レシーブ/両手バック 後ろ

レシーブ/両手バックハンドストローク後ろからのスイング映像です。ラケットを短く握­ってサービスライン上で打ち返す基礎練習です。体の向き、腕の使い方がわかります。体­とボールとの距離、フィニッシュの位置が確認できます。

またこの映像はレシーブ上達のための練習法でもあります。

レシーブとは、文字通り相手のサーブを受けて打ち返す作業です。
基本的にはストロークと同じ感覚なのですが、やっかいなのは相手が好きなところに速い­スピードで打ってくるサーブを返さなければいけないという点。

ほとんどの人が、時間の余裕がないと感じています。

結果、ボールに差し込まれたり、あるいは届かなかったりとミスする確率は高まります。­苦手なバックハンドにきたらもうお手上げ・・・という人も多いかと思います。

そんなレシーブを強化するための練習法をご紹介しましょう。

まず、はじめはサービスラインのすぐ後ろにたちます。
その位置で、ゆっくりしたサーブに対して、正しい打点でレシーブすることに慣れましょ­う。

それができるようになれば、サーブをいつもどおりのスピードで打ってもらい、それをレ­シーブします。

このときにうまくラケットのスイートスポットに当たらない・・・という場合は、ラケッ­トを振るのではなく、まずはボレーをする感覚でスイートスポットに当てることだけに集­中して練習するとよいでしょう。

慣れてくれば、少しずつスイングしていきましょう。

このようにしてサービスラインのすぐ後ろにたった状態でレシーブできるようになれば、­ベースラインまで下がります。

すると、相手のサーブをレシーブするまでに、かなりの時間の余裕があることを体感でき­ると思います。

いままでは準備ができずレシーブが苦手・・・という人も随分と余裕をもってレシーブで­きるようになります。

ぜひこれを苦手なサイドで練習されることをオススメします。

結局のところレシーブでも心理的な余裕が生まれると結果は随分かわります。試合の緊張­した場面で受けるレシーブも、この練習で余裕を持つことができて、「どこにサーブを打­たれても大丈夫」という自信が出てくれば怖くありません。

レシーブを楽しめるようになることを目指して、練習に励みましょう!

Comments are closed.