Tag: メンタル

モチベーションを保つ秘訣とは?その2

前回は、モチベーションを保つ秘訣①として、モチベーションを高めるときのスピードについてご紹介しました。
今回は二つ目の秘訣をご紹介しましょう。

先日いただいた質問に、

自分は試合で負けるととてもくやしくて練習を頑張ろうという気持ちになるけどすぐに冷めてしまいます。

モチベーションを保つにはどうすればいいですか?

とありましたが、実は根本的に改善しなければいけない点があります。それが二つ目の秘訣、「モチベーションの源泉」です。

モチベーションの源泉とは、あなたのモチベーションを高める原因です。

この方の場合、「試合に負けて悔しい」ということがモチベーションの源泉になっていますが、これが大きな落とし穴なのです。

試合に負けて悔しいから、頑張って練習をするということ自体は、一見、良いことのようですが、実は「試合の勝敗」という自分ではコントロールできない事象によって感情的に左右されていることが問題なのです。


特にテニスの場合、あなたがいかに良いプレーをしても、相手がそれを上回れば、あなたは負けます。逆にあなたがミスを連発しても、相手があなたを上回るミスをすれば、あなたは勝ちます。


つまり試合の勝敗はあくまで結果であり、あなたが完全にコントロールすることはできません。

モチベーションの維持という観点でみると、あなたが完全にコントロールできない事象に感情的に左右されてしまうというのは、非常に危険です。
そんなことでいちいちモチベーションがあがったり、さがったりしていては大変です。

逆に言えば、あなたが完全にコントロール事象にのみ集中し、そこにモチベーションの源泉を求めることがプロのアスリートです


では、具体的にどうすればよいのでしょう?

答えは、「自分のプレイの完成度」に集中することです。

自分がいかに良いプレイ、納得できるプレイ、前回よりも良いプレイができたかに焦点を絞り、そこにモチベーションの源泉を求めるのです。


日本人には道を極めるという考えがあります。
私も華道を習っていますが、実は華道の世界にはゴールというものがありません。続ける人は、当たり前のように何十年も習い続けます。

あなたは、終わりが見えないことをやり続けることなんてできない!と思うかもしれません。

でも実はちがいます。

そこには目先の勝敗のように短期的な楽しさを求めるものとは違う次元の世界が広がっているのです。

これを実践して結果を出している代表選手が、イチローです。

イチローの目標は、毎年200本安打と思われていますが、実は違います。
彼は、目の前の1球1球を自分がイメージするとおりに打ち返すことだけに集中して、それを目標にしています
彼の発言を聞いていると、ヒットが打てたから喜ぶのではなく、ヒットが打てても自分がイメージしているものと違うヒットであれば、まったく喜んだ表情を見せません。逆にアウトになっても、自分が納得できる打球であれば、満足しているのです。

勝ち負けにこだわって、勝つことに目標設定すると、勝つとモチベーションはなくなります。
負けると勝てない理由を探してモチベーションが下がります。

しかし自分のプレイの完成度に目標設定すると、あくなき挑戦が続くのです。つまりモチベーションが長く保たれるのです。

ゴールまでの道は長く見えませんが、そのプロセスを苦しみながらも楽しんで、自分を磨くことが本当のモチベーション維持の秘訣なのです。

いかがですか?
あなたの考え方が180度変わりましたか?

すぐに頭を切り替えるのは難しいかもしれませんが、まずは1つずつで結構ですから、自分のプレイに集中して試合をしてみましょう!

モチベーションを保つ秘訣とは?その1

読者からの質問:

自分は試合で負けるととてもくやしくて練習を頑張ろうという気持ちになるけどすぐに冷めてしまいます。モチベーションを保つにはどうすればいいですか?

回答:
ご質問ありがとうございます。

試合で負けて悔しくて悔しくて・・・次は悔しい思いをしたくないから、歯を食いしばって厳しい練習に励む・・・青春ですね!

とはいえ、きれいごとではなく、ご質問にあるように、最初は悔しさというモチベーションがあるので頑張れるけれども、熱がすぐに冷めてしまって、「やっぱり自分には無理だ・・・」とか「どうせ練習してもあいつには勝てないし・・・」というのは誰にでも経験があることだと思います。

では、どうすればモチベーションを保つことができるのでしょうか?

