テニスレベルアップの逆転発想法とは?

どうすればテニスがレベルアップするか?上達するか?と聞かれたら、ほとんどの人は、「たくさん練習すること!」「たくさん試合に出ること!」とこたえるでしょう。

それはもちろん、正しい答えです。

しかし、答えはそれだけではありません。

実はもうひとつとても大切で、ほとんどの人が気が付いていないレベルアップの方法があります。

それは、「休む」ことです。

そう、テニスをしばらく「休む」ことです。

「えっ?テニスを休んだら、練習もできないし、試合もでられないし、テニスを忘れてしまったらうまくなるわけないじゃん!」と思いますが、実はそこに大きなヒントが隠されています。

あなたがテニスのことをいつも考えて、週に何度も練習を重ねていたとしましょう。

そこで仮にあなたは2週間テニスを休んで、テニスのことを忘れて、ラケットも握らずに、違うことをして過ごしたとしましょう。

すると最初はなんだか落ち着かなくて、不安でいっぱいになってきますが、そのうち、他のスポーツを楽しんだり観戦したり、いつも違う雑誌をみたり、一時的にテニスのことを忘れる期間ができるようになります。

この瞬間がポイントです!

あなたがテニスを休むこと、忘れることで、あなたの頭の中にぽっかりと空間ができます。そして大切なことは、空間ができれば、必ずその空間を埋めようと、そこに新たな情報が流れ込んでくるです。

そして、それは今まで気づかなかった貴重な情報であることが多いのです。

たとえば、ゴルフのスイングをみていたときに、ふと、ボールを目的の場所に運ぶボールタッチのイメージを思いついたり、そういえばいつも同じ場所からサーブを打っていたけれども、少し場所を変えて打ってみるとどうなるだろう?となぜか一見、関係のなさそうなところから、今までにない思考がどんどん生まれてくるのです。

さらに、2週間ぶりにあなたがテニスをしたときには、ここしばらくは味わったことがないような新鮮な気持ちになるはずです。
そんなときにも、ふと今まで気が付かなかった自分の長所や短所が新たに発見できたりすることがあります。

こんなふうにテニスをしばらく休んでみることで、新しい自分が生まれるきっかけになります。

ちなみに、杉山愛選手は、ツアーを転々としていた現役時代は、他の選手がトーナメント開催中は外出もせずピリピリしている中、街中を観光したりショッピングしたりして思う存分楽しんでいたそうです。そしてそれが逆にテニスの試合で集中力を生みだし、長く現役を続けることにつながったそうです。

なかなかテニスを離れられない・・・という人は、試合に出るのをやめて、観戦だけしにいってみるというのも非常に勉強になります。いつもは緊張して、他人の試合をみるどころではないあなたも、自分が出場しないのであれば、緊張もありませんから、リラックスして選手のプレイをいつもとは違う角度から眺めることができるでしょう。

「テニス休息のススメ」 ぜひ実践してみてくださいね!

Comments are closed.