3.まずは、お互いフォア同士(フォアボレー、フォアストローク)で続けます。(約5分)

4.次に、バック(バックボレー、バックストローク)同士で続けます。(約5分)

5.最後に、フォア、バック混ぜて続けます。(約5分)

・ボレーVSストローク
1.ネットをはさんで、ボレー側はサービスライン上に、ストローク側はベースライン上に立ちます。

2.ゆっくりとしたボールでボレーVSストロークを行います。
このとき、ストローク側は相手の腰から肩の高さにボールが届くように意識します。
スピードはゆっくりでかまいません。
ボールの軌道は、ネットの倍の高さを目安に行います。
ボレー側は、相手コートのサービスラインとベースラインの中間地点にボールが落ちるように意識します。

3.まずは、お互いフォア同士(フォアボレー、フォアストローク)で続けます。(約5分)

4.次に、バック(バックボレー、バックストローク)同士で続けます。(約5分)

5.最後に、フォア、バック混ぜて続けます。(約5分)

以上が基本的な練習方法になります。

まずはゆっくりした山なりの軌道で確実にボレーVSストロークができて、何十回、何百回も続けられることを目指してください。
それができるようになり、さらにレベルアップしたい場合は、次のように工夫してみましょう。

1.すべての過程でボールの軌道をネットぎりぎりに落として同じようにボレーVSストロークを行います。
→ボレー側は常にローボレーやハーフボレーを打つ練習になり、ストローク側は、
常にネットぎりぎりのボールを打つ練習になります。

さらにストローク側がレベルアップするためには、

2.同じくネットぎりぎりでボレーVSストロークを行いますが、ボールのスピードに変化をつけます
→ゆるいボールでネットぎりぎりを通すパターンと、ある程度スピードのあるボールで
ネットぎりぎりを通すパターンを交互に打ち分けます。

さらにボレー側がレベルアップするためには、

3.同じくネットぎりぎりでボレーVSストロークを行いますが、ボールの深さに変化をつけます
→同じローボレーでも、サービスライン付近に落とすボレーと、
ベースラインぎりぎりに落とすボレーを交互にけます。
決め球としてドロップショットの練習をいれるのもよいでしょう。

いかがでしょう?

単なるボレーVSストロークといっても結構奥が深いと思いませんか?

ボレーVSストロークはとってもシンプルな練習方法ですが、ちょっと意識を変えて工夫するだけでテニス上達のための素晴らしい練習にはやがわりです。

「どういう意識を持って練習しているか?」

自分自身にもう一度問いただしてみるのが、上達への近道なのかもしれませんね。

もちろんすぐにすべてができるようになるわけではなく、少しずつの練習の積み重ねが大切です。
大変ですが、その一歩一歩の過程がテニス上達の醍醐味です。

あなたも高い意識を持って、技術力、精神力(集中力)を鍛えてみてください。

Comments are closed.