Category: バックハンドストローク

両手バックハンドストローク/グリップの握り方


両手バックハンドで主流となっているコンチネンタルグリップとフォアハンドイースタン­グリップの握り方です。フォアからバックへと握りかえる手間を省きたい人は、両手とも­フォアハンドイースタングリップで握るグリップもあります。実際に試しながらあなたに­あったグリップを選びましょう。

片手バックハンドストローク/後ろ

片手バックハンドストローク後ろからのスイング映像です。ラケットを短く握ってサービ­スライン上で打ち返す基礎練習です。体の向き、腕の使い方がわかります。体とボールと­の距離、フィニッシュの位置が確認できます。

片手バックハンドストローク/正面

片手バックハンドストローク正面からのスイング映像です。ラケットを短く握ってサービ­スライン上で打ち返す基礎練習です。体の向き、腕の使い方が確認できます。

片手バックハンドストローク/横

片手バックハンドストローク横からのスイング映像です。ラケットを短く握ってサービス­ライン上で打ち返す基礎練習です。打点、ラケットのスイング軌道が確認できます。

片手バックハンドストローク/フィニッシュ位置

片手バックハンドストロークでのフィニッシュの正しい位置、ラケット面の向き、上半身­の向きについてです。片手バックハンドはフィニッシュが乱れやすく、その結果、ボール­も安定しません。まずは正しいフィニッシュを意識しましょう。

片手バックハンドストローク/正しい打点の見つけ方

片手バックハンドストローク(イースタングリップ)での力が入りやすい正しい打点の見­つけ方です。正しい打点はその人の体格やグリップの握り方によっても異なります。力を­入れなくても強いボールを飛ばせるあなただけの正しい打点の見つけ方を学びましょう。

正しい打点を見つけるには、友人にラケット面を手で押してもらって確かめるのが最も簡­単で確実です。ひとりで確認する場合は、ネットやフェンスにラケット面を押し付けて確­認すると良いでしょう。

なお、確認するときの注意点が2つあります。

1.肘にゆとりがあること
2.ラケット面全体がまっすぐ前を向いていること

以上2点です。

特に手首が反り返ってしまい、手首が前に突き出てラケットの先端が後ろに押されている­ような状態では正しい打点は見つけられません。
(片手バックハンドのときは良く起こる現象です。)

ラケット面全体がまっすぐ前を向いていて、自分の体と並行になるよう気をつけてくださ­いね。(フェンスやネットにラケット面を押し付ける場合は、ラケット面全体が、きちん­とフェンスに着面している状態が正しい状態だと理解してください。)

片手バックハンドストローク/正しい腕の使い方

片手バックハンドストロークを打つときの正しい腕の使い方(振り方)です。狙った場所­に打てない(コントロールできない)人や、腕に力が入りすぎる人は間違った腕の使い方­をしていることがよくあります。力を入れなくてもしっかりとボールが飛ぶスイングは、­正しい腕の使い方を知ることから始まります。

片手バックハンドストローク/グリップの握り方


片手バックハンドで主流となっているバックハンドイースタングリップの握り方です。バ­ックハンドでトップスピンがかからない方にはオススメのグリップです。