Tag: 動画

【テニス動画】ATPツアーファイナル2016 錦織VSマレー ハイライト

こんにちは。

ATPツアーファイナル2016 マレーとの対戦が行われました。

錦織選手、惜しかったですね!

そのハイライト動画がアップされていましたのでご紹介します。

ご覧ください!

 

【テニス動画】ハイライト:Wimbledon2016男子S決勝マレーvsラオニッチ

その男子シングルス決勝戦のハイライト動画がアップされていますのでシェアします。
ほぼすべてのポイント部分だけを集めた動画です。
マレーもラオニッチも縦横幅広くコートを使った攻め方とそれをカバーリングする守り方はとても勉強になりますね。

ぜひあなたもご覧ください!

 

Wimbledon2016男子S決勝マレーvsラオニッチ

【テニス動画】シャラポワVSナバロ/ローマ2015女子S決勝

こんにちは。マイテニス岩崎です。

さて、今日は、先日行われたローマ2015女子シングルス決勝のハイライト動画をご覧ください。

シャラポワVSナバロの素晴らしい戦いです。

アンツーカー(赤土)のテニスコートでは、バウンド後の球速が遅くなるので、パワーやスピードというよりは、いかに相手を縦横に振り回してスペースを作っていくかがポイントになります。

左右はもちろん、前後の揺さぶりなど見所の多い試合です。

またバウンドが高くなると不利だとされる片手バックハンドを見事に操るナバロ選手にも注目です。

サバチーニを彷彿させてくれますね。

では、ご覧ください。

【テニス動画】シャラポワVSナバロ/ローマ2015女子S決勝

【テニス動画】錦織選手&マイケルチャン ドキュメンタリー映像

こんにちは。マイテニス岩崎です。

今回は、先日テレビ放映されていた錦織選手のドキュメンタリー映像がありましたので、シェアします。

30分ほどの映像になりますが、特に後半のマイケルチャンによる錦織選手の分析は非常に参考になりますので、ぜひご覧くださいね。

 

【錦織選手 ドキュメンタリー映像】

【動画】錦織圭選手の2014年スーパープレイ集 Part1

【動画】錦織圭選手の2014年スーパープレイ集 Part1

こんにちは。マイテニス岩崎です。

2014年はテニスファンにとって本当に歴史的な年でしたね。

錦織圭選手の活躍は、日本国民を勇気づける本当に素晴らしいプレイでした。

その錦織選手の2014年のスーパープレイをまとめた動画がありますので、ぜひご覧ください!

 

 

【動画】マッケンローVSシュティヒ ウィンブルドン2014エキジビションマッチ

こんにちは。マイテニスの岩崎です。

今日は、ウィンブルドン2014エキジビションマッチとして行われた「マッケンローVSシュティヒ 」の動画をご紹介します。

マッケンローといえば、先日も日本のテレビに出て、多いに盛り上げてくれましたが、

このエキジビションマッチでも、エンターテイナーぶりを発揮してくれています。

それはさておき、マッケンローもシュティヒも、かなりの年齢にも関わらず、体の使い方がとっても上手で

中年テニスプレイヤーには参考になることが多いです。

現役若手プロの試合を見ても体の作りが違うので、「私には無理・・・」と思う方も多いかもしれませんが、

「これなら自分にも少しはできそう!」と思える映像です。

ぜひご覧くださいね。

【テニス動画】マッケンローVSシュティヒ

【動画】フェデラーVSジョコビッチ ウィンブルドン2014男子シングルス決勝

こんにちは。マイテニスの岩崎です。

ウィンブルドン2014男子シングルス決勝はフルセットの末、ジョコビッチが優勝しましたね。

しかし、何と言ってもあの黄金期を彷彿させるフェデラーの強さに、多くのファンはしびれたのでは??

個人的にもあのフェデラーを再びかいま見ることができて、嬉しく思いました。

 

そんな男子シングルス決勝の動画をご紹介します。フルタイム動画(4時間21分)です。

時間のない方は、ハイライト動画をぜひ!