その前に、まずモチベーションについて考えて見ましょう。

モチベーションとは、「人が行動する動機、やる気」のことをさします。

モチベーションが高いほうがいいか?低いほうがいいか?という質問をすると、多くの人が「高いほうがいいに決まっている!」と答えます。

もちろん、モチベーションが高いに越したことはないのですが、実はそのプロセスに2つの大きな落とし穴があります。

まずひとつ目は、モチベーションを高める「スピード」の問題です

多くの人がモチベーションは高いほうがいいと考えるので、なんとかモチベーションを少しでも「はやく」高めようと努力します。

しかしモチベーションは人の感情ですから、急激にモチベーションを上げようとすると、必ずその反動があります。

急激に高揚したモチベーションの後には必ず感情を抑制する力が働いて、モチベーションが急激に低く落ちます。

だから質問にもあったように、試合に負けて悔しくて悔しくて一時的にモチベーションがガーっとあがるけれども、その後に、フッと気が抜けたようにやる気がなくなってしまう。。。というのは、人間の感情としては、極めて正常であるということなのです。

ですから、モチベーションを保つには、モチベーションを急いで高くしないこと!」がとても大切なのです

熱しやすく冷めやすい人は、自分のモチベーションを高めるときの「スピード」に着目してみてください。

急激にモチベーションが上がりやすい人は意識的にスローダウンすることを心がけてみましょう。

コツはモチベーションがあがりだした!と思ったときに、モチベーションがあがっている自分を一歩離れた場所から第三者としてみている姿をイメージすることです。
そうすることで、冷静に自分を見つめることができます。

ぜひ試してみてくださいね。

では次回はもうひとつの落とし穴についてお話しましょう。お楽しみに!

テニス上達の3ステップ(3.実行)

前回は第2ステップとして、階段の設計についてご紹介しました。今回は、第3ステップです。

第3ステップは一番大切な「実行」の段階です。

計画が決まって「あとは実行あるのみ!」と調子よくいけばいいのですが、この「実行」の段階は意外と難しいですよね。ここでつまづいた経験がある人も多いと思います。

そこで、今回はきちんと実行するためのコツをご紹介しましょう。

前回、第2ステップで目標達成のための階段を設計しました。
→ 第2ステップ

階段を設計することで、最終目標に到達するための小目標が順番に設定されました。

1.まず最初は、階段の1段目にあたる小目標を見て、その目標を達成するためにできることをすべて書き出してみてください。

たとえば、「スクールの中級クラスにあがる」という小目標があったとしたら、その目標達成ためにできることを書き出してみましょう。全部です。

・毎週、フォアハンド、バックハンドストロークで壁うち練習をやる。100回続ける。
・週3回、サーブトスの練習を50回する。
・週3回、フォアハンド、バックハンドの素振りを100回する。
・週1回、友人とテニスコートを借りて、ラリー練習をする。
・週3回、オートテニスにいってボールを打つ。
・テニス雑誌を立ち読みする
・マイテニTVの動画(ストローク)を見る
などなど。

このときも、内容はできるだけ具体的に、そして評価できる指標(数字)を盛り込んでおくことを忘れずに。

2.では次に、それをすべてスケジュールに落とし込んでください

いつかやろう!では、いつまでたっても達成はされません。具体的にやることをスケジュール帳に書き込みましょう。
そしてその時間を死守して、実行に移してください。

最初に決めた大目標の達成期日があるはずですから、それに間に合うようにどんどんスケジュールにいれていってくださいね。

ポイントは、練習を無意識化・習慣化してしまうことです。

あたかも日常生活の一部のように習慣にしてしまうことほど、強力なものはありません。
最初は意識しながらになりますが、続けていれば習慣となります。

3.さあ、これで安心!と思いますが、最後にもうひとつ、とっても大切なことがあります。

それは、常に「なぜ」を意識することです。

普段の練習を続けていると、うまくいかないときや頭打ちになったとき、どうしてもモチベーションが落ちることがあります。
そんなときはもう一度、最初に立てた大目標を思い出して、そして、

