プロテニス選手から学ぶシンプル&ナチュラルテニスの秘訣

プロ選手のテニスはどうしてあんなに無駄がなく、流れるようにスムーズなのでしょう?その秘訣にせまります。

プロを見ていると、試合中、彼らのフォームや動きは選手によって様々です。同じテニスをしているのですが、選手によってまったく違います。

しかしどの選手を見ていても体の動きに無駄が少なく、それぞれの体格や得意分野を活かしていて、いわゆるきれいなフォームや真似したくなるテニスを見せてくれます。

マイテニではこのように無駄がない流れるようなスムーズな動きを総合して「シンプル&ナチュラル」と表現しています。

では、プロが見せてくれるシンプル&ナチュラルな動きの秘訣は一体何でしょう?
シンプル&ナチュラルの条件とは一体何でしょう?

その答えのひとつとしてあげられるのは、

「体のバランス」

です。

通常、激しい打ち合いになればなるほど、体のバランスは崩れてしまいます。

左右に走らされたり、深いボールがきたり、ネットすれすれのパッシングショットがきたりすると、自分が一番いい体勢で打つことはほとんどできません。

そんなときにどれだけ自分の体のバランスを崩さずにラケット面で正確にボールを捕らえることができるかが勝負の分かれ目です。

逆に言えば、どんな厳しい体勢になっても、体のバランスを崩さずにいられれば勝てるわけです。

プロはどんなときでも無意識に、体の「バランス」をとろうとしていることに気がつきます。

よく観察すると、どこにどんなボールがくるかによって体の位置を変え、向きを変え、足の位置を変え、もっとも体のバランスがとれる体勢をつくってラケットを振りぬきます。

だからその動きや体勢がとてもシンプル&ナチュラルに見えるのです。

「バランスが良い状態」=「シンプル&ナチュラルな状態」

といっても良いと思います。

あなたはテニスをしているときに、体のバランスは取れていますか?
今までボールを返すことに一生懸命なりすぎていた方は、一度テニスをしているときに、ご自身の体のバランスがどうなっているか感じてみてください。

ボールを打った直後に、足がふらついたり、どちらか一方に傾いてしまったりしていませんか?
自分がミスショットをしたときは、ボールの行方をみるのではなく、自分の体の状態を観察してください。
細かいフォームやテクニックは忘れて、体のバランスだけに意識を集中して練習してみてください。

きっといろいろな発見があると思いますよ。

では、体のバランスが良い状態とは、一体どういう状態のことでしょう?
どうすれば体のバランスを良い状態に保てるのでしょうか?

次回はそのお話です。お楽しみに。

Comments are closed.