Tag: バックボレー

ボレーの安定&集中力アップ練習法

テニス上達に向けて今回は、ボレーを安定させる練習方法をご紹介します。

ボレー練習には、ボレーボレーのほか、ボレーVSストローク練習が最適です。
普段、何気なく行うボレーVSストローク練習ですが、実は結構奥が深いんです。
それだけに上級者やコーチもよく練習に取り入れています。

さあ、あなたもチャレンジしてください!

具体的な練習方法は次の通りです。(2名1組で行います。)

■ボレー練習(1時間~90分バージョン)
・ボレーVSボレー
1.ネットをはさんで、お互いサービスラインとネットの間に立ちます。

2.ゆっくりとしたボールでボレーボレーを行います。
このとき、相手の腰から肩の高さにボールが届くように意識します
お互い一歩も動かずにボレーボレーできる状態を目指しましょう。
スピードはゆっくりでかまいません。
ボールの軌道は、ネットの倍の高さを目安に行います。

3.まずは、お互いフォア同士で続けます。(約5分)

4.次に、バック同士で続けます。(約5分)

5.最後に、フォア、バック混ぜて続けます。(約5分)

・ボレーVSミニストローク
1.ネットをはさんで、ボレー側はサービスラインとネットの間、ストローク側はサービスライン上に立ちます。

2.ゆっくりとしたボールでボレーVSミニストロークを行います。
このとき、ストローク側は相手の腰から肩の高さにボールが届くように意識します。
スピードはゆっくりでかまいません。
ボールの軌道は、ネットの倍の高さを目安に行います。
ボレー側は、相手コートのサービスラインとネットの中間地点にボールが落ちるように意識します。

3.まずは、お互いフォア同士(フォアボレー、フォアストローク)で続けます。(約5分)

4.次に、バック(バックボレー、バックストローク)同士で続けます。(約5分)

5.最後に、フォア、バック混ぜて続けます。(約5分)

・ボレーVSミドルストローク
1.ネットをはさんで、ボレー側はサービスラインの一歩内側、ストローク側はサービスラインとベースラインの間に立ちます。

2.ゆっくりとしたボールでボレーVSミドルストロークを行います。
このとき、ストローク側は相手の腰から肩の高さにボールが届くように意識します。
スピードはゆっくりでかまいません。
ボールの軌道は、ネットの倍の高さを目安に行います。
ボレー側は、相手コートのサービスライン地点にボールが落ちるように意識します。

3.まずは、お互いフォア同士(フォアボレー、フォアストローク)で続けます。(約5分)

4.次に、バック(バックボレー、バックストローク)同士で続けます。(約5分)

5.最後に、フォア、バック混ぜて続けます。(約5分)

・ボレーVSストローク
1.ネットをはさんで、ボレー側はサービスライン上に、ストローク側はベースライン上に立ちます。

2.ゆっくりとしたボールでボレーVSストロークを行います。
このとき、ストローク側は相手の腰から肩の高さにボールが届くように意識します。
スピードはゆっくりでかまいません。
ボールの軌道は、ネットの倍の高さを目安に行います。
ボレー側は、相手コートのサービスラインとベースラインの中間地点にボールが落ちるように意識します。

3.まずは、お互いフォア同士(フォアボレー、フォアストローク)で続けます。(約5分)

4.次に、バック(バックボレー、バックストローク)同士で続けます。(約5分)

5.最後に、フォア、バック混ぜて続けます。(約5分)

以上が基本的な練習方法になります。

まずはゆっくりした山なりの軌道で確実にボレーVSストロークができて、何十回、何百回も続けられることを目指してください。
それができるようになり、さらにレベルアップしたい場合は、次のように工夫してみましょう。

1.すべての過程でボールの軌道をネットぎりぎりに落として同じようにボレーVSストロークを行います。
→ボレー側は常にローボレーやハーフボレーを打つ練習になり、ストローク側は、
常にネットぎりぎりのボールを打つ練習になります。

