Tag: 両手バック

あなたのテニス上達度をチェックする方法

テニス上達に欠かせないのがチェック(検証)の時間。
仕事で大切だとよく言われる、PLAN→DO→CHECKのサイクルはテニスでも同じ。この機会にあなたのテニスを振り返って見ましょう。

 

いよいよ今年も残りあとわずか。
今年一年、あなたのテニスライフはいかがでしたか?
改めて振り返ると、楽しいこと辛いこと、良いこと悪いこと含めていろいろあったと思います。

振り返って、「楽しかったなー」と、そのまま思い出にしてしまうことがほとんどだと思いますが、それではせっかくの努力も半減です。ぜひ来年に活かすためにも今回は、ほとんどの人がやっていないテニスチェック(検証)ポイントをご紹介します。

まずチェックの目的は、今年1年でどれだけあなたのテニスが成長したかをあなた自身が知ることです。

ただし漠然と「上手になったなー」というだけでは意味がありませんので、より具体的に検証するためには、
あなたのテニスをひとつひとつ細分化して、見ていく必要があります。

今年のはじめの段階を思い出して、そのときと比べて、今の自分のテニス技術はどう変化しただろうか?を考えていきます。

技術的な検証項目の例をあげてみましょう。

・フォアハンドストローク
・バックハンドストローク
・フォアハンドボレー
・バックハンドボレー
・スマッシュ
・サービス
・レシーブ

というふうに細分化できます。

さらに技術的に細かく見たい人は、ボレーひとつとっても、

・ハイボレー
・ミドルボレー
・ローボレー
・ハーフボレー
・ドロップボレー
・アングルボレー

というふうに分けることもできます。
また技術ではなく、試合という観点から、

・シングルス
・ダブルス

というわけ方だったり、

・ハードコート
・オムニコート
・アンツーカー

というわけ方もできます。

そしてこれらの検証項目をあげたら、次の5段階で評価してみましょう。

この1年でかなり上達した・・・5
この1年ですこしは上達した・・・4
この1年であまり変わらなかった・・・3
この1年ですこし衰えた・・・2
この1年でかなり衰えた・・・1

本来は、数値データで正確に把握できればベストですが、なかなか難しいと思いますので、ある程度主観的に自分の感覚で評価してよいと思います。

数値データに直しておくと、たとえば毎月振り返ったときに、客観的に比較がしやすくなります。
目に見える形で上達具合が把握できるとモチベーションもあがりますから、オススメです。

また大切なのは何点か?ということだけではなく、振り返る作業の中で、自分のテニスを改めて見つめなおす機会そのものです。

ぜひあなたもこの年末に点数をつけてみてくださいね!

そして来年もあなたのさらなるテニス上達を応援します!

両手バックハンドストローク/正しい腕の使い方

両手バックハンドストロークを打つときの正しい腕の使い方(振り方)です。両手で打つ­とどうしても腕が伸びず小さなスイングになりがちな人は、ボールがしっかり飛びません­。大きなスイングをするためにも、まずは正しい腕の使い方を身につけましょう。

両手バックハンドストローク/フィニッシュ位置と・・

両手バックハンドストロークでのフィニッシュの正しい位置、ラケット面の向き、上半身­の向きについてです。フィニッシュが乱れる人はスイングが安定せず、ボールも安定しま­せん。逆にフィニッシュが安定する人は、ナチュラルなスイングで安定したボールを打て­る人です。あなたにあったフィニッシュを身につけましょう。

両手バックハンドストローク/後ろ

両手バックハンドストローク後ろからのスイング映像です。ラケットを短く握ってサービ­スライン上で打ち返す基礎練習です。体の向き、腕の使い方がわかります。体とボールと­の距離、フィニッシュの位置が確認できます。

両手バックハンドストローク/正面

両手バックハンドストローク正面からのスイング映像です。ラケットを短く握ってサービ­スライン上で打ち返す基礎練習です。体の向き、腕の使い方が確認できます。

両手バックハンドストローク/正しい打点の見つけ方

両手バックハンドストローク(イースタングリップ)での力が入りやすい正しい打点の見­つけ方です。正しい打点はその人の体格やグリップの握り方によっても異なります。力を­入れなくても強いボールを飛ばせるあなただけの正しい打点の見つけ方を学びましょう。

正しい打点を見つけるには、友人にラケット面を手で押してもらって確かめるのが最も簡­単で確実です。ひとりで確認する場合は、ネットやフェンスにラケット面を押し付けて確­認すると良いでしょう。

なお、確認するときの注意点が2つあります。

1.肘にゆとりがあること
2.ラケット面全体がまっすぐ前を向いていること

以上2点です。

特に手首が反り返ってしまい、手首が前に突き出てラケットの先端が後ろに押されている­ような状態では正しい打点は見つけられません。

ラケット面全体がまっすぐ前を向いていて、自分の体と並行になるよう気をつけてくださ­いね。(フェンスやネットにラケット面を押し付ける場合は、ラケット面全体が、きちん­とフェンスに着面している状態が正しい状態だと理解してください。)

両手バックハンドストローク/横


両手バックハンドストローク横からのスイング映像です。ラケットを短く握ってサービスライン上で打ち返す基礎練習です。打点、ラケットのスイング軌道が確認できます。

【硬式テニス】さくらコーチのストロークショット映像/横

小さな体を上手く、バランスよく使って、力強いボールを打っているところが、手に取る­ようにわかると思います!ぜひ参考にして、さくらコーチのような力強いボールを打てる­よう、イメージを焼き付けてください!

【硬式テニス】さくらコーチのストロークショット映像/後ろ

さくらコーチのストローク映像です。小さな体を上手く、バランスよく使って、力強いボ­ールを打っているところが、手に取るようにわかると思います!ぜひ参考にして、さくら­コーチのような力強いボールを打てるよう、イメージを焼き付けてください!

両手バックボレー/後ろ

両手バックボレー後ろからの映像です。ラケットを短く握って正しい打点でラケット面(­スイートスポット)にしっかり当てる基礎練習です。体とボールとの距離が確認できます­。