Tag: フォアハンドストローク

あなたのテニス上達度をチェックする方法

テニス上達に欠かせないのがチェック(検証)の時間。
仕事で大切だとよく言われる、PLAN→DO→CHECKのサイクルはテニスでも同じ。この機会にあなたのテニスを振り返って見ましょう。

 

いよいよ今年も残りあとわずか。
今年一年、あなたのテニスライフはいかがでしたか?
改めて振り返ると、楽しいこと辛いこと、良いこと悪いこと含めていろいろあったと思います。

振り返って、「楽しかったなー」と、そのまま思い出にしてしまうことがほとんどだと思いますが、それではせっかくの努力も半減です。ぜひ来年に活かすためにも今回は、ほとんどの人がやっていないテニスチェック(検証)ポイントをご紹介します。

まずチェックの目的は、今年1年でどれだけあなたのテニスが成長したかをあなた自身が知ることです。

ただし漠然と「上手になったなー」というだけでは意味がありませんので、より具体的に検証するためには、
あなたのテニスをひとつひとつ細分化して、見ていく必要があります。

今年のはじめの段階を思い出して、そのときと比べて、今の自分のテニス技術はどう変化しただろうか?を考えていきます。

技術的な検証項目の例をあげてみましょう。

・フォアハンドストローク
・バックハンドストローク
・フォアハンドボレー
・バックハンドボレー
・スマッシュ
・サービス
・レシーブ

というふうに細分化できます。

さらに技術的に細かく見たい人は、ボレーひとつとっても、

・ハイボレー
・ミドルボレー
・ローボレー
・ハーフボレー
・ドロップボレー
・アングルボレー

というふうに分けることもできます。
また技術ではなく、試合という観点から、

・シングルス
・ダブルス

というわけ方だったり、

・ハードコート
・オムニコート
・アンツーカー

というわけ方もできます。

そしてこれらの検証項目をあげたら、次の5段階で評価してみましょう。

この1年でかなり上達した・・・5
この1年ですこしは上達した・・・4
この1年であまり変わらなかった・・・3
この1年ですこし衰えた・・・2
この1年でかなり衰えた・・・1

本来は、数値データで正確に把握できればベストですが、なかなか難しいと思いますので、ある程度主観的に自分の感覚で評価してよいと思います。

数値データに直しておくと、たとえば毎月振り返ったときに、客観的に比較がしやすくなります。
目に見える形で上達具合が把握できるとモチベーションもあがりますから、オススメです。

また大切なのは何点か?ということだけではなく、振り返る作業の中で、自分のテニスを改めて見つめなおす機会そのものです。

ぜひあなたもこの年末に点数をつけてみてくださいね!

そして来年もあなたのさらなるテニス上達を応援します!

今さらグリップは変えるべき??

今日は読者からの質問に答えたいと思います。

■読者からの質問

テニス歴16年の男性です。
中学高校時代にはソフトテニスをしていて、大学に入ってから、同好会で硬式テニスを始めました。

当時はまだイースタングリップが主流だったのでウェスタンから、イースタングリップに直しました。
その後スクールで習い続け、社会人の試合にも出続けていて、スクールの上級にも入れるようになりました。
ただ、サーブ、ボレーはそこそこなのですが、イースタンのままのグリップでのストロークに自信がなく、
上級クラスでのストロークの非力さが気になっています。
そこで思い切って、せめてフォアのグリップをセミウェスタンに変えようと考えています。調子を崩すような無謀な考えででしょうか?

ご意見をお聞かせください。
●回答

ご質問ありがとうございます。

結論からいうと、ぜひセミウェスタングリップに変えてください。
(変えてチャレンジしてみてください。)

理由はいくつかあります。

1.セミウェスタンのほうが打点が前になるため、早いタイミングで打ち返せる(相手の時間が短くなる)

2.セミウェスタンのほうが、高い打点のボールを打ち返しやすい(現在のテニスはトップスピン主流のため打点が高くなりがち)

3.(あなただけの利点として)ソフトテニスの感覚で打てる

特に3番は大きい要素です。
ソフトテニス出身者のフォアハンドストロークは強烈です。

最近の硬式テニスは、ラケットの進化もあり、打ち方そのものがソフトテニスと非常に似てきました。

中国や台湾では、かなり前からソフトテニスの要素を硬式テニスに本格的に取り入れて成績を伸ばしている選手もいるそうです。

上級者レベルであれば、ソフトテニスの感覚で打てばおそらくそれほど時間もかからずに、硬式でも良いストロークが打てるようになるでしょう。

ただ、注意しておいていただきたいのは、ボールが単調になりやすという点です。

ソフトテニス出身者に多いのですが、ボールそのものは強烈なのですが、スピードや回転、ボールの高さが一定であるため、

慣れてしまえばあまり怖くはありません。

上級レベルであればなおさらですが、意識的にボールに変化をつける練習を普段からしておいてくださいね。

特に一番大切なのはボールの回転をコントロールすることです。

壁うちやショートラリーでボールの回転の感覚をしっかりつかんで、自在に回転量をコントロールできるように練習してください。

力強いスピードあるボールは、ゆるいボールがあってはじめて生きてきます。

がんばってください!

