Category: 試合

【テニス動画】ハイライト:錦織選手2014年ATPツアーファイナル

こんにちは。マイテニス岩崎です。

今日は、2014年に行われたATPツアーファイナルの錦織選手のベストポイント集の動画をご紹介します。

これで見ていただきたいのは、ラリー中の錦織選手のポジショニング(立ち位置)です。

フットワークが良いとされる錦織選手ですが、特段足が速いとかいうわけではなく、私が感じるのは無駄な動きが極力少なくなるようなフットワークだということです。

普通は、「ボールを打ったらコートのセンター(真ん中)に戻る」がセオリーなわけですが、あの激しいラリーでいちいちセンターに戻れるでしょうか??

戻れませんよね??

ラリー中の錦織選手の立ち位置をじっとみていただければ、その答えがわかると思います。

もちろん余裕があるときはセンターへ戻るのがセオリーではありますが、臨機応変に自分の立ち位置を変えることができれば、ワンランク上のテニスができると思います。

ぜひじっくり見て下さい!

あなたのテニス上達を応援しています!

【テニス動画】ハイライト:錦織選手2014年ATPツアーファイナル

【動画】錦織圭選手の2014年スーパープレイ集 Part1

【動画】錦織圭選手の2014年スーパープレイ集 Part1

こんにちは。マイテニス岩崎です。

2014年はテニスファンにとって本当に歴史的な年でしたね。

錦織圭選手の活躍は、日本国民を勇気づける本当に素晴らしいプレイでした。

その錦織選手の2014年のスーパープレイをまとめた動画がありますので、ぜひご覧ください!

 

 

【動画】全米オープン2014錦織VSジョコビッチ

全米オープン2014年は錦織選手の大活躍でしたね。

日本中が錦織フィーバーで、テニス界のみならず、多くの人に喜びと未来への可能性を与えてくれました。

今回、決勝戦は残念でしたが、それまでの戦いぶりは本当に素晴らしかったですね。

特に、準決勝のジョコビッチ戦は、技術、メンタル含めて非常に見応えのある試合だった気がします。

そのハイライト動画をご覧ください!

 

 

あなたのテニス上達を応援しています!

【動画】マッケンローVSシュティヒ ウィンブルドン2014エキジビションマッチ

こんにちは。マイテニスの岩崎です。

今日は、ウィンブルドン2014エキジビションマッチとして行われた「マッケンローVSシュティヒ 」の動画をご紹介します。

マッケンローといえば、先日も日本のテレビに出て、多いに盛り上げてくれましたが、

このエキジビションマッチでも、エンターテイナーぶりを発揮してくれています。

それはさておき、マッケンローもシュティヒも、かなりの年齢にも関わらず、体の使い方がとっても上手で

中年テニスプレイヤーには参考になることが多いです。

現役若手プロの試合を見ても体の作りが違うので、「私には無理・・・」と思う方も多いかもしれませんが、

「これなら自分にも少しはできそう!」と思える映像です。

ぜひご覧くださいね。

【テニス動画】マッケンローVSシュティヒ

【動画】フェデラーVSジョコビッチ ウィンブルドン2014男子シングルス決勝

こんにちは。マイテニスの岩崎です。

ウィンブルドン2014男子シングルス決勝はフルセットの末、ジョコビッチが優勝しましたね。

しかし、何と言ってもあの黄金期を彷彿させるフェデラーの強さに、多くのファンはしびれたのでは??

個人的にもあのフェデラーを再びかいま見ることができて、嬉しく思いました。

 

そんな男子シングルス決勝の動画をご紹介します。フルタイム動画(4時間21分)です。

時間のない方は、ハイライト動画をぜひ!

 

 

テニスの醍醐味を知り、あなたのテニスが刺激されること、間違いなしです!

 

 

【テニス動画】錦織VSラオニッチ ウィンブルドン4回戦ハイライト

こんにちは。マイテニス岩崎です。

今日は、錦織選手のウィンブルドン4回戦のハイライト映像をご覧ください。

ハイライトなのでポイントポイントだけをご覧いただけるのですが、やはり見るべき点としては

コートの「左右」と「上下」の使い方ですね。

相手を左右に走らせて・・・というのはよく言われるポイントの取り方ですが、具体的に

どんなボールをどこに打って、返球をさらにどこに打てばよいのか・・・といった組み立て方の勉強になると思います。

ぜひご参考に!

 

 

あなたのテニス上達を応援しています!

【動画】フェデラーVS錦織 2014年ハレ準決勝

こんにちは。マイテニス岩崎です。

今日は、先日行われた2014年ハレでのフェデラーVS錦織の試合動画をご覧ください!

