Tag: 打点

打点を安定させる練習法

上級者のスイングをみているといつも安定しているのに、初心者・中級者のスイングはいつもバラバラです。
原因はいったいなんでしょう?またそれを克服するための練習法とは?
以前、3人のコーチのストロークラリー映像をご覧いただきました。
そしてこの3人に共通する点を考えてみてくださいと宿題を出しました。※もしまだ映像をご覧になっていない方は、こちら。
小林コーチ ラリー映像
さくらコーチ ラリー映像
岩崎 ラリー映像

映像を繰り返し見ていただくと、いろいろなことに気が付くと思います。
自分にとって役に立ちそうなポイントは見つかりましたか?

もちろんその人のレベルや状況によって、気が付くポイントは変わってきますし、役に立つポイントも変わってきますので、どれが正解というものではありません。

今回は、その中から、ひとつ共通点をピックアップしてみたいと思います。

それは、
「毎回、ほぼ同じフォームで打っている」
という点です。

ラリー映像の中でコーチはボールを何度も打ち返していますが、ほぼ毎回、同じようなフォームです。

返って来るボールの位置やスピードは毎回変化しているのですが、フォームはほとんど同じです。

具体的には、テイクバックのタイミングからスイングの軌道、スイングスピード、フィニッシュの位置など、ほぼ同じようなフォームです。

これは3人のコーチのフォームが同じということではなく、3人それぞれフォームは違いますが、ひとりのコーチが打つフォームが毎回同じだということです。

「毎回、ほぼ同じフォームで打っている」ということは、当たり前といえば当たり前のことですが、実際は、初心者・中級者の方のほとんどは、ラリーをすると毎回フォームがバラバラになることが多いです。
そして、それがストロークが安定しない原因のひとつでもあります。

では、なぜフォームがバラバラになるのでしょう?

大きな原因のひとつは、初心者や中級者の場合、ボールと自分との距離、つまり「打点」が毎回バラバラになってしまうからです。

逆に、上級者になればなるほど、どんなボールが来ても、毎回「打点」はほぼ同じであるため、フォームもほぼ同じになり、ストロークも安定するのです。

では、さらにもう一歩踏み込んで、なぜ「打点」がバラバラになるのでしょう?

それは、「ボールの動きの予測」の精度が低いからです。

上級者の場合、相手がボールを打った瞬間に、ボールの軌道とスピード、回転を見て、だいたいどのあたりにボールがバウンドして、そして打点がどこになるのかが一瞬でイメージできます。

しかし慣れない初心者や中級者の場合は、相手のボールが自分のコートでバウンドして初めて打点をイメージするため、間に合わずに、高いところでとったり、低いところでとったり、ボールに近づきすぎたり、、、といったことが頻発します。その結果、フォームもバラバラになってしまいます。

でもこれはきちんと意識して練習をすれば解決できる問題です。
具体的な練習法を2つお伝えしましょう。

一つ目は、相手の打ったボールを手のひらでキャッチするという練習法です。マイテニクリニックでも、ウォーミングアップの代わりに、ときどき行います。

簡単そうに思えますが、このとき約束がひとつあります。
それは、腕を伸ばしたり縮めたりしてはいけません。

ボールの近くまでいってから、腕を伸ばしたり、縮めたりすると、ボールはキャッチできても実際のラリーになったときにいつまでたっても同じ打点で打つことが出来ません。

あなたがいつも打つ打点をイメージして腕をセットしたら、必ずその状態を維持したまま、ボールのところへいき、ボールをキャッチします。そうすることで、打点の予測の訓練になります。

さらにキャッチができるようになれば、ラケットを実際に持って同じような練習をしてください。

自分の打点にラケットをセットした状態で、相手が打ったボールを、打点位置を変えることなく、スイートスポットでブロックしてみましょう。
誰かにボールを出してもらえないときは、ボール拾いをしている最中、誰かが打ったボールを取るときに実践してみてもよい練習になりますよ。

二つ目は、お馴染み、ショートラリー(ミニラリー)です。

この練習は、ボールの動き予測の訓練には最適です。

最初、ゆっくりとしたボールで短い距離でラリーを続けることで、相手が打った瞬間に自分の打点がどのあたりになるかを予測する練習をします。このとき、自分の打点(体とボールの距離)を毎回、意識してください

そうすると徐々に自分のクセがわかってきます。
「私はボールに近すぎるな・・・」
「フォアは遠いけどバックは近すぎるな・・・」
といった感じです。

クセを把握した上で、修正して練習していってください。

近い距離でラリーができるようになれば、徐々にベースラインのほうへ下がっていき、スピードも徐々にあげていきます。
ここまでできれば、最初何気なくラリーをして、ミスを連発していたものも次第になくなり、打点が安定し、スイングも安定してきているはずです。

いかがでしょう?

