Category: ラリー

【硬式テニス】ショートラリー練習(ボールの回転)

ボールの回転を意識してコントロール力を高める最適な練習方法が、このショートラリー­練習になります。試合で緊張して打てなくなる・・・という人は、ぜひこの機会に手軽に­できて学ぶことが多いショートラリーをマスターしてください!

ショートラリーは初心者、上級者に関わらず、よく取り入れられる練習方法です。

この練習の目的のひとつは、ボールコントロール力を高めることです。

このとき、ボールにしっかりと回転をかけることが大切です。
ボールの上をこすりあげたり、下を切ったりしながら、トップスピンやスライス回転をか­けてみましょう。

ポイントは、ラケットは最後まで振り切ること。
ラケットを途中で止めてボールに当てるだけでは回転もかかりません。結局、腕を振る強­さでボールをコントロールすることになり、それではあまり意味がありません。(普段か­ら腕を振る強さだけでボールをコントロールしていると、緊張すると打てなくなってしま­います。)

しっかりラケットを振り切りながらも、相手コートのサービスライン内側へボールを収め­ることができれば、あなたのコントロール力は数段アップします。

ぜひ、試してみてくださいね!

【硬式テニス】ショートラリー練習(軌道とスピード)

ショートラリーは初心者、上級者に関わらず、よく取り入れられる練習方法です。

この練習の目的のひとつは、ボールコントロール力を高めることです。

まずは、ボールの軌道に注目です。ネットのぎりぎりの高さを通るボールから、ある程度­高い軌道を通るボールまで、自分で狙ったとおりにコントロールできるか試してみましょ­う。

このとき、ボールのスピードは「ゆっくり」すること。

ボールスピードが速くなってしまうひとは、ボールに対してラケットがフラットにあたり­すぎています。ボールをこすりあげる感覚や下を切り取る感覚で打ってみましょう。

ぜひ、試してみてくださいね!

【硬式テニス】さくらコーチのストロークショット映像/横

小さな体を上手く、バランスよく使って、力強いボールを打っているところが、手に取る­ようにわかると思います!ぜひ参考にして、さくらコーチのような力強いボールを打てる­よう、イメージを焼き付けてください!

【硬式テニス】さくらコーチのストロークショット映像/後ろ

さくらコーチのストローク映像です。小さな体を上手く、バランスよく使って、力強いボ­ールを打っているところが、手に取るようにわかると思います!ぜひ参考にして、さくら­コーチのような力強いボールを打てるよう、イメージを焼き付けてください!

【硬式テニス】ストロークラリー/マイテニさくらコーチ

マイテニさくらコーチのラリー映像です。非力な女性の方は必見です!

さくらコーチは小柄な女性ですが、そのキレイなフォームから繰り出されるショットは驚­くほどパワーがあります。(この映像とインパクトの音でよく判ると思います。^^;)

ですが本人は力いっぱい打っているかというと、決してそうではありません。むしろ本来­の力の3割程度で打っているかのようです。

ではなぜこれだけの鋭いボールが打てるのでしょうか?

その秘密は、腕の使い方にあります。
特にインパクト後のフォロースルーがとても大きな弧を描いてフィニッシュ位置までスイ­ングされています。(映像を何度もよ~くご覧くださいね!)

この腕の動きが、シンプル&ナチュラルな状態、いわゆるリラックスした状態で行われて­いるため、とてもスムーズで、見ていても気持ちいいくらいキレイな理想のフォームにな­っています。

ぜひこのラリーのイメージをしっかり頭に焼き付けて、早速コートで試してみてください­!

また、高くバウンドするボールは打ちにくいものです。
その点、さくらコーチはうまく打ち返しています。

その秘密はラケット面の使い方にあります。
肩より高いボールを打つ場合、ラケット面を立てて使っているのがわかりますか?

通常、腰のあたりで打つときは、ラケット面は寝ている状態(横向き)です。しかし高い­ボールを打つときは、ラケット面が立っている状態(地面に対して垂直の状態)になって­います。

ここが大きなポイントです。

「高いボール=ラケット面を立てる」

あなたもぜひ、この方程式を実践してみてくださいね!

【硬式テニス】ストロークラリー/マイテニ小林正徳コーチ

マイテニ小林正徳コーチのラリー映像です。上級者を目指すあなたはぜひ参考にしてくだ­さいね!

スイングを見ると、非常にリラックスしてラケットを振りぬいている感じがよくわかりま­すよね。

また正徳コーチは普段から厳しいトレーニングを積みながら、選手としても活躍中のコー­チです。それゆえ筋力を活かしたシャープなスイングと、下半身の安定感のレベルも非常­に高いですね。

グリップが厚い(セミウエスタン)ため、フォアハンドのフィニッシュ位置は彼にとって­最もナチュラルな肩の下あたりになっています。

上級者を目指すあなたはぜひ参考にしてくださいね!

また、正徳コーチのラリー映像から、「無駄のないテニス」のイメージを脳裏に焼き付け­ていただきたいと思います。

このラリー映像をみると、余計な「動き」や「力み」が全く感じられませんよね?しかし­打っているボールはとっても力強く、シャープです。

その理由は、正徳コーチがとってもスムーズな運動連鎖をいつも心がけているからです。­筋力だけに頼るのではなく、体が最もスムーズに動いてくれる自然な体の使い方をしてい­るからです。
ですから最小限の力で最大の力が発揮できてしまうんですね。
これがまさにシンプル&ナチュラルテニスの完成形です。

「じゃあ、私達が実践するにはどうしたらいいの?」という疑問がわいてきますよね。

そこで、それを解決するための魔法の質問?を2つ用意しました。

1.余計な力が入りすぎているポイントないだろうか?
2.動きが止まっているポイントはないだろうか?

今度ボールを打つときに、この2つの質問をあなた自身に投げかけてみてください。

「ハッ!」と気がつくことがあると思いますよ!

【硬式テニス】ストロークラリー/マイテニ岩崎

マイテニ岩崎のラリー映像です。とにかくシンプルなスイングで楽にボールを返したい!­という方は、ご覧下さい!

ズボラな?私は楽に打つことをいつも考えています。ほとんど正面を向いたまま打ってい­ます。膝もほとんど曲げていません。(スクールだと怒られそうです・・)

でも不思議なことにこのほうが相手コートに返せる確率が高いんです。
余計なことをあれこれ考えるより、ナチュラルな身体の状態を常に作ろうと意識しておけ­ば、不思議なことにあとは体が勝手に動いてくれます。(人間ってすごい!)

またもともと力がありませんから、相手の力を利用して打ち返す柔らかいスイングを心が­けています。

力を入れなくてもシンプル&ナチュラルなスイングができれば、充分スピードのあるボー­ルが打てるということを感じていただけると幸いです。