Tag: NLP

モチベーションを保つ秘訣とは?その2

前回は、モチベーションを保つ秘訣①として、モチベーションを高めるときのスピードについてご紹介しました。
今回は二つ目の秘訣をご紹介しましょう。

先日いただいた質問に、

自分は試合で負けるととてもくやしくて練習を頑張ろうという気持ちになるけどすぐに冷めてしまいます。

モチベーションを保つにはどうすればいいですか?

とありましたが、実は根本的に改善しなければいけない点があります。それが二つ目の秘訣、「モチベーションの源泉」です。

モチベーションの源泉とは、あなたのモチベーションを高める原因です。

この方の場合、「試合に負けて悔しい」ということがモチベーションの源泉になっていますが、これが大きな落とし穴なのです。

試合に負けて悔しいから、頑張って練習をするということ自体は、一見、良いことのようですが、実は「試合の勝敗」という自分ではコントロールできない事象によって感情的に左右されていることが問題なのです。


特にテニスの場合、あなたがいかに良いプレーをしても、相手がそれを上回れば、あなたは負けます。逆にあなたがミスを連発しても、相手があなたを上回るミスをすれば、あなたは勝ちます。


つまり試合の勝敗はあくまで結果であり、あなたが完全にコントロールすることはできません。

モチベーションの維持という観点でみると、あなたが完全にコントロールできない事象に感情的に左右されてしまうというのは、非常に危険です。
そんなことでいちいちモチベーションがあがったり、さがったりしていては大変です。

逆に言えば、あなたが完全にコントロール事象にのみ集中し、そこにモチベーションの源泉を求めることがプロのアスリートです


では、具体的にどうすればよいのでしょう?

答えは、「自分のプレイの完成度」に集中することです。

自分がいかに良いプレイ、納得できるプレイ、前回よりも良いプレイができたかに焦点を絞り、そこにモチベーションの源泉を求めるのです。


日本人には道を極めるという考えがあります。
私も華道を習っていますが、実は華道の世界にはゴールというものがありません。続ける人は、当たり前のように何十年も習い続けます。

あなたは、終わりが見えないことをやり続けることなんてできない!と思うかもしれません。

でも実はちがいます。

そこには目先の勝敗のように短期的な楽しさを求めるものとは違う次元の世界が広がっているのです。

これを実践して結果を出している代表選手が、イチローです。

イチローの目標は、毎年200本安打と思われていますが、実は違います。
彼は、目の前の1球1球を自分がイメージするとおりに打ち返すことだけに集中して、それを目標にしています
彼の発言を聞いていると、ヒットが打てたから喜ぶのではなく、ヒットが打てても自分がイメージしているものと違うヒットであれば、まったく喜んだ表情を見せません。逆にアウトになっても、自分が納得できる打球であれば、満足しているのです。

勝ち負けにこだわって、勝つことに目標設定すると、勝つとモチベーションはなくなります。
負けると勝てない理由を探してモチベーションが下がります。

しかし自分のプレイの完成度に目標設定すると、あくなき挑戦が続くのです。つまりモチベーションが長く保たれるのです。

ゴールまでの道は長く見えませんが、そのプロセスを苦しみながらも楽しんで、自分を磨くことが本当のモチベーション維持の秘訣なのです。

いかがですか?
あなたの考え方が180度変わりましたか?

すぐに頭を切り替えるのは難しいかもしれませんが、まずは1つずつで結構ですから、自分のプレイに集中して試合をしてみましょう!

