テニス上達の3ステップ(2.階段づくり)

テニス上達の初歩3ステップ

前回は、まず初めの第1ステップとして、目標を明確にすることの大切さと具体例をお伝えしました。
あなたのテニスの目標は明確になりましたか?

では、今回は、次のステップ2をご紹介しましょう。

たとえば、テニスがうまくなりたい!と漠然と思っていたあなたが、ステップ1で目標を明確にして、
「○○テニス大会シングルスでベスト4に入る」という目標を設定したとしましょう。

次にあなたがすること(ステップ2)は、

「目標までの階段づくり」

です。

そうです、「階段」です。

あなたが目標目指して一歩一歩上っていく「階段」です。

目標まで到達する階段さえきちんと作ることができれば、あとはそれを一歩一歩上っていけばいいだけです。

しかし、残念ながらここで挫折する人が結構います。
たとえば典型的なパターンは2つです。

1.階段そのものの設計ができない(目標までの道筋が見えない)

2.階段を一歩一歩上っていっても目標に到達しない (階段の設計が間違っている)

両方とも大問題ですよね。。。
せっかくがんばるなら、きちんとした階段をつくりたい!と思いますよね。

そこで階段設計のコツをご紹介しましょう。

1つ目のポイントは、

「階段の上から下へ降りながら」です。

階段を設計するときに、自分が今いる位置から、一歩ずつ階段を積み上げていこうと思って考えると、遠回りをしたり、とんでもない方向へ進んでしまいます。

たとえば自分がいまフォアハンドでラリーがやっとつながるレベルだとすると、そこから階段を積み上げて考えると、、、

バックハンドでもラリーができるようになる
→ダブルフォルトしないサーブを身に着ける
→トップスピンサーブを身に着ける
→メンタルも鍛える
→チャンスボールをミスしない・・・

といった具合です。

同じようなところをぐるぐると回っている気がしませんか?

そこで階段を設計するときは、必ず目標を達成したときの状態から一歩ずつ階段を下りながら考えていくとよいでしょう。

たとえば、「○○テニス大会シングルスB級でベスト4に入る」という目標を達成した状態をイメージして、その一歩手前の状態はどんな状態だろう???と考えます。

すると、

→ベスト8に入る
→ベスト16に入る
→草トーナメントで10試合出場し実戦経験を積む
→スクールトーナメントで中級クラス優勝
→スクールの中級クラスになる
→フォア、バック、サーブ、ボレー、レシーブがそれぞれこのレベルで打てる・・・となります。

これを逆にたどればいいわけです。

目標までの最短距離を明確に歩むことができそうですよね。

しかし、これからあなたが達成しようとする目標は、あなたにとって未知の世界ですから、いくら階段を上から下へ設計しろといってもぜんぜんイメージがわかないし、わからない・・・という不安もあると思います。

そこで、2つ目のポイントです。

それは、「達成している人に聞く!」ということです。

最も確実で簡単であるにも関わらず、ほとんどの人がやらないことです。

あなたの目標をすでに達成している人は、どこかにいませんか?

必ずいるはずです。

「○○テニス大会シングルスB級でベスト4に入る」という目標を立てたなら、その大会でベスト4に入っている人に会場でたずねるべきです。

普段、どんな練習をされていますか?
勝つために一番大切だと思う要素は何ですか?
試合中は何を意識されていますか?
これまでどんな試合に出られましたか?結果はどうでしたか?
などなど、質問はいくらでもでてくるはずです。

またその人の試合を観察したり、一緒に練習をしてもらえれば、自分が目標達成するために必要な技量や考え方が身につくはずです

その人が目標を達成してきたプロセスをすべて教えてもらえれば、あとは、あなたはそれを参考にして、真似るだけです。

いかがですか?やる気がでてきましたか?

さあ、では残りは最後のステップ3です。
次回をお楽しみに!

Comments are closed.