「なぜ、私はこの目標を達成したいのだろう?」

ともう一度自分に、自問自答してみてください。
あなたの熱い思いをもう一度、思い出してください。

人が自発的に動くのは、「何をするか?」が明確になったときではなく、「なぜするか?」が明確になったときです。

「何をするか?」よりも「なぜするか?」が大切です。

常に「なぜ、私はテニスがうまくなりたいのだろう?」という質問を自分に投げかけてください。

自然とあなたのモチベーションはあがって、練習にも精が出るはずです。

さあ、いかがでしたか?
これであなたも上達目指してがんばれる方法を手に入れました。

まずは1ヶ月、1週間だけでもいいですから、行動を起こしてみましょう。

千里の道も一歩から。

マイテニはあなたの一歩を応援します!

テニス試合の緊張を和らげるプロ選手も使う方法とは?

テニス試合になると緊張してしまう。。。テニス愛好家によくある悩みのひとつです。
今回はそんな緊張を和らげる方法をご紹介しましょう。

私も久しぶりに一般の試合に出るときは、はっきりいって緊張します。

もともと試合で緊張するタイプではなく、むしろ楽しめる派なのですが、それでも久しぶりとなると、試合の独特の緊張感に少し力んでしまいます。

そんなときにふと思い出したのが、現役時代に試合の緊張を和らげるために使っていた方法です。

これを使えばいらぬ緊張がとけて、よいコンディションで試合に臨むことができます。

では、その方法とは??

答えは、「チェックリスト」です。

なぞを解くために、まずは緊張するメカニズムを考えて見ましょう。

人が不安になって緊張するのは一体どんなときでしょう?

それは「立ち止まって頭の中で考えているとき」です。

例えば、あなたがこれからスカイダイビングに初めて挑戦するとしましょう
一番緊張するのはいつでしょう?

そう、飛び降りる直前までです。

飛行機に乗って地上を離れ、上空へ上がっていくにつれて、あなたの頭を不安がよぎり、緊張はピークに達します。

でもいったん飛び降りてしまえば、緊張はなくなり、あっという間に地上へ到達します。

テニスでも同じで、これからサーブを打つぞ!とか、これからレシーブを受けるぞ!という各ポイントの直前に緊張がピークに達するわけで、いったんプレーが始まってしまうと緊張どころではなくなります。

つまり、余計なことを考える時間があるから、人は不安になって緊張するのです。

それならば逆転の発想で、「余計なことを考える時間をなくしてしまえばいい!」のです。

それが「チェックリスト」です。

使い方は簡単。
あなたなりのチェックリストをあらかじめ作っておいて、試合中の各ポイントの直前にそれを実行するのです。

例えば、自分がサーブのときは次のようなチェックリストを作って毎回必ず実行します。

1.大きく深呼吸を1回する
2.屈伸を1回する
3.ボールに書かれている文字を読む
4.ボールを3回つく
5.サーブを打つ

レシーブのときは

1.大きく深呼吸を1回する
2.屈伸を1回する
3.右足をベースラインとシングルスラインの交点におく
4.ラケットを手元で3回まわす
5.レシーブを受ける

といった具合です。

こういうチェックリストを自分なりに作っておくことで、ポイントの直前に、あれこれ余計なことを考える時間を与えず、自分自身が平常心で望めるような状態を作ってあげるのです。

もうお気づきの方もいるかと思いますが、実はこれ、プロ選手がよくやる「ルーティンワーク」と同じです。

イチロー選手が打席に入ったときにいつも同じ動きをするのは有名ですよね。
またイチロー選手は毎日決まった時間にスタジアムに入り、同じトレーニングを行います。

それほどまでにプロ選手は毎回同じコンディションで望むことの大切さを知っているのです。

もし試合や練習で余計な不安を感じることがあれば、すぐに自分のチェックリストを思い出して、自分の緊張を和らげるために活用してみましょう!

では、がんばってください!
あなたのテニス上達を応援しています!

ポイントが取れる人、取られる人の違いは?

上級者と試合をすると、自分がやっとの思いで打ち返したボールをいとも簡単に決められたり、まるでこちらの手の内を知っているかのようなプレーで、どこに打っても取られてしまうといった経験はありませんか?
ではこの差は一体どこから来るのでしょう?
今回は、上級者のポイントをとるための考え方をご紹介します。

上級者と試合をすると、自分がやっとの思いで打ち返したボールをいとも簡単に決められたり、

まるでこちらの手の内を知っているかのようなプレーで、どこに打っても取られてしまうといった経験はありませんか?