体感覚を使ったテニス上達法

今回は、テニス上級者の技を自分のものにするための3つ目の方法「体感覚を使ったテニス上達法」をご紹介します。
 
上級者の技を自分のものにする方法として3つをあげました。

1.視覚
2.聴覚
3.体感覚

今回は、3番目の体感覚を使った方法をご紹介しましょう。

体感覚とは、体の感覚、つまり上級者がどういった体の使い方をしているかを、しっかりと観察します。

「上級者がどんなふうにテニスをしているかなら、いつも見てるよ」
と思うかもしれませんが、たいていの人はただテニスをしている姿を漠然と見ているだけの場合がほとんどです。

例えばフォアハンドストロークを打つときを考えてみましょう。

・どのタイミングで足は動き始めているか?
・どのタイミングでラケットは動き始めているか?
・ボールに対して足はどの方向へ踏み出しているか?
・インパクトでの足の位置は?腕は?ラケットは?利き手と反対の手は?
・うち終わったあとのラケットの位置は?体の向きは?姿勢は?

などなど、ざっとあげてもこれくらいのポイントはでてきます。

こうやってポイントを列挙すると、ほとんどの人が、「自分は全然観察できていませんでした!」と反省されます。

逆に言えば、上級者であればあるほど、プロの試合や相手をみるときに、これくらい細かい精度で観察をしているということです。

同じように、バックハンドストローク、ハイボレー、ローボレー、ミドルボレー、スマッシュ、サーブ、レシーブ、といったショットごとにポイントを洗い出して、そのときの上級者の体の使い方をチェックしてみてください。

驚くほどたくさんの発見があると思います。



さらに、体の使い方について、もうひとつ大切なポイントがあります。

それは「流れ」でとらえて真似をするということです。

さきほどのフォアハンドストロークの例でいえば、ボールを打つ前、インパクトのとき、ボールを打った後という3点で、それぞれ体の使い方をチェックすると同時に、その3点を一連の流れとして理解し、真似することです。

例えば、インパクトのときの体の使い方を見ると、利き手と反対の手は、腰の高さにあるとしましょう。しかしそれだけを見ると、腰より低い位置に最初あった手が腰の高さにきているのか、それとも腰よりも高い位置にあった手が下がってきて、腰の高さにきているのかはわかりません。

ですからインパクトのときの体の使い方を見ると同時に、その前後の動きもあわせて流れでとらえておくことが非常に大切です。

さあ、これであなたも上級者の技を自分のものにするコツをつかめましたね!

視覚、聴覚、体感覚の3つを使って、あなたも今日から上級者の秘密を探る名探偵になってください!

スクールに通ってらっしゃるなら、コーチが打つ姿を同じように分析してみるのもひとつです。

あなたのテニス上達を応援しています!

耳を使ってテニス上達

以前、上級者の技を自分のものにする方法として3つをあげました。

1.視覚

2.聴覚

3.体感覚

今回は2.聴覚つまり耳を使ってテニス上達する方法をご紹介しましょう。


耳を使ってテニス上達・・・といわれても、なかなかピンときませんよね?
でも実は耳はテニス上達にとって、大切なんです。

さあでは早速具体的にその方法をご紹介しましょう。

それは、上級者がボールを打ったときの「音」を聞くことです。

ラケットとボールが接触するときに、「パコーン!」と音がしますよね?
この音、普段何も意識せずに聞いていると、ただの音ですが、実はいろんなことがわかる大切なバロメーターなんです。

例えば、上級者と初心者では同じラケットで同じボールを打ってもその音は全然違います。


まずは上級者が打ったときのボールの音をしっかり聞いて、そして自分が打ったときのボールの音と比べてみてください。

初心者の人に多いのは、自分でボールを何度も何度も打っているけれども全然スイートスポットに当たっておらず、でも本人は何が悪いのかよくわからない・・・という人がいます。


そういう人は、上級者の打つボールの音を聞くことで、きちんとイートスポットに当たったときの音がどのような音なのかを耳でしっかりと把握できるようになります。

そうなれば、次に自分で打つときに、それと同じ音が出れば、スイートスポットできちんとボールを捕らえられているということになります。

またフォアハンドは打てるけれどもバックハンドは苦手、特にスライスが苦手だ・・・という人も、上級者の人が打つ音をよくきいてください。

コーチから、「スライスのときはボールを切りすぎないようにー」といわれたことありませんか?でもどれくらいラケット面を立てて打てばいいのかがわかりにくいと思います。
そういうときは音を頼りにラケット面の角度を変えてボールを打つと、上級者が上手に打つスライスと同じ音が出るときがあります。それが正しい角度だとわかるわけです。

