Tag: ショートラリー

ショットの安定と集中力を高める練習法

今回は、ショットの安定と集中力を高めるオススメの練習法をご紹介しましょう。
今日、ご紹介するのはストローク練習法です。
今回ご紹介する練習法は、すべてのショットの基本となるシンプルなものですが、上級者やコーチが普段自分たちの練習として行っているものです。それだけ効果が高いということです。実はこれ、過去にマイテニ1DAY強化レッスンでも行いました。

参加者の皆さんも、
基本を長時間じっくりと練習する機会を与えていただいて非常に良かった。」
普段ひとつひとつのことをこんなに時間をかけて練習することが無いので、基礎練習の大切さを再認識できました。」
と大変喜んでいただけたようです。
さっそく次の日の練習や試合で効果が出たと数名の方からご連絡いただきました。

では、さっそくその練習法をご紹介しましょう。
基本的には2人いればできる練習法です。(ひとりの場合は、壁うちでもある程度可能です。)

■ストローク練習(1時間バージョン)
・ミニストロークラリー
1.ネットをはさんで、お互いサービスライン上に立ちます。

2.ゆっくりとしたボールでミニラリーを行います。
このとき、相手コートのサービスラインとネットの中間地点に
ボールが落ちるように意識してラリーを行います。
ボールの軌道は、ネットの倍の高さよりも少し低めを通るように意識します。
できる人はネットすれすれにチャレンジ)

3.まずは、お互いフォア同士で続けます。(約5分)

4.次に、バック同士で続けます。(約5分)

5.最後に、フォア、バック混ぜて続けます。(約5分)

・ミドルストロークラリー
1.ネットをはさんで、お互いサービスラインとベースラインの間に立ちます。

2.ゆっくりとしたボールでミドルラリーを行います。
このとき、相手コートのサービスライン上にボールが落ちるように
  意識してラリーを行います。
ボールの軌道は、ネットの倍の高さよりも少し高めを通るように意識します。

3.まずは、お互いフォア同士で続けます。(約5分)

4.次に、バック同士で続けます。(約5分)

5.最後に、フォア、バック混ぜて続けます。(約5分)

・ストロークラリー
1.ネットをはさんで、お互いベースライン上に立ちます。

2.ゆっくりとしたボールでラリーを行います。
このとき、相手コートのサービスラインとベースラインの中間地点
ボールが落ちるように意識してラリーを行います。
ボールの軌道は、ネットの倍の高さよりも余裕を持って高いところを
通るように意識します。

3.まずは、お互いフォア同士で続けます。(約5分)

4.次に、バック同士で続けます。(約5分)

5.最後に、フォア、バック混ぜて続けます。(約5分)

以上でメニューは終了です。

とってもシンプルですよね?

この練習法はとっても地味な練習で生徒さんはあまり喜ばないのでテニススクールではあまりやらないと思います。(^^;)
でもどのレベルの人にとっても本当に学べることが多い貴重な練習方法です。

ある程度中上級レベルになると、「普段から仲間とこういう練習をやってるよ。」という人も多いのですが、頭打ちになっている人は、どういう意識を持って取り組んでいるか?」という点を改めて見直してみてください。

たとえば、ボールの落下地点はどうでしょう?
5分間のラリーの中で、どれくらいの確率で指定した地点にボールを落下させることができているでしょうか?
上級者であればあるほど、ほぼ完璧に落下地点へ運ぶことが出来ます。

またボールの軌道はどうでしょう?
ほぼ完璧に自分の思う高さにボールを運べているでしょうか?
実際に、ネットの倍の高さにロープを張って練習をしてみてください。目標物ができると意識は随分かわります。

実はこの練習を通して、終始、「集中力」が必要になります。

ちょっとでも集中力を切らすと、ボールはあっという間にあちこちへ散らばります。逆に言うと、同じことを地味に繰り返すだけのこの練習を完璧にこなすことが出来れば、知らぬ間に、集中力が身につくというわけです。

私も今回、レッスン前のシュミレーションでコーチ同士でこの練習を行いましたが、集中が続くと、ある種のトランス状態に入りそうになります。「無」の状態で延々とボールを打っている自分がいるのを客観的に感じました。
そこまでいくと体はシンプル&ナチュラルに動いてくれます。

ぜひあなたもトランス状態?目指してがんばってみてくださいね!

あなたのテニス上達を応援しています。

ボールタッチの感覚を磨く練習法

今日はテニス上達には欠かせない「ボールタッチ」の感覚を磨く練習方法をご紹介しましょう。

「ボールタッチ」という言葉を初めて聞いたかたもいらっしゃるかもしれません。

「ボールタッチ」とは、文字通り「ラケットでボールに触れる」ことで、この感覚が優れている人はどんなボールがきても、自分の思ったところへ思ったスピードでボールを返せます。つまりボールコントロール力が高くなるということです。

たとえば、マッケンロー選手(古っ!)。
今やプレーを見る機会がないので、参考にならないかもしれませんが、マッケンローはボールタッチが非常に優れている選手のひとりではないかと思います。言葉で説明するのは難しいのですが、ラケットにボールが吸い付くように受けとめて、どんなボールも返してしまう選手です。