 

 

テニスの醍醐味を知り、あなたのテニスが刺激されること、間違いなしです!

 

 

【テニス動画】錦織VSラオニッチ ウィンブルドン4回戦ハイライト

こんにちは。マイテニス岩崎です。

今日は、錦織選手のウィンブルドン4回戦のハイライト映像をご覧ください。

ハイライトなのでポイントポイントだけをご覧いただけるのですが、やはり見るべき点としては

コートの「左右」と「上下」の使い方ですね。

相手を左右に走らせて・・・というのはよく言われるポイントの取り方ですが、具体的に

どんなボールをどこに打って、返球をさらにどこに打てばよいのか・・・といった組み立て方の勉強になると思います。

ぜひご参考に!

 

 

あなたのテニス上達を応援しています!

【動画】フェデラーVS錦織 2014年ハレ準決勝

こんにちは。マイテニス岩崎です。

今日は、先日行われた2014年ハレでのフェデラーVS錦織の試合動画をご覧ください!

いつも言っている通り、ボールの動きを追うよりも、選手の動きをじーっと見ていてください。

フェデラーならフェデラーを、錦織なら錦織を。

あなたとは違う立ち位置、動きなど、気がつくことがたくさんあると思います。

それをヒントにあなたのテニス上達につなげてくださいね!

 

体感覚を使ったテニス上達法

今回は、テニス上級者の技を自分のものにするための3つ目の方法「体感覚を使ったテニス上達法」をご紹介します。
 
上級者の技を自分のものにする方法として3つをあげました。

1.視覚
2.聴覚
3.体感覚

今回は、3番目の体感覚を使った方法をご紹介しましょう。

体感覚とは、体の感覚、つまり上級者がどういった体の使い方をしているかを、しっかりと観察します。

「上級者がどんなふうにテニスをしているかなら、いつも見てるよ」
と思うかもしれませんが、たいていの人はただテニスをしている姿を漠然と見ているだけの場合がほとんどです。

例えばフォアハンドストロークを打つときを考えてみましょう。

・どのタイミングで足は動き始めているか?
・どのタイミングでラケットは動き始めているか?
・ボールに対して足はどの方向へ踏み出しているか?
・インパクトでの足の位置は?腕は?ラケットは?利き手と反対の手は?
・うち終わったあとのラケットの位置は?体の向きは?姿勢は?

などなど、ざっとあげてもこれくらいのポイントはでてきます。

こうやってポイントを列挙すると、ほとんどの人が、「自分は全然観察できていませんでした!」と反省されます。

逆に言えば、上級者であればあるほど、プロの試合や相手をみるときに、これくらい細かい精度で観察をしているということです。

同じように、バックハンドストローク、ハイボレー、ローボレー、ミドルボレー、スマッシュ、サーブ、レシーブ、といったショットごとにポイントを洗い出して、そのときの上級者の体の使い方をチェックしてみてください。

驚くほどたくさんの発見があると思います。



さらに、体の使い方について、もうひとつ大切なポイントがあります。

それは「流れ」でとらえて真似をするということです。

さきほどのフォアハンドストロークの例でいえば、ボールを打つ前、インパクトのとき、ボールを打った後という3点で、それぞれ体の使い方をチェックすると同時に、その3点を一連の流れとして理解し、真似することです。

例えば、インパクトのときの体の使い方を見ると、利き手と反対の手は、腰の高さにあるとしましょう。しかしそれだけを見ると、腰より低い位置に最初あった手が腰の高さにきているのか、それとも腰よりも高い位置にあった手が下がってきて、腰の高さにきているのかはわかりません。

ですからインパクトのときの体の使い方を見ると同時に、その前後の動きもあわせて流れでとらえておくことが非常に大切です。

さあ、これであなたも上級者の技を自分のものにするコツをつかめましたね!

視覚、聴覚、体感覚の3つを使って、あなたも今日から上級者の秘密を探る名探偵になってください!

スクールに通ってらっしゃるなら、コーチが打つ姿を同じように分析してみるのもひとつです。

あなたのテニス上達を応援しています!