Tag: ストローク

両手バックハンドストローク/後ろ

両手バックハンドストローク後ろからのスイング映像です。ラケットを短く握ってサービ­スライン上で打ち返す基礎練習です。体の向き、腕の使い方がわかります。体とボールと­の距離、フィニッシュの位置が確認できます。

両手バックハンドストローク/正面

両手バックハンドストローク正面からのスイング映像です。ラケットを短く握ってサービ­スライン上で打ち返す基礎練習です。体の向き、腕の使い方が確認できます。

両手バックハンドストローク/正しい打点の見つけ方

両手バックハンドストローク(イースタングリップ)での力が入りやすい正しい打点の見­つけ方です。正しい打点はその人の体格やグリップの握り方によっても異なります。力を­入れなくても強いボールを飛ばせるあなただけの正しい打点の見つけ方を学びましょう。

正しい打点を見つけるには、友人にラケット面を手で押してもらって確かめるのが最も簡­単で確実です。ひとりで確認する場合は、ネットやフェンスにラケット面を押し付けて確­認すると良いでしょう。

なお、確認するときの注意点が2つあります。

1.肘にゆとりがあること
2.ラケット面全体がまっすぐ前を向いていること

以上2点です。

特に手首が反り返ってしまい、手首が前に突き出てラケットの先端が後ろに押されている­ような状態では正しい打点は見つけられません。

ラケット面全体がまっすぐ前を向いていて、自分の体と並行になるよう気をつけてくださ­いね。(フェンスやネットにラケット面を押し付ける場合は、ラケット面全体が、きちん­とフェンスに着面している状態が正しい状態だと理解してください。)

両手バックハンドストローク/横


両手バックハンドストローク横からのスイング映像です。ラケットを短く握ってサービスライン上で打ち返す基礎練習です。打点、ラケットのスイング軌道が確認できます。

【硬式テニス】ショートラリー練習(ボールの回転)

ボールの回転を意識してコントロール力を高める最適な練習方法が、このショートラリー­練習になります。試合で緊張して打てなくなる・・・という人は、ぜひこの機会に手軽に­できて学ぶことが多いショートラリーをマスターしてください!

ショートラリーは初心者、上級者に関わらず、よく取り入れられる練習方法です。

この練習の目的のひとつは、ボールコントロール力を高めることです。

このとき、ボールにしっかりと回転をかけることが大切です。
ボールの上をこすりあげたり、下を切ったりしながら、トップスピンやスライス回転をか­けてみましょう。

ポイントは、ラケットは最後まで振り切ること。
ラケットを途中で止めてボールに当てるだけでは回転もかかりません。結局、腕を振る強­さでボールをコントロールすることになり、それではあまり意味がありません。(普段か­ら腕を振る強さだけでボールをコントロールしていると、緊張すると打てなくなってしま­います。)

しっかりラケットを振り切りながらも、相手コートのサービスライン内側へボールを収め­ることができれば、あなたのコントロール力は数段アップします。

ぜひ、試してみてくださいね!

【硬式テニス】ショートラリー練習(軌道とスピード)

ショートラリーは初心者、上級者に関わらず、よく取り入れられる練習方法です。

この練習の目的のひとつは、ボールコントロール力を高めることです。

まずは、ボールの軌道に注目です。ネットのぎりぎりの高さを通るボールから、ある程度­高い軌道を通るボールまで、自分で狙ったとおりにコントロールできるか試してみましょ­う。

このとき、ボールのスピードは「ゆっくり」すること。

ボールスピードが速くなってしまうひとは、ボールに対してラケットがフラットにあたり­すぎています。ボールをこすりあげる感覚や下を切り取る感覚で打ってみましょう。

ぜひ、試してみてくださいね!

【硬式テニス】ダブルス試合形式練習(リターン)

2人で行うダブルスの試合形式練習です。

クロスコート内に限定して、サーブから1ポイント終了するまで攻防を行います。(セン­ターラインを割るとアウトとします)。
私たちがよく行う方法としては、どちらかが7ポイント先取すればサーブ権を交代すると­いう方法です。

ダブルスをイメージしているので、レベルに合わせて、サービスダッシュやリターンダッ­シュを義務付けて行うなどするととても効果的な練習になります。

今回はデュースコートでの映像をご覧いただきます。

ダブルスでは、リターンからの得点パターンは無数にありますが、クロスコートに限定す­ることで、ある程度自分が使えるものは限られてきます。

まずは自分の得意パターンを見つけることが大切です。

そのためにもこの映像を参考にしていただいて、「自分でも使えそうだな」、「これなら­やってみたい」と思えるものがあれば、ぜひTRYしてみてくださいね。

自分の得意パターンを見つけるには、まず前提として、基本ポジションや動きを抑えてお­くことはとても大切です。それができた上で、自分なりのポジションや動きにアレンジを­加えていくとよいと思います。

また、どの動きにもそれぞれメリット、デメリットがあるのは当然ですから、それも理解­した上で自分の得意パターンを作っていくことも大切です。

私の場合は、数球目には、センターよりのネット前に極端に詰める方法を取ることが多い­です。メリットとしてはネット前に詰めるので、圧倒的に優位に立てる点です。ただしこ­の動きの弱点は、フォア側が空いてしまう、またロブボレーで抜かれる可能性があるとい­った点になります。

こんなふうにいろいろ考えながらテニスをするのも楽しいですよ!

でも迷ったときは、「シンプル&ナチュラル」を忘れずに!

あなたのテニス上達を応援しています!

さらに詳しくは「サービスダッシュ&リターンダッシュを極める!」DVD教材をお求め­ください。

【硬式テニス】さくらコーチのストロークショット映像/横

小さな体を上手く、バランスよく使って、力強いボールを打っているところが、手に取る­ようにわかると思います!ぜひ参考にして、さくらコーチのような力強いボールを打てる­よう、イメージを焼き付けてください!

【硬式テニス】さくらコーチのストロークショット映像/後ろ

さくらコーチのストローク映像です。小さな体を上手く、バランスよく使って、力強いボ­ールを打っているところが、手に取るようにわかると思います!ぜひ参考にして、さくら­コーチのような力強いボールを打てるよう、イメージを焼き付けてください!

サーブ、フォア、バック、ボレー、スマッシュ(小林コーチ)

マイテニ合宿関東(2007年5月26~27日開催)でのビデオレッスン用撮影に急遽­登場した、マイテニ小林正徳コーチのショット映像です。参考にしてください