テニス練習することの本当の意味とは?

今回はテニス練習することの本当の目的、意義を考えてみたいと思います。
練習してもうまくならない・・・試合でなかなか勝てない・・・という人はこの機会に一緒に考えて見ましょう。ヒントがつかめると思いますよ。
「いくら練習してもうまくならない・・・。」
テニスをある程度続けていると誰しもこんな経験はあると思います

まじめな人ほどよく陥るスパイラルです。

試合で勝つためには、ひと一倍練習してうまくなる。
初心者にとってもプロ選手にとっても極めて当たり前のことです。

ただわかっていても、ついつい慣れてくると、ただやみくもにボールを打っているだけだったり、ちっとも集中していなかったり無駄な練習になってませんか?

そこで今回は、少し立ち止まって、「なぜ練習するのか?」「なぜ練習が必要なのか?」を考えてみたいと思います。

練習の意味、目的はたくさんあります。

あなたも考えてみてください。

例えば・・・
・試合に勝つため
・ショットの精度をあげるため
・体に覚えこませて、無意識レベルで打てるようになるため
・自信をつけるため
・根性、精神力を鍛えるため  などなど

いろいろ浮かんでくると思います。

だいたいの意見をまとめると
「うまくなるため」とか
「強くなるため」ということが多いと思います。

しかし、多くのテニス愛好家の悩みを聞いていると、「うまくなるため」「強くなるため」と思うばかりに、それが逆にプレッシャーになったり、無用な心配を引き起こしてしまうのではないかと思います。

そこでもっと他に練習の目的はないだろうか??
本当の目的は何だろう???と突き詰めて考えてみました。

するとひとつ大切な目的が思い浮かびました。

それは、
「練習は失敗するためにある」
というものです。

もう一度いいます。
「練習は失敗するためにある」

「えっ!?失敗するため??うまく打てるように練習するのが普通でしょ?」

確かに、練習で失敗ばかりしていたら、コーチや先生から怒られますよね。
「なんでそんなにお前は失敗ばかりしてるんだ!そんなことで試合に勝てると思ってるのか!」と。

もちろんその気持ちはわかります。

でも実は、
 「人は失敗するからこそ失敗しなくなる」
のです。

これはとても大切な考え方です。
 「人は失敗するからこそ失敗しなくなる」

ですから私はよくレッスンで、マイテニメンバーのみなさんには、あえてこういいます。

「今日の練習では、できるだけたくさん失敗してください。しかもできるだけ早く。」

うまく打とうとする必要はありません。
とにかく失敗をたくさんする、しかもできるだけ早くする。
これが上達の秘訣です。

上達は消去法です。

自分がうまく打てる方法を見つけるための近道は、できるだけたくさんのうまく打てない方法を誰よりも早く試すことです

そしてそれを試す場が「練習」なのです。

練習では、どうすればうまく打てるか?を考えるのではなく、他の打ち方はないか?他に変えるべき点はないか?他に選択肢はないか?を考えましょう。

いかがですか??

これであなたの練習に対する考え方が変わったのではないでしょうか?そして少しでも練習が楽しくなって失敗に対する恐怖がなくなれば、幸いです。

あなたのテニス上達を応援しています。

Comments are closed.