さらにストローク側がレベルアップするためには、

2.同じくネットぎりぎりでボレーVSストロークを行いますが、ボールのスピードに変化をつけます
→ゆるいボールでネットぎりぎりを通すパターンと、ある程度スピードのあるボールで
ネットぎりぎりを通すパターンを交互に打ち分けます。

さらにボレー側がレベルアップするためには、

3.同じくネットぎりぎりでボレーVSストロークを行いますが、ボールの深さに変化をつけます
→同じローボレーでも、サービスライン付近に落とすボレーと、
ベースラインぎりぎりに落とすボレーを交互にけます。
決め球としてドロップショットの練習をいれるのもよいでしょう。

いかがでしょう?

単なるボレーVSストロークといっても結構奥が深いと思いませんか?

ボレーVSストロークはとってもシンプルな練習方法ですが、ちょっと意識を変えて工夫するだけでテニス上達のための素晴らしい練習にはやがわりです。

「どういう意識を持って練習しているか?」

自分自身にもう一度問いただしてみるのが、上達への近道なのかもしれませんね。

もちろんすぐにすべてができるようになるわけではなく、少しずつの練習の積み重ねが大切です。
大変ですが、その一歩一歩の過程がテニス上達の醍醐味です。

あなたも高い意識を持って、技術力、精神力(集中力)を鍛えてみてください。

【硬式テニス】苦手なローボレー&ハーフボレーを克服する!

レベルが上がればあがるほど、ネット前へ出て行くと必ず足元を狙われてしまします。そ­んなとき、ローボレーやハーフボレーがネットを越えてくれなかったり、ボールが浮いて­しまってチャンスボールになったりしていませんか?今回発売の『シンプル&ナチュラル テニスレッスン Vol.2 ~苦手なローボレー&ハーフボレーを克服する!~』では、短期間で苦手なローボレー、­ハーフボレーを克服するためのコツと練習法を一挙公開!ご紹介ムービーをご覧ください­。

DVD詳細、お申込はこちらから
【硬式テニスDVD教材】苦手なローボレー&ハーフボレーを克服する!

【硬式テニス】マイテニ岩崎のボレーショット映像/前

お馴染みマイテニ岩崎のボレー映像です。
相変わらず選手の人には怒られそうな手抜きボレーですが、テニス愛好家の方にとっては­好評の楽チンボレーです。

「どうすればそんなに軽く、楽そうにボレーできるんですか~?」とマイテニメンバーさ­んからもよく聞かれますが、そんなときは、「適当ですよ!適当!余計なこと考えずに手­抜きしましょう!手抜き!」。な~んてお答えしています。(^^;)

さて冗談はさておき、楽チンボレーのコツは、力を入れないこと。
でもどうしても力が入ってしまうという方も多いでしょう。

そこで、具体的な方法としては、「ラケットと顔の距離を離す!」ことです。

一般の教え方では、「ラケットと顔は近づけて!」 といわれます。私も昔はそう教わりましたし、実際にそうしていました。でもそうすると­ひとつ大きな問題があることに気がつきました。

その問題とは、、、、「怖い!」 ということです。(T_T)

だって、ラケットと顔を近づけてボレーをしようと思うと、顔にボールが当たりそうで怖­くないですか!!

そして、その結果、腕や体に力がはいっちゃいます。

だから、マイテニでは、「ラケットと顔は離しましょう!」とお伝えしています。
こうすることで、余計な力が入らなくなりますし、ボールもよく飛びます!(いいことだ­らけ!)

意外なところにシンプルなコツってあるもんですよね?

ということで、ぜひあなたも、楽チンボレーをお試しください!

