Category: フォアハンドストローク

今さらグリップは変えるべき??

今日は読者からの質問に答えたいと思います。

■読者からの質問

テニス歴16年の男性です。
中学高校時代にはソフトテニスをしていて、大学に入ってから、同好会で硬式テニスを始めました。

当時はまだイースタングリップが主流だったのでウェスタンから、イースタングリップに直しました。
その後スクールで習い続け、社会人の試合にも出続けていて、スクールの上級にも入れるようになりました。
ただ、サーブ、ボレーはそこそこなのですが、イースタンのままのグリップでのストロークに自信がなく、
上級クラスでのストロークの非力さが気になっています。
そこで思い切って、せめてフォアのグリップをセミウェスタンに変えようと考えています。調子を崩すような無謀な考えででしょうか?

ご意見をお聞かせください。
●回答

ご質問ありがとうございます。

結論からいうと、ぜひセミウェスタングリップに変えてください。
(変えてチャレンジしてみてください。)

理由はいくつかあります。

1.セミウェスタンのほうが打点が前になるため、早いタイミングで打ち返せる(相手の時間が短くなる)

2.セミウェスタンのほうが、高い打点のボールを打ち返しやすい(現在のテニスはトップスピン主流のため打点が高くなりがち)

3.(あなただけの利点として)ソフトテニスの感覚で打てる

特に3番は大きい要素です。
ソフトテニス出身者のフォアハンドストロークは強烈です。

最近の硬式テニスは、ラケットの進化もあり、打ち方そのものがソフトテニスと非常に似てきました。

中国や台湾では、かなり前からソフトテニスの要素を硬式テニスに本格的に取り入れて成績を伸ばしている選手もいるそうです。

上級者レベルであれば、ソフトテニスの感覚で打てばおそらくそれほど時間もかからずに、硬式でも良いストロークが打てるようになるでしょう。

ただ、注意しておいていただきたいのは、ボールが単調になりやすという点です。

ソフトテニス出身者に多いのですが、ボールそのものは強烈なのですが、スピードや回転、ボールの高さが一定であるため、

慣れてしまえばあまり怖くはありません。

上級レベルであればなおさらですが、意識的にボールに変化をつける練習を普段からしておいてくださいね。

特に一番大切なのはボールの回転をコントロールすることです。

壁うちやショートラリーでボールの回転の感覚をしっかりつかんで、自在に回転量をコントロールできるように練習してください。

力強いスピードあるボールは、ゆるいボールがあってはじめて生きてきます。

がんばってください!

【硬式テニス】ショートラリー練習(ボールの回転)

ボールの回転を意識してコントロール力を高める最適な練習方法が、このショートラリー­練習になります。試合で緊張して打てなくなる・・・という人は、ぜひこの機会に手軽に­できて学ぶことが多いショートラリーをマスターしてください!

ショートラリーは初心者、上級者に関わらず、よく取り入れられる練習方法です。

この練習の目的のひとつは、ボールコントロール力を高めることです。

このとき、ボールにしっかりと回転をかけることが大切です。
ボールの上をこすりあげたり、下を切ったりしながら、トップスピンやスライス回転をか­けてみましょう。

ポイントは、ラケットは最後まで振り切ること。
ラケットを途中で止めてボールに当てるだけでは回転もかかりません。結局、腕を振る強­さでボールをコントロールすることになり、それではあまり意味がありません。(普段か­ら腕を振る強さだけでボールをコントロールしていると、緊張すると打てなくなってしま­います。)

しっかりラケットを振り切りながらも、相手コートのサービスライン内側へボールを収め­ることができれば、あなたのコントロール力は数段アップします。

ぜひ、試してみてくださいね!

【硬式テニス】ショートラリー練習(軌道とスピード)

ショートラリーは初心者、上級者に関わらず、よく取り入れられる練習方法です。

この練習の目的のひとつは、ボールコントロール力を高めることです。

まずは、ボールの軌道に注目です。ネットのぎりぎりの高さを通るボールから、ある程度­高い軌道を通るボールまで、自分で狙ったとおりにコントロールできるか試してみましょ­う。

このとき、ボールのスピードは「ゆっくり」すること。

ボールスピードが速くなってしまうひとは、ボールに対してラケットがフラットにあたり­すぎています。ボールをこすりあげる感覚や下を切り取る感覚で打ってみましょう。

ぜひ、試してみてくださいね!

