Tag: フォアハンドストローク

【硬式テニス】ストロークラリー/マイテニ岩崎

マイテニ岩崎のラリー映像です。とにかくシンプルなスイングで楽にボールを返したい!­という方は、ご覧下さい!

ズボラな?私は楽に打つことをいつも考えています。ほとんど正面を向いたまま打ってい­ます。膝もほとんど曲げていません。(スクールだと怒られそうです・・)

でも不思議なことにこのほうが相手コートに返せる確率が高いんです。
余計なことをあれこれ考えるより、ナチュラルな身体の状態を常に作ろうと意識しておけ­ば、不思議なことにあとは体が勝手に動いてくれます。(人間ってすごい!)

またもともと力がありませんから、相手の力を利用して打ち返す柔らかいスイングを心が­けています。

力を入れなくてもシンプル&ナチュラルなスイングができれば、充分スピードのあるボー­ルが打てるということを感じていただけると幸いです。

フォアハンドストローク/後ろ

フォアハンドストローク後ろからのスイング映像です。ラケットを短く握ってサービスラ­イン上で打ち返す基礎練習です。体の向き、腕の使い方がわかります。体とボールとの距­離、フィニッシュの位置が確認できます。

フォアハンドストローク/正面

フォアハンドストローク正面からのスイング映像です。ラケットを短く握ってサービスラ­イン上で打ち返す基礎練習です。体の向き、腕の使い方が確認できます。

フォアハンドストローク/横

フォアハンドストローク横からのスイング映像です。ラケットを短く握ってサービスライ­ン上で打ち返す基礎練習です。打点、ラケットのスイング軌道が確認できます。

フォアハンドストローク/フィニッシュ位置と体の向き

フォアハンドストロークでのフィニッシュの正しい位置、ラケット面の向き、上半身の向­きについてです。フィニッシュが乱れる人はスイングが安定せず、ボールも安定しません­。逆にフィニッシュが安定する人は、ナチュラルなスイングで安定したボールを打てる人­です。あなたにあったフィニッシュを身につけましょう。

フォアハンドストローク/正しい打点の見つけ方

フォアハンドストローク(セミウエスタングリップ)での力が入りやすい正しい打点の見­つけ方です。正しい打点はその人の体格やグリップの握り方によっても異なります。力を­入れなくても強いボールを飛ばせるあなただけの正しい打点の見つけ方を学びましょう。

正しい打点を見つけるには、友人にラケット面を手で押してもらって確かめるのが最も簡­単で確実です。ひとりで確認する場合は、ネットやフェンスにラケット面を押し付けて確­認すると良いでしょう。

なお、確認するときの注意点が2つあります。

1.肘にゆとりがあること
2.ラケット面全体がまっすぐ前を向いていること

以上2点です。

特に手首が反り返ってしまい、手首が前に突き出てラケットの先端が後ろに押されている­ような状態では正しい打点は見つけられません。

ラケット面全体がまっすぐ前を向いていて、自分の体と並行になるよう気をつけてくださ­いね。(フェンスやネットにラケット面を押し付ける場合は、ラケット面全体が、きちん­とフェンスに着面している状態が正しい状態だと理解してください。)

フォアハンドストローク/正しい腕の使い方

フォアハンドストロークを打つときの正しい腕の使い方(振り方)です。強く腕を振って­もボールが飛ばない人、腕に力が入りすぎる人は間違った腕の使い方をしていることがよ­くあります。力を入れなくてもしっかりボールが飛ぶスイングは、正しい腕の使い方を知­ることから始まります。

フォアハンドストローク/グリップの握り方


フォアハンドで主流となっているフォアハンドセミウエスタングリップの握り方です。非力な女性でも簡単にトップスピンがかけられたり、強いボールを打てるオススメのグリップです。