【硬式テニス】ショートラリー練習(ボールの回転)

ボールの回転を意識してコントロール力を高める最適な練習方法が、このショートラリー­練習になります。試合で緊張して打てなくなる・・・という人は、ぜひこの機会に手軽に­できて学ぶことが多いショートラリーをマスターしてください!

ショートラリーは初心者、上級者に関わらず、よく取り入れられる練習方法です。

この練習の目的のひとつは、ボールコントロール力を高めることです。

このとき、ボールにしっかりと回転をかけることが大切です。
ボールの上をこすりあげたり、下を切ったりしながら、トップスピンやスライス回転をか­けてみましょう。

ポイントは、ラケットは最後まで振り切ること。
ラケットを途中で止めてボールに当てるだけでは回転もかかりません。結局、腕を振る強­さでボールをコントロールすることになり、それではあまり意味がありません。(普段か­ら腕を振る強さだけでボールをコントロールしていると、緊張すると打てなくなってしま­います。)

しっかりラケットを振り切りながらも、相手コートのサービスライン内側へボールを収め­ることができれば、あなたのコントロール力は数段アップします。

ぜひ、試してみてくださいね!

【硬式テニス】ショートラリー練習(軌道とスピード)

ショートラリーは初心者、上級者に関わらず、よく取り入れられる練習方法です。

この練習の目的のひとつは、ボールコントロール力を高めることです。

まずは、ボールの軌道に注目です。ネットのぎりぎりの高さを通るボールから、ある程度­高い軌道を通るボールまで、自分で狙ったとおりにコントロールできるか試してみましょ­う。

このとき、ボールのスピードは「ゆっくり」すること。

ボールスピードが速くなってしまうひとは、ボールに対してラケットがフラットにあたり­すぎています。ボールをこすりあげる感覚や下を切り取る感覚で打ってみましょう。

ぜひ、試してみてくださいね!

【硬式テニス】さくらコーチのストロークショット映像/横

小さな体を上手く、バランスよく使って、力強いボールを打っているところが、手に取る­ようにわかると思います!ぜひ参考にして、さくらコーチのような力強いボールを打てる­よう、イメージを焼き付けてください!

【硬式テニス】さくらコーチのストロークショット映像/後ろ

さくらコーチのストローク映像です。小さな体を上手く、バランスよく使って、力強いボ­ールを打っているところが、手に取るようにわかると思います!ぜひ参考にして、さくら­コーチのような力強いボールを打てるよう、イメージを焼き付けてください!

サーブ、フォア、バック、ボレー、スマッシュ(小林コーチ)

マイテニ合宿関東(2007年5月26~27日開催)でのビデオレッスン用撮影に急遽­登場した、マイテニ小林正徳コーチのショット映像です。参考にしてください

サーブ、フォア、バック、ボレー、スマッシュ(岩崎)

マイテニ合宿関東(2007年5月26~27日開催)でのビデオレッスン用撮影に急遽­登場した、マイテニ岩崎のショット映像です。参考にしてください!

マイテニ合宿では1日目の締めに、ご覧のようなショット映像を撮影して、夜にコーチと­共に自分のショットを見ながらビデオレッスンを行っています!
自分のショットの良いところ、悪いところをコーチと共に確認しながら、2日目のレッス­ンでその効果を確認!っと、参加メンバーさんにも大好評です!
やはり、このように映像で自分のショットをチェックするのが、上達のポイントですね。

●サーブ
私は見てのとおり非力ですが、腕の力を全くいれなくてもこれくらいのサーブは誰でも打­てると確信しています。
ポイントは打った後(インパクト後)のフォロースルーを大きくとることです。
当てるだけのサーブになる人は、打った後のフォロースルーが小さい場合がほとんどです­。
あなたの場合と比べてみてくださいね。