自分では到底返せないスーパーショットを打たれたならまだ納得はいくのですが、

それほど凄いショットではないのに、うまくあしらわれたというか、
手のひらで転がされたように相手の思う壺にはまって負けると、これほど悔しいことはありません。
ではこの差は一体どこから来るのでしょう?ポイントを取る人と取られる人の違いとは一体なんでしょう?

実は、上級者の考え方にはちょっとしたコツがあります。

多くの人は、相手の打ったボールが自分の元へきてから、そのボールにあわせて、「よし、このボールはここへ打とう」と判断してボールを打っています。

ここで「うん、うん、そんなの当たり前だよね。」と思ったあなたは要注意。
それが手のひらで転がされるパターンです。

上級者はそうではありません。

上級者は、自分がボールを打つときに、次に相手が打つボールが「自分が思い描く場所に返球されるよう」に考えてボールを打っているのです。

この違い、おわかりですか?

つまり、相手の打ったボールにただ反応しているだけの受身的なテニスをしているか?

それとも、自分で能動的に主導権を握って相手をコントロールするテニスをしているか?の違いです。

これはかなり大きなポイントです。

将棋に例えると、自分の差し手をその場その場だけで考えて駒を動かすのか、

それとも何十手、何百手も先を読んで駒を動かすのかの違いに似ているかもしれません。

もちろん相手もそれなりに考えてくるわけですから、自分が思い描いたとおりにいくばかりではありませんが、

自分で理想の勝ちパターンイメージを描きながら行動する場合と、
ただ漠然といきあたりばったりで行動する場合では、結果は同じでも過程の成長度合いは大きく違います

この考え方ができているできていないで、あなたのテニス人生が激変するのでは?と思うくらい大切な要素です。

初心者であればあるほど、最初はただただボールを打つことに一生懸命になってしまいますから無理もないのですが、

上級者のこういう考え方を知っていれば、自分のテニスの目標も立て易く、テニスの幅が広がります。
もちろん戦術を考える楽しさもグンと増えます。

私はまだまだヘタクソだから・・・というのでは、いつまでたっても上達しません。

上級者になりたかったら、上級者の考え方や振る舞いを真似することからはじめましょう。

さあ、今週末はレベルに関わらず、あなたもただ打ち返すだけのテニスではなく、ワンランク上の考えるテニスを実践してみましょう!

ガッツポーズはするな!?一流選手のメンタルマネジメントに学ぶ

「ガッツポーズはするな!」と題して、プラスの感情のコントロール方法についてお伝えしましょう。一流選手のメンタルマネジメントの秘密とは?
驚くようなスーパーショットが打てたときや、やっとの思いで大事なゲームポイントを獲得できたときは、「ヤッター!」と思わずガッツポーズして叫びたくなることがありますよね。

「今日は調子がいいぞ!」
「今日はツイてるぞ!」

といいイメージが次々に頭に浮かんで、さらに調子がよくなるという経験をされた方も多いのではないでしょうか?

特にソフトテニスでは、1ポイント1ポイントずつ声を出しながら、コートを走り回って感情を表現している場面がよくあります。

確かにプラスの感情は、どんどん表現していけばいいように思いますが、実は、そこには落とし穴があるのです。

世界のトップアスリートを見ていると、本当の一流選手といわれるアスリートは、プレイ中に自分の感情をあらわにしているでしょうか?

ひとつのプレイごとに一喜一憂しているでしょうか?

フェデラーはどうでしょう?
タイガーウッズはどうでしょう?
イチローはどうでしょう?

サービスエースをとるたびに、フェデラーはガッツポーズをしているでしょうか?
カップインするたびに、タイガーウッズはガッツポーズしているでしょうか?
ヒットを打つたびに、イチローはガッツポーズをしているでしょうか?

よく見てみると、そんな場面はほとんど見ませんよね。

むしろ、うまくいってもうまくいかなくても、顔色ひとつ変えずに淡々とプレイしている姿をよく見るのではないでしょうか?