いつも言っている通り、ボールの動きを追うよりも、選手の動きをじーっと見ていてください。

フェデラーならフェデラーを、錦織なら錦織を。

あなたとは違う立ち位置、動きなど、気がつくことがたくさんあると思います。

それをヒントにあなたのテニス上達につなげてくださいね!

 

【テニス試合動画】錦織 VS フェデラー@SONY open 2014

今回ご紹介したいのは、先日行われたソニーオープンでの錦織選手がフェデラーを破ったときの動画です。

自身2度目となるフェデラーからの勝利。

最後の1ゲームの動画です。

たった1ゲーム(2分弱)の動画ですが、錦織選手の立ち位置やポイントの取り方を見れば、勉強になることがたくさんあります。

ぜひご覧くださいね。

【錦織VSフェデラー SONY open 2014】

テニス試合に勝つにはどうすればいい?

★質問★
スクールでは中上級なのに、試合ではスクールで打つ球の質が違い初級の草テニス初級大会でもなかなか勝てません。
今まで40試合くらいやりましたが二つしか勝てません。
テニススクールに行っててもなかなか試合で役に立っていないのです。
どう練習したら試合に強くなれて試合に強くなれるのでしょうか?アドバイスをお願いします。

●回答
スクールではそこそこ打てるのに、試合になると全然勝てない・・・。
自分のほうが良いボールを打っているのに、なぜかポイントがとれない・・・。

多くの人が同じような悩みを持っていることと思います。

ではどうすれば試合に勝てるようになるのでしょうか?

明確な答えがあればよいのですが、「試合に勝つ」ということはそれほど単純なものではありません。

多くの要素が絡んでいるので、残念ながらそんなに簡単に解決できるわけではありません。
ただ、必ず勝てるようになる方法があります。

それは、、、「やりつづけること」です。

試合に出続けることです。 試合に出て、出て、出て、でまくって、そして少しずつ改善していくのです。
負ける原因だと思うのがあれば、次の試合までに練習して改善してみる。
そして、また試合に出る。 それでも負ければ、また他の原因を見つけて、次の試合までに練習して改善する。
そんな小さな努力の積み重ねです。

農家の人の話を聞くと、まさに同じです。
あるプロ農家さんに 「おいしいトマトを作るためのコツはなんですか?」 と聞いたところ、
「それは、毎年毎年やり続けることだよ。」といわれました。

何年、何十年も毎年毎年工夫を重ね続けていらっしゃいました。

野菜の場合、ほとんどが1年に1度しか試すことができません。

その点、テニスの試合は探せば頻繁に開かれているわけですから、何回でもチャレンジできるわけです。

ですから、「やり続けること」これをまず、念頭においてくださいね。

そして、さらに具体的な対策をご紹介しましょう。

あなたが試合で負けたら、まずその原因を分析してみましょう。

テニスは必ずポイントを取るか、取られるかの戦いですから、ポイントを取られたときは
どういうポイントの取られ方をしたかをもう一度振り返りましょう。

特にこのときにチェックしてほしい点は、

あなたのミスがいくつあったのか?

ということです。
これをいろいろな角度から振り返ってみてください。

たとえば、ミスの中でも、
・サービスゲームでのミス
・レシーブゲームでのミス
で分けて考えてみてください。

次に、
・フォアサイドでのミス
・バックサイドでのミス
で分けて考えてみましょう。

さらに
・ネットプレーでのミス
・ベースラインでのミス
で考えてみてください。

この振り返りを行えば、相対的にあなたのミスの中で大半の割合を占めるものが自然と浮かび上がってきます。

負けた相手に直接話を聞くのも、ひとつの手ですね。
そこまで把握できれば、あとは次の試合にむけて、明日からそのミスした中身を改善するための練習をはじめるわけです。

たとえば、私が先日負けたときの試合を振りかえると、私のミスの中で目立ったものは、
・フォアサイドのフォアハンドリターンのバックアウト
・相手ファーストボレー後の返球(フォアハンド)のネット
でした。

となれば、次回までにこの2点を集中的に練習します。

これだけ練習の目的が明確になれば、練習中も集中力が高まり、効果的です。
あれもこれもと欲張りにならないこと。

1つか2つに絞ることが大切です。

さあ、いかがでしょう? 試合で勝つための方法、わかりましたか?
さっそくあなたもチャレンジしてください!

あなたのテニス上達を応援しています!

錦織選手スーパープレイ動画

こんにちは。マイテニスの岩崎です。

世間はソチオリンピック一色ですね。
金メダル候補がメダルをとれないと何だか落ち込んだムードになってしまいますが、
せっかくのスポーツの祭典です。
結果ではなく、選手のこれまでの努力のプロセスに焦点をあてたいものですね。

今日は、ぱーっと盛り上がる意味も込めて、先日、全米室内選手権2連覇を成し遂げた
錦織選手のスーパープレイ動画をご覧ください!