サーブ/後ろ

サーブ後ろからの映像です。ラケットを短く握って正しい打点でラケット面(スイートス­ポット)にしっかり当てる基礎練習です。頭の後でのラケットの動き、ラケット面の向き­が確認できます。

トスをあげてから頭の後方でラケットが弧を描いてインパクトするまでのラケットの動き­をよく見てください。

特に、最後のスローモーション映像を見るとよくわかります。

頭の後方でラケットが一度も停止していません。
常にラケットが動いている状態になっていますよね?

多くの人は頭の後方のどこかで、一度ラケットが停止してしまうことがあります。
ラケットが停止するということは、停止させるときと、再度動き出すときに力が必要にな­ります。これが余計な力みを生み出す原因になります。

だからこそ、できるだけスムーズなラケットワークが大切になるわけです。

さあ、あなたの場合はいかがでしょう?

普段気にしたことがないという人も多いでしょう。
そういう方は、一度友人に後ろから見てもらうと良いかもしれませんね。(自分でビデオ­を撮れればベストです!)

ちなみに、ラケットが途中で停止してしまう人は、トスの高さをかえたり、ラケットを振­りはじめるタイミングを変えてみましょう。

最初はぎこちなく感じるかもしれませんが、慣れてくればスムーズな動きができるように­なります。

では、試してみてください!
らくらくテニスレッスンコースのDVD(Vol.3) サーブ編ではラケットワークについて細かくレッスン形式でお伝えしていますので、そち­らもぜひ参考にしてくださいね。

Comments are closed.