Tag: スマッシュ

ロブ&スマッシュ上達のためのシンプル練習法

今回は、ロブVSスマッシュの練習方法をご紹介します。

ロブやスマッシュが苦手な人も多いと思います。
テニススクールでもそんなに練習に時間を割かないので、練習の機会も少ないでしょう。

でも強い人ほど、ロブとスマッシュはとっても上手です。
それほど大切なショットだと認識してください。

そんなあなたでもできるシンプルな練習方法は次の通りです。(2名1組で行います。)

■ロブVSスマッシュ練習(60分バージョン)
・ロブVSハイボレー
 1.ネットをはさんで、ロブ側はサービスライン上に、スマッシュ側はサービスラインとネットの間に立ちます。

2.ロブ側はゆっくりとしたボールで低めのロブをあげます。
相手が前後左右に動かなくても良いようなロブを毎回的確にあげるように意識してください。

3.スマッシュ側はスマッシュの打点をイメージして頭より上の打点でハイボレーで返します。
(スマッシュのようにラケットを振り下ろさず、打点でラケットを止めるつもりで打ってください。)
スマッシュ側は、相手コートのサービスラインとネットの中間地点にボールが落ちるように意識します。

4.ロブVSハイボレーでラリーを続けます。(約10分)

・ロブVSスマッシュ
 1.ネットをはさんで、ロブ側はサービスラインとベースラインの間に、スマッシュ側はサービスラインとネットの間に立ちます。

2.ロブ側はゆっくりとしたボールで中ぐらいのロブをあげます。
相手が前後左右に動かなくても良いようなロブを毎回的確にあげるように意識してください。

3.スマッシュ側はスマッシュの打点をイメージしてスマッシュで返します。
(思い切り打つのではなく、ゆっくりラケットを振り下ろす程度で打ってください。)
スマッシュ側は、相手コートのサービスライン上にボールが落ちるように意識します

4.ロブVSスマッシュでラリーを続けます。(約10分)

・ロブVSスマッシュ
 1.ネットをはさんで、ロブ側はベースライン上に、スマッシュ側はサービスライン上に立ちます。

2.ロブ側はゆっくりとしたボールで高めのロブをあげます。
相手が前後左右に動かなくても良いようなロブを毎回的確にあげるように意識してください。

3.スマッシュ側はスマッシュの打点をイメージしてスマッシュで返します。
(思い切り打つのではなく、ある程度軽い力で振り切る程度で打ってください。)
スマッシュ側は、相手コートのサービスラインとベースラインの間にボールが落ちるように意識します。

4.ロブVSスマッシュでラリーを続けます。(約10分)

最後に、ロブ側とスマッシュ側がいれかわって、もう一度最初から練習メニューをこなします。(30分)

練習は以上です。
きわめてシンプルですが、ここでもそれぞれロブ側、スマッシュ側が何を意識して練習するかがとても大切です。

まずロブ側が意識するポイントは、
「スライスロブの高さと深さの感覚」
です。

この練習では基本として最も安定性の高いスライスロブを身につけてもらいます。
グリップの握り方や打ち方はボレーとほぼ同じで、あとは天井にむかってボレーをするような感覚で打てばきれいにスライスロブがあがります。

とはいえ、普段はロブの練習はほとんどしませんから、いきなりベースラインからロブをあげようとしてもうまくいかない人も多いと思います。

でもこの練習であれば、ゆるいボールでネット近くからロブを上げる練習をするので、どのくらいの高さにあげればどれくらいの深さにボールが落下するのか?という感覚がよくわかります。

またスマッシュのスピードを徐々にあげてもらうことで、相手のボールのスピードによってどれくらいの強さで打ち返せばよいかの感覚もよくわかるようになります。

次にスマッシュ側が意識するポイントは、
「ボールの回転」
です。

一般的には、スマッシュにスライス回転やスピン回転がかかってしまう人が多いようです。
しかしこれでは威力が落ちたり、コースが微妙にずれたりしますので、基本としてフラット回転のスマッシュを打てるようになっておくことはとても大切です。

そこで、最初にハイボレーで返す練習のときに、ボールに対してできるだけ「フラット」にラケット面を当ててください。
ボールに対してフラットにラケット面を当てると、あなたが打ったボールは、ほぼ無回転になるのがよくわかります。
(逆に、スライス面で当たっていると、ボールは横回転しながら飛んでいきます。)

ロブ側が後ろへ下がって、あなたが徐々にスピードあるスマッシュを打っていくときにもボールの回転がフラットになるよう意識してください。

そうすれば、対して力をいれなくてもスピードあるスマッシュが打てるようになります。

いかがでしょう?