※楽チンボレーは選手レベルを目指すには技術的に賛否両論あると思いますが、マイテニ­ではあくまでテニス愛好家の方々を対象にしており、細かい技術論を並べるつもりはあり­ません。テニス愛好家の方々が少しでも簡単に早くテニスを楽しめる情報をお伝えするこ­とに注力しています。

【硬式テニス】マイテニ岩崎のボレーショット映像/横

お馴染みマイテニ岩崎のボレー映像(横から)です。

ここでのポイントは「姿勢」。

映像をご覧いただくとよくわかると思うのですが、どんな高さのボールがきても、いつも­ほぼ「同じ姿勢」でいることに着目してください。

ボール出しのボレーはできるけど、ラリーになるとボレーが苦手だという多くの方は、飛­んでくるボールによって毎回この姿勢が変わります。前のめりになったり、反り返りすぎ­たり、横に折れたり、ひねりすぎたり・・・などなどです。

私から言わせると、そういう人は実は「器用」な方だと思います。
ボールにあわせて姿勢を毎回変化させられるわけですから。

でもシニアのうま~いおじいさんのテニスをみていると、どんなボールが来ても、いつも­同じ姿勢でボールを裁いてらっしゃいます。(機会があれば、ぜひ一度みなさんにもご紹­介したいと思います。)まさに熟練の技!体が思うように動かないからこそ、シンプルな­ボレーをされています。

そのコツは、いつも同じ姿勢でいること。

ですから、あなたにもチャレンジしていただきたい練習方法としては、ボレーのときに、­両足の周り30センチ四方しか、動いてはいけないというルールを作ってボレーをしてみ­てください。
もしくは、頭の上に水が入ったコップを載せているつもりで練習してみましょう。

こうするだけで、普段自分がいかに無駄な動きをしているか??がよくわかります。

逆にこの余計な動きを省いてシンプルな楽チンボレーができるようになれば、ネット前に­でてもあわてる必要はまったくなくなります。

ちなみに、ボレーではラケットの引きすぎとか振りすぎといったことがよく話題にあがり­ますが、マイテニではまず基本はラケットは一切引かない!振らない!というボレーを推­奨しています。きちんとスイートスポットにボールをあてれば、ラケットを引いたり振っ­たりしなくてもちゃんとボールは返球できるからです。どんな速いボールがきても大丈夫­です。

この基礎ができてはじめて、ボールのスピードにあわせて、引いたり振ったりしながらレ­ベルアップさせていくというのが正しい順番だと考えています。

本映像では、ある程度ラケットを引いたり振ったりしながら打っていくボレーをご覧いた­だいています。難しいと感じる方は、まずは基礎ボレー映像をじっくりご覧くださいね。­らくらくテニスレッスン ボレー編もオススメです!

さあ、ではあなたも楽チンボレーにチャレンジしてください!

【硬式テニス】野木コーチのボレーショット映像/前

マイテニ野木コーチのボレー映像(前から)です。

野木コーチのボレーを観るときは、「タッチの柔らかさ」に注目です。

「タッチ」というのは、ボールとラケットが接触するインパクトの瞬間の感触のことを言­います。

野木コーチの場合は、この「タッチ」がとても「柔らかい」ということが、わかりますか­?

一般的に「インパクト」というと、ボールに対してラケットを強くぶつけるイメージだっ­たり、グリップをギュっと握って力を入れるように教えられたりしますが、そうするとど­うしても「ガシャ!」という硬いタッチになってしまいます。

これは、腕や肩が痛くなったり、テニス肘の原因にもなります。

ですからマイテニ流のシンプル&ナチュラルテニスでは、あらゆるショットにおいて「タ­ッチの柔らかさ」を意識してもらいます。

タッチを柔らかくするコツを一言でいえば、「余計な力を抜くこと」。

余計な力を抜くためにも、まずは「タッチの柔らかいボレー」をイメージすることから始­めることが大切です。
リラックスして自分が野木コーチになったつもりで、同じように軽く柔らかいタッチでボ­レーをしているイメージを目を閉じて頭に描いてみてください。

それができるようになれば、コートでも実践できるようになりますよ!

あなたのテニス上達を応援しています!

