プロテニス選手から学ぶ試合観戦のコツ

プロ選手の試合はただ見ているだけでも楽しいものですが、一歩踏み込んで見てみると、自分のテニス上達に役に立つ要素がいっぱい。
たくさん学ぶことができるすばらしい機会です。
今回は、プロ選手の試合から学ぶための見るポイントをご紹介しましょう。

プロ選手の試合では、強烈なラリーの応酬や、ここぞというポイントでのスーパーショットなど、「おおっ!すごい!」と思わず身を乗り出してしまうこともよくあります。

そういったテニスを漠然と見るのももちろん楽しいですが、もう少し的を絞って観察してみると、これまで気づかなかったことが見えてくることがあります。

たとえばレシーブに絞って観察してみましょう。

一般人にとっては、あれだけの速度のサービスを返すのは、至難の業。それをやってのけるプロ選手にはどんな秘密があるのでしょう?

試合を漠然と見ていると、サーバーがサーブを打つのを見て、そして次にレシーバーを見て・・・とボールの動きに合わせて目をやってしまいますが、相手がサーブを打つ前から、ずーっとレシーバーだけを見てみましょう

そんな見方をすることはほとんどないと思いますが、最初からレシーバーをじっと見ておくと、今まで気がつかなかった点が見えてくるようになります。

たとえば、
レシーバーはどのあたりに立っているでしょうか?

グリップはどうでしょうか?フォアより?バックより?

レシーバーはどのタイミングで動き出しているでしょうか?

右足から動いているでしょうか?それとも左足からでしょうか?

レシーブした後、どこへ動いているでしょうか?

いかがでしょう?
今までこんなことを気にして観戦したことありますか?

慣れてくれば、ファーストサーブとセカンドサーブでの違いや対戦相手によっての違いなどもわかるようになります。

そうなればあなたもプロの視点でテニスを見始めたことになります

テニスの奥深さに気がついて、もっともっとテニスが楽しくなると思います。

そして最後に一番大切なことですが、自分の場合におきかえてコートで「実践」してください

これまでただ漠然とレシーブしていた人は、プロの視点をもって、ほんの少し動きが変わるだけでずいぶん楽にレシーブできるようになるはずです。

プロ選手の試合は学びの宝庫。
あなたもテニス観戦を楽しみながら学びましょう!

Comments are closed.