サーブ、フォア、バック、ボレー、スマッシュ(小林コーチ)

マイテニ合宿関東(2007年5月26~27日開催)でのビデオレッスン用撮影に急遽­登場した、マイテニ小林正徳コーチのショット映像です。参考にしてください

サーブ、フォア、バック、ボレー、スマッシュ(岩崎)

マイテニ合宿関東(2007年5月26~27日開催)でのビデオレッスン用撮影に急遽­登場した、マイテニ岩崎のショット映像です。参考にしてください!

マイテニ合宿では1日目の締めに、ご覧のようなショット映像を撮影して、夜にコーチと­共に自分のショットを見ながらビデオレッスンを行っています!
自分のショットの良いところ、悪いところをコーチと共に確認しながら、2日目のレッス­ンでその効果を確認!っと、参加メンバーさんにも大好評です!
やはり、このように映像で自分のショットをチェックするのが、上達のポイントですね。

●サーブ
私は見てのとおり非力ですが、腕の力を全くいれなくてもこれくらいのサーブは誰でも打­てると確信しています。
ポイントは打った後(インパクト後)のフォロースルーを大きくとることです。
当てるだけのサーブになる人は、打った後のフォロースルーが小さい場合がほとんどです­。
あなたの場合と比べてみてくださいね。

●フォアハンドストローク、バックハンドストローク
フォアハンドは若干体に近い打点(私のクセ)ですので、本来はもう少し離していただく­のがよいでしょう。
バックハンドは我ながらお手本としては良いのでは?と思いますので、片手バックハンド­の方はぜひ真似してください。
(両手バックの方は、さくらコーチの映像を参考にしてくださいね。)

●フォアボレー、バックボレー
シンプル・イズ・ベスト!ですよね。あなたのボレーと比べてみてください。(無駄な動­きはほとんどないと思います。)
また自分にあった打点が確認できて、そこでボレーができるようになれば、あとはラケッ­トスイングでボールの軌道や深さなどいろいろな調節ができるようになります。あなたも­ワンランクアップ目指しましょう!

●スマッシュ
私の場合は、ラケットを振り出すタイミングを足でとっています。左足を少し前に動かす­と同時に振り出しています。
映像チェックしてみてくださいね。

上記の各ショットのさらに詳細説明は、らくらくテニスレッスン教材に、と~ってもわか­りやすく順を追って説明していますので、お持ちの方は、もう一度しっかり確認してみま­しょう。
持ってない方は、こちらへどうぞ。

フォアハンドストローク/後ろ

フォアハンドストローク後ろからのスイング映像です。ラケットを短く握ってサービスラ­イン上で打ち返す基礎練習です。体の向き、腕の使い方がわかります。体とボールとの距­離、フィニッシュの位置が確認できます。

フォアハンドストローク/正面

フォアハンドストローク正面からのスイング映像です。ラケットを短く握ってサービスラ­イン上で打ち返す基礎練習です。体の向き、腕の使い方が確認できます。

フォアハンドストローク/横

フォアハンドストローク横からのスイング映像です。ラケットを短く握ってサービスライ­ン上で打ち返す基礎練習です。打点、ラケットのスイング軌道が確認できます。

フォアハンドストローク/フィニッシュ位置と体の向き

フォアハンドストロークでのフィニッシュの正しい位置、ラケット面の向き、上半身の向­きについてです。フィニッシュが乱れる人はスイングが安定せず、ボールも安定しません­。逆にフィニッシュが安定する人は、ナチュラルなスイングで安定したボールを打てる人­です。あなたにあったフィニッシュを身につけましょう。

フォアハンドストローク/正しい打点の見つけ方

フォアハンドストローク(セミウエスタングリップ)での力が入りやすい正しい打点の見­つけ方です。正しい打点はその人の体格やグリップの握り方によっても異なります。力を­入れなくても強いボールを飛ばせるあなただけの正しい打点の見つけ方を学びましょう。

正しい打点を見つけるには、友人にラケット面を手で押してもらって確かめるのが最も簡­単で確実です。ひとりで確認する場合は、ネットやフェンスにラケット面を押し付けて確­認すると良いでしょう。

なお、確認するときの注意点が2つあります。

1.肘にゆとりがあること
2.ラケット面全体がまっすぐ前を向いていること

以上2点です。

特に手首が反り返ってしまい、手首が前に突き出てラケットの先端が後ろに押されている­ような状態では正しい打点は見つけられません。

ラケット面全体がまっすぐ前を向いていて、自分の体と並行になるよう気をつけてくださ­いね。(フェンスやネットにラケット面を押し付ける場合は、ラケット面全体が、きちん­とフェンスに着面している状態が正しい状態だと理解してください。)