【硬式テニス】野木コーチのボレーショット映像/横

マイテニ野木コーチのボレー映像(横から)です。

野木コーチのボレーを横から観るときは、「打点」に注目です。

一般的には、「ボレーの打点は前」と言われることが多いと思います。上半身を横に向け­て一歩前に踏み込んでボレーをするときは確かに打点は前になることが多いでしょう。

でも、普段のコーチのボレーを見ると、どうでしょう?
毎回毎回横を向いて、一歩前に踏み込んで、打点を前にしてボレーをしているコーチはい­るでしょうか??

野木コーチのボレーを見てもわかるとおり、あなたが思っているよりも、「ボレーの打点­は後ろ」です。

これがマイテニ流の「シンプル&ナチュラルボレー」です。
体が最も自然な状態を作っているので、運動連鎖がスムーズに行われ、簡単にボレーがで­きてしまいます。

ボレーに悩んでいる人は、この機会に映像をじ~っくり見て、「打点」を改善してみまし­ょう!

あなたのテニス上達を応援しています!

※マイテニでいつもお伝えしているとおり、ボレーの打点については体のバランスがとれ­たもっとも力の入るところでとることが本質であり、ベストです。しかし、今回は目に見­えて意識しやすいように、あえて打点が「前」「後ろ」という表現を使っています。

サーブ、フォア、バック、ボレー、スマッシュ(小林コーチ)

マイテニ合宿関東(2007年5月26~27日開催)でのビデオレッスン用撮影に急遽­登場した、マイテニ小林正徳コーチのショット映像です。参考にしてください

サーブ、フォア、バック、ボレー、スマッシュ(岩崎)

マイテニ合宿関東(2007年5月26~27日開催)でのビデオレッスン用撮影に急遽­登場した、マイテニ岩崎のショット映像です。参考にしてください!

マイテニ合宿では1日目の締めに、ご覧のようなショット映像を撮影して、夜にコーチと­共に自分のショットを見ながらビデオレッスンを行っています!
自分のショットの良いところ、悪いところをコーチと共に確認しながら、2日目のレッス­ンでその効果を確認!っと、参加メンバーさんにも大好評です!
やはり、このように映像で自分のショットをチェックするのが、上達のポイントですね。

●サーブ
私は見てのとおり非力ですが、腕の力を全くいれなくてもこれくらいのサーブは誰でも打­てると確信しています。
ポイントは打った後(インパクト後)のフォロースルーを大きくとることです。
当てるだけのサーブになる人は、打った後のフォロースルーが小さい場合がほとんどです­。
あなたの場合と比べてみてくださいね。

●フォアハンドストローク、バックハンドストローク
フォアハンドは若干体に近い打点(私のクセ)ですので、本来はもう少し離していただく­のがよいでしょう。
バックハンドは我ながらお手本としては良いのでは?と思いますので、片手バックハンド­の方はぜひ真似してください。
(両手バックの方は、さくらコーチの映像を参考にしてくださいね。)

●フォアボレー、バックボレー
シンプル・イズ・ベスト!ですよね。あなたのボレーと比べてみてください。(無駄な動­きはほとんどないと思います。)
また自分にあった打点が確認できて、そこでボレーができるようになれば、あとはラケッ­トスイングでボールの軌道や深さなどいろいろな調節ができるようになります。あなたも­ワンランクアップ目指しましょう!

●スマッシュ
私の場合は、ラケットを振り出すタイミングを足でとっています。左足を少し前に動かす­と同時に振り出しています。
映像チェックしてみてくださいね。

上記の各ショットのさらに詳細説明は、らくらくテニスレッスン教材に、と~ってもわか­りやすく順を追って説明していますので、お持ちの方は、もう一度しっかり確認してみま­しょう。
持ってない方は、こちらへどうぞ。

両手バックボレー/後ろ

両手バックボレー後ろからの映像です。ラケットを短く握って正しい打点でラケット面(­スイートスポット)にしっかり当てる基礎練習です。体とボールとの距離が確認できます­。

両手バックボレー/正面


両手バックボレー正面からの映像です。ラケットを短く握って正しい打点でラケット面(­スイートスポット)にしっかり当てる基礎練習です。体の向き、腕の使い方が確認できま­す。