他にも意識するポイントはたくさんありますので、あなたなりにアレンジして意識するポイントを変えて練習してみると、さらなる上達につながります。

上級者やコーチもこの練習を取り入れています。
30分間ロブを上げ続けたり、スマッシュを打ち続けたりすればあなたのテニスがどれだけ上達するか?

驚きの体験ができると思います。もちろん自信もつきますよ!

がんばってくださいね!

サーブ、フォア、バック、ボレー、スマッシュ(小林コーチ)

マイテニ合宿関東(2007年5月26~27日開催)でのビデオレッスン用撮影に急遽­登場した、マイテニ小林正徳コーチのショット映像です。参考にしてください

サーブ、フォア、バック、ボレー、スマッシュ(岩崎)

マイテニ合宿関東(2007年5月26~27日開催)でのビデオレッスン用撮影に急遽­登場した、マイテニ岩崎のショット映像です。参考にしてください!

マイテニ合宿では1日目の締めに、ご覧のようなショット映像を撮影して、夜にコーチと­共に自分のショットを見ながらビデオレッスンを行っています!
自分のショットの良いところ、悪いところをコーチと共に確認しながら、2日目のレッス­ンでその効果を確認!っと、参加メンバーさんにも大好評です!
やはり、このように映像で自分のショットをチェックするのが、上達のポイントですね。

●サーブ
私は見てのとおり非力ですが、腕の力を全くいれなくてもこれくらいのサーブは誰でも打­てると確信しています。
ポイントは打った後(インパクト後)のフォロースルーを大きくとることです。
当てるだけのサーブになる人は、打った後のフォロースルーが小さい場合がほとんどです­。
あなたの場合と比べてみてくださいね。

●フォアハンドストローク、バックハンドストローク
フォアハンドは若干体に近い打点(私のクセ)ですので、本来はもう少し離していただく­のがよいでしょう。
バックハンドは我ながらお手本としては良いのでは?と思いますので、片手バックハンド­の方はぜひ真似してください。
(両手バックの方は、さくらコーチの映像を参考にしてくださいね。)

●フォアボレー、バックボレー
シンプル・イズ・ベスト!ですよね。あなたのボレーと比べてみてください。(無駄な動­きはほとんどないと思います。)
また自分にあった打点が確認できて、そこでボレーができるようになれば、あとはラケッ­トスイングでボールの軌道や深さなどいろいろな調節ができるようになります。あなたも­ワンランクアップ目指しましょう!

●スマッシュ
私の場合は、ラケットを振り出すタイミングを足でとっています。左足を少し前に動かす­と同時に振り出しています。
映像チェックしてみてくださいね。

上記の各ショットのさらに詳細説明は、らくらくテニスレッスン教材に、と~ってもわか­りやすく順を追って説明していますので、お持ちの方は、もう一度しっかり確認してみま­しょう。
持ってない方は、こちらへどうぞ。

スマッシュ/後ろ


スマッシュ後ろからの映像です。ラケットを短く握って正しい打点でラケット面(スイー­トスポット)にしっかり当てる基礎練習です。頭の後でのラケットの動き、ラケット面の­向きが確認できます。

スマッシュ/正面


スマッシュ正面からの映像です。ラケットを短く握って正しい打点でラケット面(スイー­トスポット)にしっかり当てる基礎練習です。体の向き、腕の使い方、フィニッシュ位置­が確認できます。

スマッシュ/横


スマッシュ横からの映像です。ラケットを短く握って正しい打点でラケット面(スイート­スポット)にしっかり当てる基礎練習です。打点、ラケットのスイング軌道が確認できま­す。

スマッシュ/打点


最も力が伝わるスマッシュの打点の見つけ方です。テニススクールでは「できるだけ高い­ところで取りましょう。」と言われますが、決して高い打点=力の入る打点ではありませ­ん。力が効果的に伝わるあなたにあった打点を見つけましょう。

スマッシュ/フィニッシュのラケット位置、軌道

スマッシュのフィニッシュ位置、ラケット面の向き、スイング軌道についてです。力まか­せに思い切りラケットを振り下ろすのではなく、最後までラケットの重さを感じながらナ­チュラルな体の使い方をすればおのずとフィニッシュ位置は定まります。無理のないフィ­ニッシュを身につけましょう。

スマッシュ/ラケットの動き その2 フォロースルー


インパクト(打点)後のラケットの動きについてです。手首のスナップを効かせて思い切­り叩きつけるスマッシュのイメージを持っている人は、腕に力が入りすぎてミスが多くな­ります。そうではなく、ラケットの重さを感じながらナチュラルにラケットヘッドを返す­方法をお伝えします。

スマッシュ/ラケットの動き その1

ラケットを肩に担いでからインパクト(打点)までのラケットの動きについてです。力を­入れなくても自然に力強いスマッシュが打つ秘訣はプロネーションという腕の動きにあり­ます。これをシンプルにわかりやすくお伝えします。