●フォアハンドストローク、バックハンドストローク
フォアハンドは若干体に近い打点(私のクセ)ですので、本来はもう少し離していただく­のがよいでしょう。
バックハンドは我ながらお手本としては良いのでは?と思いますので、片手バックハンド­の方はぜひ真似してください。
(両手バックの方は、さくらコーチの映像を参考にしてくださいね。)

●フォアボレー、バックボレー
シンプル・イズ・ベスト!ですよね。あなたのボレーと比べてみてください。(無駄な動­きはほとんどないと思います。)
また自分にあった打点が確認できて、そこでボレーができるようになれば、あとはラケッ­トスイングでボールの軌道や深さなどいろいろな調節ができるようになります。あなたも­ワンランクアップ目指しましょう!

●スマッシュ
私の場合は、ラケットを振り出すタイミングを足でとっています。左足を少し前に動かす­と同時に振り出しています。
映像チェックしてみてくださいね。

上記の各ショットのさらに詳細説明は、らくらくテニスレッスン教材に、と~ってもわか­りやすく順を追って説明していますので、お持ちの方は、もう一度しっかり確認してみま­しょう。
持ってない方は、こちらへどうぞ。

【硬式テニス】ストロークラリー/マイテニさくらコーチ

マイテニさくらコーチのラリー映像です。非力な女性の方は必見です!

さくらコーチは小柄な女性ですが、そのキレイなフォームから繰り出されるショットは驚­くほどパワーがあります。(この映像とインパクトの音でよく判ると思います。^^;)

ですが本人は力いっぱい打っているかというと、決してそうではありません。むしろ本来­の力の3割程度で打っているかのようです。

ではなぜこれだけの鋭いボールが打てるのでしょうか?

その秘密は、腕の使い方にあります。
特にインパクト後のフォロースルーがとても大きな弧を描いてフィニッシュ位置までスイ­ングされています。(映像を何度もよ~くご覧くださいね!)

この腕の動きが、シンプル&ナチュラルな状態、いわゆるリラックスした状態で行われて­いるため、とてもスムーズで、見ていても気持ちいいくらいキレイな理想のフォームにな­っています。

ぜひこのラリーのイメージをしっかり頭に焼き付けて、早速コートで試してみてください­!

また、高くバウンドするボールは打ちにくいものです。
その点、さくらコーチはうまく打ち返しています。

その秘密はラケット面の使い方にあります。
肩より高いボールを打つ場合、ラケット面を立てて使っているのがわかりますか?

通常、腰のあたりで打つときは、ラケット面は寝ている状態(横向き)です。しかし高い­ボールを打つときは、ラケット面が立っている状態(地面に対して垂直の状態)になって­います。

ここが大きなポイントです。

「高いボール=ラケット面を立てる」

あなたもぜひ、この方程式を実践してみてくださいね!

【硬式テニス】ストロークラリー/マイテニ小林正徳コーチ

マイテニ小林正徳コーチのラリー映像です。上級者を目指すあなたはぜひ参考にしてくだ­さいね!

スイングを見ると、非常にリラックスしてラケットを振りぬいている感じがよくわかりま­すよね。

また正徳コーチは普段から厳しいトレーニングを積みながら、選手としても活躍中のコー­チです。それゆえ筋力を活かしたシャープなスイングと、下半身の安定感のレベルも非常­に高いですね。

グリップが厚い(セミウエスタン)ため、フォアハンドのフィニッシュ位置は彼にとって­最もナチュラルな肩の下あたりになっています。

上級者を目指すあなたはぜひ参考にしてくださいね!

また、正徳コーチのラリー映像から、「無駄のないテニス」のイメージを脳裏に焼き付け­ていただきたいと思います。

このラリー映像をみると、余計な「動き」や「力み」が全く感じられませんよね?しかし­打っているボールはとっても力強く、シャープです。

その理由は、正徳コーチがとってもスムーズな運動連鎖をいつも心がけているからです。­筋力だけに頼るのではなく、体が最もスムーズに動いてくれる自然な体の使い方をしてい­るからです。
ですから最小限の力で最大の力が発揮できてしまうんですね。
これがまさにシンプル&ナチュラルテニスの完成形です。

「じゃあ、私達が実践するにはどうしたらいいの?」という疑問がわいてきますよね。

そこで、それを解決するための魔法の質問?を2つ用意しました。

1.余計な力が入りすぎているポイントないだろうか?
2.動きが止まっているポイントはないだろうか?

今度ボールを打つときに、この2つの質問をあなた自身に投げかけてみてください。

「ハッ!」と気がつくことがあると思いますよ!