【硬式テニス】野木コーチのボレーショット映像/前

マイテニ野木コーチのボレー映像(前から)です。

野木コーチのボレーを観るときは、「タッチの柔らかさ」に注目です。

「タッチ」というのは、ボールとラケットが接触するインパクトの瞬間の感触のことを言­います。

野木コーチの場合は、この「タッチ」がとても「柔らかい」ということが、わかりますか­?

一般的に「インパクト」というと、ボールに対してラケットを強くぶつけるイメージだっ­たり、グリップをギュっと握って力を入れるように教えられたりしますが、そうするとど­うしても「ガシャ!」という硬いタッチになってしまいます。

これは、腕や肩が痛くなったり、テニス肘の原因にもなります。

ですからマイテニ流のシンプル&ナチュラルテニスでは、あらゆるショットにおいて「タ­ッチの柔らかさ」を意識してもらいます。

タッチを柔らかくするコツを一言でいえば、「余計な力を抜くこと」。

余計な力を抜くためにも、まずは「タッチの柔らかいボレー」をイメージすることから始­めることが大切です。
リラックスして自分が野木コーチになったつもりで、同じように軽く柔らかいタッチでボ­レーをしているイメージを目を閉じて頭に描いてみてください。

それができるようになれば、コートでも実践できるようになりますよ!

あなたのテニス上達を応援しています!

Comments are closed.