今回お伝えしたのはほんの一例です。
ぜひ今週は「打点」を意識して練習してみてください。

あなたのテニス上達を応援しています。

【硬式テニス】野木コーチのボレーショット映像/横

マイテニ野木コーチのボレー映像(横から)です。

野木コーチのボレーを横から観るときは、「打点」に注目です。

一般的には、「ボレーの打点は前」と言われることが多いと思います。上半身を横に向け­て一歩前に踏み込んでボレーをするときは確かに打点は前になることが多いでしょう。

でも、普段のコーチのボレーを見ると、どうでしょう?
毎回毎回横を向いて、一歩前に踏み込んで、打点を前にしてボレーをしているコーチはい­るでしょうか??

野木コーチのボレーを見てもわかるとおり、あなたが思っているよりも、「ボレーの打点­は後ろ」です。

これがマイテニ流の「シンプル&ナチュラルボレー」です。
体が最も自然な状態を作っているので、運動連鎖がスムーズに行われ、簡単にボレーがで­きてしまいます。

ボレーに悩んでいる人は、この機会に映像をじ~っくり見て、「打点」を改善してみまし­ょう!

あなたのテニス上達を応援しています!

※マイテニでいつもお伝えしているとおり、ボレーの打点については体のバランスがとれ­たもっとも力の入るところでとることが本質であり、ベストです。しかし、今回は目に見­えて意識しやすいように、あえて打点が「前」「後ろ」という表現を使っています。

両手バックボレー/正しい打点の見つけ方


両手バックボレーが簡単にできる打点、ラケット面の向きについてです。テニススクール­では「ボレーは前で取りましょう。」と言われますが、その場合、決まった打点でボール­を取る必要があり、ボレーは難しくなってしまいます。両手でボールをブロックするイメ­ージではなく、ボールを待ってキャッチするイメージのボレーを身につけましょう。

フォアボレー/正しい打点の見つけ方

フォアボレーが簡単にできる打点、ラケット面の向きについてです。テニススクールでは­「ボレーは前で取りましょう。」と言われますが、その場合、決まった打点でボールを取­る必要があり、ボレーは難しくなってしまいます。ボールキャッチのイメージを活かして­、もっとシンプルにボレーができる打点を身につけましょう。

片手バックハンドストローク/正しい打点の見つけ方

片手バックハンドストローク(イースタングリップ)での力が入りやすい正しい打点の見­つけ方です。正しい打点はその人の体格やグリップの握り方によっても異なります。力を­入れなくても強いボールを飛ばせるあなただけの正しい打点の見つけ方を学びましょう。

正しい打点を見つけるには、友人にラケット面を手で押してもらって確かめるのが最も簡­単で確実です。ひとりで確認する場合は、ネットやフェンスにラケット面を押し付けて確­認すると良いでしょう。

なお、確認するときの注意点が2つあります。

1.肘にゆとりがあること
2.ラケット面全体がまっすぐ前を向いていること

以上2点です。

特に手首が反り返ってしまい、手首が前に突き出てラケットの先端が後ろに押されている­ような状態では正しい打点は見つけられません。
(片手バックハンドのときは良く起こる現象です。)

ラケット面全体がまっすぐ前を向いていて、自分の体と並行になるよう気をつけてくださ­いね。(フェンスやネットにラケット面を押し付ける場合は、ラケット面全体が、きちん­とフェンスに着面している状態が正しい状態だと理解してください。)

フォアハンドストローク/正しい打点の見つけ方

フォアハンドストローク(セミウエスタングリップ)での力が入りやすい正しい打点の見­つけ方です。正しい打点はその人の体格やグリップの握り方によっても異なります。力を­入れなくても強いボールを飛ばせるあなただけの正しい打点の見つけ方を学びましょう。

正しい打点を見つけるには、友人にラケット面を手で押してもらって確かめるのが最も簡­単で確実です。ひとりで確認する場合は、ネットやフェンスにラケット面を押し付けて確­認すると良いでしょう。

なお、確認するときの注意点が2つあります。

1.肘にゆとりがあること
2.ラケット面全体がまっすぐ前を向いていること

以上2点です。

特に手首が反り返ってしまい、手首が前に突き出てラケットの先端が後ろに押されている­ような状態では正しい打点は見つけられません。

ラケット面全体がまっすぐ前を向いていて、自分の体と並行になるよう気をつけてくださ­いね。(フェンスやネットにラケット面を押し付ける場合は、ラケット面全体が、きちん­とフェンスに着面している状態が正しい状態だと理解してください。)