本当に一流といわれる選手に共通しているのは、プレイ中はあくまでも淡々と冷静にプレイしている点です。

では彼らは、ポイントをとれたことが嬉しくないのでしょうか?
結果に満足していないのでしょうか?

決してそうではありません。

実は、彼らの興味は、ポイントが取れたかどうかの結果ではなく、自分がベストなプレイができているかどうかの過程にあるのです。

フェデラーはサービスエースになったことに興味があるのではなく、自分の描く最高の打点で打てたかどうかに興味があるのです。

タイガーウッズはカップインしたことに興味があるのではなく、自分の描くとおりの芝目でボールが転がったかどうかに興味があるのです。

イチローは、ヒットになったことに興味があるのではなく、自分の描くとおりのスイングができたかどうかに興味があるのです。

自分がベストなプレイをすることは、自分でコントロールできますが、打ったボールがサービスエースになるかどうか?

相手がミスしてくれるかどうか?は自分ではコントロールできません。

彼らは自分でコントロールできるものに対して責任と興味をもっているわけで、

自分でコントロールできないものについて一喜一憂することに興味はないのです。

ここが一流選手とそうでない選手との違いです。
とても大切な、学ぶべきポイントです。

だからこそ、結果だけを見て、ガッツポーズをして一喜一憂することが決して得策ではないこともおわかりいただけるでしょう。

もちろん、自分やパートナーの気持ちを盛り上げるために、一喜一憂することも大切な場面はありますが、

それ以前に、まずは自分のコントロールできることに集中することの大切さを知っているかどうかは大きな差です。

さあ、あなたのプレイを思い返してみてください。

改善すべき点が見えてきましたか?

次からは自分のコントロールできるものに集中して、プレイをしてみましょう!

あなたのテニスが大きく変わるはずですよ!

あなたからの上達報告お待ちしています!

テニス試合中に使えるミスを引きずらない意識の使い方

テニスで良いショットが打てるようになるためには意識をどのようにコントロールすればよいのでしょう?そのコツをご紹介します。
前回のテニスが上達する潜在意識の使い方では、潜在意識のやっかいなルールについてご紹介しました。

→ テニスが上達する潜在意識の使い方

潜在意識には「否定がない」ので、「ミスしないようにがんばろう!」というのはわざわざミスをするように意識を使っているようなものだというお話でした。
逆にできるだけポジティブな表現を使うように意識をしていくことが大切だとお話しました。

しかし試合中に立て続けにミスをしたあとに、「絶対うまく打てるぞ!」とか「おれは強いんだ!」と無理に意識をしても、それこそが不自然に感じてしまい、頭の中では、「・・・とはいえ、さっきのショットもミスしたしな・・・今日は調子が悪いみたいだし・・・」とネガティブになることもあるかとおもいます。

頭でいいイメージを意識しても100%うまくいくわけではありませんから、「うわ~、いいイメージをいくら描いても、全然うまく打てない・・・打つ手無しだ、最悪だ~。」と余計に落ち込む人もいるかもしれません。

そんなときに気負うことなく自然にポジティブに考え、良いショットを打てるようになるコツがあります。

それは、

「ひとつひとつのショットを切り離して考える」

ということです。

とても大事ですので、もう一度いいましょう。

「ひとつひとつのショットを切り離して考える」

一見当たり前のようにおもいますが、実はほとんどの人が実践出来ていません。

人間は現在におきたことの原因を過去に捜し求めます。
逆にいえば、過去の状態から現在を勝手に予測してしまうわけです

しかしテニスで調子が悪いときは、この習性が仇になるケースがほとんどです。

ミスをいくつか重ねることで、自然と次のショットもミスをすると考えてしまいます。

でもそんなときに、冷静に気づいてほしいのですが、ひとつひとつのショットはそれぞれ独立しているという事実です。

前のショットをミスしたからといって、これから打つショットがミスになるということはないのです。

ポイントやゲームで考えてもらっても同じです。
さっきのポイントをとられたからといって、次のポイントも相手にとられるでしょうか?
さっきのゲームをとられたからといって、次のゲームもとられるでしょうか?