ほかにも身近な例をあげると、相手の早いリターンをポーチにでて、それをネット前にポトンとドロップボレーする人。
これだけでは一概にいえませんが、これもボールタッチが優れているわかりやすい例かもしれません。

またショートラリーも同じです。
緊張してしまう、力が入ってしまう、イメージができない、などなど、みなさんそれぞれに悩みをもってらっしゃいますが、これもボールタッチの感覚を磨くことで、解決できることが多いです。

こんなふうに、テニス上達にはとても大切なボールタッチの感覚ですが、普段の練習では意識することもなく、あまり教えられませんので、この機会に簡単な練習方法をご紹介しましょう。

まず、最も簡単な自分でできる練習法です。

1.ボールを真上に高く打ち上げます。
2.落ちてくるボールをラケット面に当てます(ラケット面は上向きです)。
3.ボールがもう一度上にあがります。
4.落ちてきたボールをラケットを持っていない手のひらで受けます。

これだけです。

このとき、ポイントは2つ。

「3」でボールがもう一度上にあがるときに、できるだけボールの高さが低くなるように挑戦してください。

それから
「4」でボールを手のひらで受けるときに、できるだけ自分は一歩も動かずに受け取れるように挑戦してください。

どちらもラケットにボールが当たるときに、自分の力でボールをはじき返すのではなく、一旦、優しく受け止めて相手のボールの力を使って打ち返すことが大切です。

これはテニス全体に通じるものすごく大切な考え方だと思います。

ボールをコントロールするというと、多くの人が「自分の力でコントロールする」という感覚を抱くと思いますが、実はそれには限界があります。ゆっくりとしたボールならコントロールできますが、自分よりも速いボールや重いボールになってくると力負けしてコントロールできなくなります。

しかし、相手の力を利用して打ち返す感覚を磨いていけば、そこには限界がありません極端にいえばどんな相手と対戦しても主導権を握れる可能性があるわけです。

これが「ボールタッチ」を磨く考え方のポイントです。

さらに、ショートラリーにもこの要素を取り入れてみましょう。

※ショートラリーがわからない方は、こちらの動画をまずご覧ください。


1.相手のボールがワンバウンドして手元にきたら、そのまま打ち返さずにラケット面を上向きにして、一旦ボールを自分の頭くらいの高さまで打ち上げる。
2.そのまま自分の足元でバウンドさせてから、それを打ち返す。
3.これを毎回繰り返す

このときもポイントは、「2」で自分ができるだけ動かなくてもよい位置(体の少し前あたり)にボールをバウンドさせることです。

この練習をすることで、相手の回転のかかったボールを受け止めてコントロールするタッチの感覚が磨かれます。

また一旦自分の足元へバウンドさせることで、回転とスピードがほとんどなくなりますから、ショートラリーが苦手な人は、いつもよりも相手コートへ打ち返しやすくなります。(自分のペースで打ち返せます)

最終的に上記の練習が問題なくできるようになってくれば、ボールを一旦受け止めずに、いつものように直接ショートラリーをしてください。

きっとボールタッチの感覚が磨かれているので、いつもよりもショートラリーが続くようになると思います。

以上、ボールタッチを磨く練習法、いかがでしたでしょうか?

ボールタッチを磨くには、とにかくボールにたくさん触って、ボールと友達になる!ことが大切です。工夫をすればいくらでも練習法があると思います。

あなたのテニス上達を応援しています。

【硬式テニス】ショートラリー練習(ボールの回転)

ボールの回転を意識してコントロール力を高める最適な練習方法が、このショートラリー­練習になります。試合で緊張して打てなくなる・・・という人は、ぜひこの機会に手軽に­できて学ぶことが多いショートラリーをマスターしてください!

ショートラリーは初心者、上級者に関わらず、よく取り入れられる練習方法です。

この練習の目的のひとつは、ボールコントロール力を高めることです。

このとき、ボールにしっかりと回転をかけることが大切です。
ボールの上をこすりあげたり、下を切ったりしながら、トップスピンやスライス回転をか­けてみましょう。

ポイントは、ラケットは最後まで振り切ること。
ラケットを途中で止めてボールに当てるだけでは回転もかかりません。結局、腕を振る強­さでボールをコントロールすることになり、それではあまり意味がありません。(普段か­ら腕を振る強さだけでボールをコントロールしていると、緊張すると打てなくなってしま­います。)

しっかりラケットを振り切りながらも、相手コートのサービスライン内側へボールを収め­ることができれば、あなたのコントロール力は数段アップします。

ぜひ、試してみてくださいね!

【硬式テニス】ショートラリー練習(軌道とスピード)

ショートラリーは初心者、上級者に関わらず、よく取り入れられる練習方法です。

この練習の目的のひとつは、ボールコントロール力を高めることです。

まずは、ボールの軌道に注目です。ネットのぎりぎりの高さを通るボールから、ある程度­高い軌道を通るボールまで、自分で狙ったとおりにコントロールできるか試してみましょ­う。

このとき、ボールのスピードは「ゆっくり」すること。

ボールスピードが速くなってしまうひとは、ボールに対してラケットがフラットにあたり­すぎています。ボールをこすりあげる感覚や下を切り取る感覚で打ってみましょう。

ぜひ、試してみてくださいね!