さらに、ある程度中級、上級の人であれば、この音を聞き分けることで、自分のテニスの状態が手に取るようにわかります。

スピンのかかり具合(回転数)やインパクトの強さ、ガットの緩み具合など多くのことがわかります。

エスキモーには雪を表す言葉が100以上あるといわれますが、同じようにボールを打つ音を聞き分ける能力が長けてくれば、初心者にとってはひとつの音でも、上級者にとってはいろんなことがわかるようになるんです。

そう考えると、テニスって奥深くて面白いですよね!

さあ、あなたも聴覚を研ぎ澄ませて、音を聞き分けるプロになってくださいね!

上級者の技を自分のものにするコツとは?

テニス上級者を観察して、そのテクニックや心構えを学んで早く確実に自分のものにするコツについてご紹介します

 テニスに限らず、自分よりも優れている人から学ぶというのは、上達への近道です。

例えばおいしい料理を作るにしても、最初から自分ひとりで何もかも考えていると時間がいくらあっても足りませんが、すでにおいしい料理を作っている人からレシピをもらって、それを真似すればどうでしょう?

自分でやるよりもはるかに簡単においしい料理が作れるわけです。

テニスにおいても自分ひとりで試行錯誤することも大切ですが、自分が目指す位置にすでにいる人を見て、その人のレシピを真似ることで時間を何倍も短縮できます。

ただし上級者から学ぶときにもコツがあります。
闇雲に真似をすればよいというものではありません。

そのコツを知っているのと知らないのでは、得られるものがまったく違います。

今日はそのコツをご紹介しましょう。

NLP(神経言語プログラミング)というものをご存知でしょうか?心理学の実践版といったもので、その手法を使います。

人を真似るときのポイントはズバリ大きく3つあります。


1.視覚

2.聴覚

3.体感覚

の3つです。

この3つのポイントから、上級者を分析して、それを真似するのです。

ではまず最初の「視覚」についてみてみましょう。

1.視覚
視覚というのは文字通り「何を見ているか?」ということです。

具体的にいうと、テニスの場合、例えば上級者がボールを打つときに、「どこを見ているか」を探ってください。

・相手を見ているのか?
・ボールを見ているのか?
・どの時点までボールを見ているのか?
・前衛の動きはいつ見ているのか?

などいろいろ着眼点がわいてきます。

上級者の「目線」を追いかけてみてください。

さらに応用編としては、何を見ているか?以外に、どこに焦点を絞っているか?(何を意識しているか?)」を観察してみましょう。

たとえばセカンドサーブを打つときに、上級者は何を意識しているか?を考えます。

例えば上級者はセカンドサーブを打つときに次のようなことを意識しているかもしれません。

・レシーバーの立ち居地はどこか?
・レシーバーの苦手なボールはなにか?
・現在のポイントは?
・前回のレシーブの返球はどうだったか?
・トスの位置を変える必要はあるか?
・太陽の位置は?
・風はふいているか?
・どこに打つか(センター?サイド?)
・どういう球種のサーブを打つか(スピン?スライス?)
・どういうスピードのサーブを打つか(速い?遅い?)

などなど。

意識については外から見ただけではわかりませんから、具体的に上級者の人に質問してみると良いです。

「○○をするとき、あなたは何を意識していますか?」

これは非常に強力な質問です。

この回答で、上級者の頭の中が見えます。

さあ、いかがでしたか?

「視点」に着目してあなたの周りの上級者やコーチ、プロ選手を見てみましょう。

きっと多くを学べます。

がんばってください!
次回は「聴覚」についてです。
お楽しみに!