そんなことはありませんよね。

もちろん、何度もミスが続く場合は、それなりにどこかに原因があるからですが、安易に「さっきもミスしたから今回もミスしそうだ・・・」と意識してしまうことは、まったくナンセンスだということです。
これを知っているのと知らないのとでは大きな差が出ることがお分かりいただけたかとおもいます。

ミスが続いているときこそ、「ひとつひとつのショットは独立している。だからとにかく今、このショットに全力を尽くそう!」とおもうことが良いショットが打てる上手な意識の使い方なのです

この意識の使い方を理解して、そして試合中に着実に実践できるかどうかが、勝てる人と勝てない人の大きな差になるわけです。

さあ、この週末、あなたも試してみてくださいね。

テニスが上達する潜在意識の使い方

今回は、テニスが上達する潜在意識の使い方をご紹介します。
以前マイテニTVでも取り上げました。
・テニスのイメージ力を高める簡単トレーニング法 その1
・テニスのイメージ力を高める簡単トレーニング法 その2

いろんなイメージトレーニング法がありますが、これらのトレーニングも実践で使えなければあまり意味がありません。

誰でも簡単にすぐに実践できるのがマイテニ流です。
ではさっそく、例を出して一緒に考えていきましょう。

あなたは試合に出ています。

ゲームカウント4-5、ポイントは30-40。サーバはあなた。

ファーストサーブはネットにかけてフォルト。

今からセカンドサーブです。

あなたは「ダブルフォルトしないかな・・・」と不安に襲われます

あなたは頭の中で、絶対ダブルフォルトだけはしないようにがんばろう」とつぶやき、気合をいれます。

そして、その結果・・・やっぱりダブルフォルト。
「打つ前に、なんかダブルフォルトする気がしたんだよな。。。」

こんな経験ありませんか?

実はこれ、間違ったイメージ力の使い方をしている典型的なパターです。

人間の脳には顕在意識と潜在意識の2つの意識があるという話は聞かれたことがあるとおもいます。

顕在意識とは、いわゆる「意識」ができる部分、潜在意識は、いわゆる「無意識」といわれる部分です。
そして脳のほとんどは潜在意識で、実は人間の行動に深いレベルで影響を与えているといわれています

スポーツにおいても、この潜在意識がイメージをつくりあげるときに大きな影響を与えています。顕在意識で考えたことを潜在意識がイメージとして描きます。

ものすごく話を単純化してお話しすると、潜在意識が良いイメージを描けば、体は無意識にそのように動き、良いイメージどおりの結果がでます。
逆に潜在意識が悪いイメージを描いても、体はやはり無意識にそのように動き、悪いイメージどおりの結果になります。

「じゃあ、潜在意識に良いイメージを描かせてあげればいいじゃん」という話になるのですが、潜在意識にはひとつやっかいなルールがあります。

それは、「否定がない」というルールです。

実際に、実験してみましょう。

今から、「ピンク色のテニスボール」を思い浮かべ「ない」でください。

さあ、いかがでしたか?

ピンク色のテニスボールを思い浮かべるな!といっても、思い浮かべてしまいませんでしたか?

これが「否定がない」というルールです。

ということは、先述したダブルフォルトの例がなぜ間違っているのか?もうおわかりですよね。

「絶対ダブルフォルトしないようにがんばろう」

とおもった瞬間に、潜在意識は見事に「ダブルフォルト」のイメージを作り上げてしまいます。

ということは、体は無意識にダブルフォルトするように動くわけです。

ですからイメージ力を使うときのコツは、必ず「肯定的な言葉を使う!ということです。
「○○しないようにがんばる!」という表現は使わないことです。

さあ、あなたの普段のテニスを思い出してください。

否定語を使っていませんか?

言葉はクセになっていることが多いですから、明日から意識して肯定後を使ってみてくださいね!

あなたからの上達報告お待ちしています!

追伸:
最近、コンビニのトイレには「いつもきれいにお使いいただきありがとうございます。」という表示が目立つようになりましたね。
一昔前は、「トイレを汚さないでください」という表示でしたから、これでは汚いイメージをしてしまい、汚す人が増えてしまいます。これも潜在意識をつかったちょっとした改善ですね。
ちなみに、高速道路の「事故多発」という表記は最悪ですね。。。
「安全運転強化区域」という表記に変えてみてはいかがでしょう?