Tag: グリップ

今さらグリップは変えるべき??

今日は読者からの質問に答えたいと思います。

■読者からの質問

テニス歴16年の男性です。
中学高校時代にはソフトテニスをしていて、大学に入ってから、同好会で硬式テニスを始めました。

当時はまだイースタングリップが主流だったのでウェスタンから、イースタングリップに直しました。
その後スクールで習い続け、社会人の試合にも出続けていて、スクールの上級にも入れるようになりました。
ただ、サーブ、ボレーはそこそこなのですが、イースタンのままのグリップでのストロークに自信がなく、
上級クラスでのストロークの非力さが気になっています。
そこで思い切って、せめてフォアのグリップをセミウェスタンに変えようと考えています。調子を崩すような無謀な考えででしょうか?

ご意見をお聞かせください。
●回答

ご質問ありがとうございます。

結論からいうと、ぜひセミウェスタングリップに変えてください。
(変えてチャレンジしてみてください。)

理由はいくつかあります。

1.セミウェスタンのほうが打点が前になるため、早いタイミングで打ち返せる(相手の時間が短くなる)

2.セミウェスタンのほうが、高い打点のボールを打ち返しやすい(現在のテニスはトップスピン主流のため打点が高くなりがち)

3.(あなただけの利点として)ソフトテニスの感覚で打てる

特に3番は大きい要素です。
ソフトテニス出身者のフォアハンドストロークは強烈です。

最近の硬式テニスは、ラケットの進化もあり、打ち方そのものがソフトテニスと非常に似てきました。

中国や台湾では、かなり前からソフトテニスの要素を硬式テニスに本格的に取り入れて成績を伸ばしている選手もいるそうです。

上級者レベルであれば、ソフトテニスの感覚で打てばおそらくそれほど時間もかからずに、硬式でも良いストロークが打てるようになるでしょう。

ただ、注意しておいていただきたいのは、ボールが単調になりやすという点です。

ソフトテニス出身者に多いのですが、ボールそのものは強烈なのですが、スピードや回転、ボールの高さが一定であるため、

慣れてしまえばあまり怖くはありません。

上級レベルであればなおさらですが、意識的にボールに変化をつける練習を普段からしておいてくださいね。

特に一番大切なのはボールの回転をコントロールすることです。

壁うちやショートラリーでボールの回転の感覚をしっかりつかんで、自在に回転量をコントロールできるように練習してください。

力強いスピードあるボールは、ゆるいボールがあってはじめて生きてきます。

がんばってください!

正しいグリップの握り方は?

正しいグリップの握り方を教えて下さい。人差し指と中指は離したほうがいいのでしょうか?それともくっつけたほうがいいのでしょうか?
■マイテニメンバーさんからの質問

マイテニTVの動画を見て、テニスを勉強させていただいています。
その中で、グリップの握り方について、セミウェスタン、バックハンドイースタン、コンチネンタルと紹介されています。

これまで「セミウェスタンは、(フォアハンドは)人差し指を離して持ちなさい」と、本や人から教えられてきて、実際にプレーをしてもうまくできてよかったのです。
しかし問題は、バックハンドイースタン(バックハンド時)と、コンチネンタル(サーブ、ボレー、スマッシュ時)の人差し指です。

人差し指を、
「中指とくっつけるのか」、それとも
「中指から離すのか」(フォアハンドの時みたいに、中指から離して、斜めにラケットにひっかけるのか)ということです。

動画では、どれも人差し指と中指が離れているように見えましたが、これからテニスを勉強してゆく私にとっては重要なことですので、教えていただけるとありがたいです。
失礼いたします。(Oさん)

●回答

Oさん、まずはご質問ありがとうございます。
質問内容からとても熱心にテニスのことを考えてらっしゃるなーという感じが伝わってきました。

さて、グリップの持ち方ですが、結論からいえば、
「人差し指を中指とくっつけるかどうかは、どちらでもかまいません!」

人によって違いますし、正解はありません。(^0^)/

くっつけたほうがいい人もいれば、離したほうがいい人もいます。

ですから、一番確実な方法は、Oさん自身で両方のパターンを試していただいて、打ち易いと感じるほう、ボールがよりコントロールしやすいと思うほうを選んでください。(ちなみに、私はくっつけていますが、小林コーチは離しています。)

またもうひとつ大切な点は、Oさん自身のレベルがあがるにつれて、この感覚もかわってくるということです。

この点は意外とみなさん知らないので注意が必要です。
特に人は先入観にとらわれ易いので、過去にうまくいったからといって自分にはその方法がベストだと信じ込んでしまう人がいますが、それに執着する必要はありません。

ですから、調子が悪くなったりスランプになったときに、こういうチェックポイントを覚えておいて、定期的に見直していかれるとよいでしょう。

例えば、私自身も、以前は人差し指を中指と離してバックハンドを打っていましたが、自分や相手のレベルが上がってボールの回転量が増えたり、スピードが速くなってくると、打ち負けることが増えてきました。

そこで人差し指を中指とくっつけた状態にしたところ、ラケットがしっかり握れるようになり、打ち負けることがなくなったということがありました。

いつもマイテニで申し上げていることですが、「テニスには正解はありません。

それはプロ選手を見ていてもよくわかります。
グリップの握り方からスイング、フォームまで皆バラバラです。

ですから正解を探すのではなく、自分にあっている打ち方や技術を実際に試して、それを探し出す能力を身につけていかれると、今後もいっそうテニスが上達することと思います。

ぜひいろいろ試してみてくださいね!では、がんばってください!
Oさんのテニス上達を応援しております!

レシーブ/目的、立ち位置、グリップチェンジ

レシーブを打つときの目的、立ち位置、グリップチェンジの方法についてです。レシーブ­はパターン化すればするほどシンプルになり、慌てることもなくなります。まずは基本と­なる立ち位置やグリップチェンジの方法を学んで実践して、その後あなたにあった方法、­パターンを見つけていきましょう。

フォアハンドストローク/グリップの握り方


フォアハンドで主流となっているフォアハンドセミウエスタングリップの握り方です。非力な女性でも簡単にトップスピンがかけられたり、強いボールを打てるオススメのグリップです。