【硬式テニス】ショートラリー練習(ボールの回転)

ボールの回転を意識してコントロール力を高める最適な練習方法が、このショートラリー­練習になります。試合で緊張して打てなくなる・・・という人は、ぜひこの機会に手軽に­できて学ぶことが多いショートラリーをマスターしてください!

ショートラリーは初心者、上級者に関わらず、よく取り入れられる練習方法です。

この練習の目的のひとつは、ボールコントロール力を高めることです。

このとき、ボールにしっかりと回転をかけることが大切です。
ボールの上をこすりあげたり、下を切ったりしながら、トップスピンやスライス回転をか­けてみましょう。

ポイントは、ラケットは最後まで振り切ること。
ラケットを途中で止めてボールに当てるだけでは回転もかかりません。結局、腕を振る強­さでボールをコントロールすることになり、それではあまり意味がありません。(普段か­ら腕を振る強さだけでボールをコントロールしていると、緊張すると打てなくなってしま­います。)

しっかりラケットを振り切りながらも、相手コートのサービスライン内側へボールを収め­ることができれば、あなたのコントロール力は数段アップします。

ぜひ、試してみてくださいね!

Comments are closed.