Tag: ボレー

あなたもできるテニスのセンス(感覚)の磨き方

今回はテニスのセンスを磨く簡単練習法をご紹介します。

テニスをしているとさまざまなタイプの人と出会います。その中でも特にうらやましいのは、センスがいいタイプの人。

一言でセンスがいい人といっても、技術面のセンスもあれば、戦術面のセンスなどいろいろありますが、今回は特に技術面でのセンスを磨く練習法をご紹介します。

まずはじめに、一般的にセンスというのは「先天的なもの」だと思っていませんか?

センスは練習して磨けるものではなく、生まれつき自然と身につけているものだと思いがちですが、必ずしもそうではありません。

例えばテニスの場合、生まれつきテニスを知っているわけではありませんから、ある程度はテニスの練習もしくはほかのスポーツや日常生活の中で磨かれてきたものです。

ですから、あなたも普段からセンスを磨くようにしていれば、その技術はあがるということです。

では、簡単にセンスを磨く練習法をご紹介しましょう。

例えば、テニススクールで、今日はネット際にポトリと落とすドロップボレーの練習をするとしましょう。

まずはコーチが見本を見せてくれます。「おー!さすがコーチ!」上手にネット際にボールを落とします。

さあ、次は生徒の番です。

みんな順番にドロップボレーをやってみると、同じような技術レベルであるにも関わらず、すぐにコーチと同じように上手にドロップボレーができるようになってしまう人、逆に、いつまでたっても上手にできない人に分かれませんか??

そしてすぐにできるようになった人には、「○○さんはやっぱりセンスいいよねー」と声がかかります。

センスがないと思っているあなたはいつまでたってもできません。

この違いは一体どこにあるのでしょう??

 

ここであなたに質問です。

あなたはコーチのお手本のどこを見ていましたか?

次の質問に答えられますか?

コーチのラケットの角度はどうなっているでしょう?
ボールのスピードはどれくらいでしょう?
ボールの高さは?
ボールの回転は?
相手コートのどのあたりに落ちましたか?
落ちた後のボールはどのようにバウンドしましたか?

自分はセンスがない・・・という人は、漠然とコーチが打つ姿やボールの行き先を見ていただけで、ここまで細かいことは意識していなかったのではないでしょうか?

逆にセンスがいい人というのは、無意識にこういった細部の状態にまで「気づける力」すなわち「観察力」が高いのです。

だからもしあなたもセンスを磨きたければ、「観察力を高めること」。これが大切です。

最初は意識しなければなりません。しかし訓練することで習慣化され、無意識に細部まで観察する力が身に付きます。

 

とはいえ、はじめからすべてを細部までイメージするのはとても難しいと思います。

そこで、オススメは、例えば「ボールの軌道だけ」といった具合にひとつに絞ってイメージすることです。

コーチの打つボールの軌道だけをとにかくよく観察して、そして自分でも何度も打ってみて、「おおっ!これだ!」といううまくいったときのボールの軌道だけを記憶するようにします。

うまく打てたときには一度プレイをとめて、目を閉じて今の軌道を頭の中でビジュアルで再生させてください。

ボールの軌道がはっきりと描けましたか?

これができれば再び練習をはじめます。

そして今度は、成功したボールの軌道を頭でイメージしながら、実際にボールを打ちます。

そうすることで、頭の中の成功イメージをもとにして、実際に打ったボールのどこが違うのか?のギャップがわかるようになります。

ギャップがわかれば、そこではじめて改善ができるようになります。

センスのいい人というのは、

1.はじめに理想イメージをしっかり作り上げる ←観察力が大切!
2.その理想イメージを意識しながら実践してみてみる
3.理想イメージと現実のギャップを認識する
4.ギャップを埋めるよう練習で改善する

というプロセスを踏んでいます。

これによって、ドロップボレーのセンス(感覚)が身につくわけです。

何も考えずにただ飛んでくるボールを打って結果に一喜一憂しているだけでは、センスはひとつも磨かれないのはよくわかりますよね?

イメージができて、そしてそれを実行できる能力は、普段の何気ない小さな練習が積み上がってできた素晴らしい技術なんですね。

さあ、あなたも明日から観察→イメージ→実践練習を繰り返して、センスを磨きましょう!

あなたのテニス上達度をチェックする方法

テニス上達に欠かせないのがチェック(検証)の時間。
仕事で大切だとよく言われる、PLAN→DO→CHECKのサイクルはテニスでも同じ。この機会にあなたのテニスを振り返って見ましょう。

 

いよいよ今年も残りあとわずか。
今年一年、あなたのテニスライフはいかがでしたか?
改めて振り返ると、楽しいこと辛いこと、良いこと悪いこと含めていろいろあったと思います。

振り返って、「楽しかったなー」と、そのまま思い出にしてしまうことがほとんどだと思いますが、それではせっかくの努力も半減です。ぜひ来年に活かすためにも今回は、ほとんどの人がやっていないテニスチェック(検証)ポイントをご紹介します。

まずチェックの目的は、今年1年でどれだけあなたのテニスが成長したかをあなた自身が知ることです。

ただし漠然と「上手になったなー」というだけでは意味がありませんので、より具体的に検証するためには、
あなたのテニスをひとつひとつ細分化して、見ていく必要があります。

今年のはじめの段階を思い出して、そのときと比べて、今の自分のテニス技術はどう変化しただろうか?を考えていきます。

技術的な検証項目の例をあげてみましょう。

・フォアハンドストローク
・バックハンドストローク
・フォアハンドボレー
・バックハンドボレー
・スマッシュ
・サービス
・レシーブ

というふうに細分化できます。

さらに技術的に細かく見たい人は、ボレーひとつとっても、

・ハイボレー
・ミドルボレー
・ローボレー
・ハーフボレー
・ドロップボレー
・アングルボレー

というふうに分けることもできます。
また技術ではなく、試合という観点から、

・シングルス
・ダブルス

というわけ方だったり、

・ハードコート
・オムニコート
・アンツーカー

というわけ方もできます。

そしてこれらの検証項目をあげたら、次の5段階で評価してみましょう。

この1年でかなり上達した・・・5
この1年ですこしは上達した・・・4
この1年であまり変わらなかった・・・3
この1年ですこし衰えた・・・2
この1年でかなり衰えた・・・1

本来は、数値データで正確に把握できればベストですが、なかなか難しいと思いますので、ある程度主観的に自分の感覚で評価してよいと思います。

数値データに直しておくと、たとえば毎月振り返ったときに、客観的に比較がしやすくなります。
目に見える形で上達具合が把握できるとモチベーションもあがりますから、オススメです。

また大切なのは何点か?ということだけではなく、振り返る作業の中で、自分のテニスを改めて見つめなおす機会そのものです。

ぜひあなたもこの年末に点数をつけてみてくださいね!

そして来年もあなたのさらなるテニス上達を応援します!

テニス練習することの本当の意味とは?

今回はテニス練習することの本当の目的、意義を考えてみたいと思います。
練習してもうまくならない・・・試合でなかなか勝てない・・・という人はこの機会に一緒に考えて見ましょう。ヒントがつかめると思いますよ。
「いくら練習してもうまくならない・・・。」
テニスをある程度続けていると誰しもこんな経験はあると思います

まじめな人ほどよく陥るスパイラルです。

試合で勝つためには、ひと一倍練習してうまくなる。
初心者にとってもプロ選手にとっても極めて当たり前のことです。

ただわかっていても、ついつい慣れてくると、ただやみくもにボールを打っているだけだったり、ちっとも集中していなかったり無駄な練習になってませんか?

そこで今回は、少し立ち止まって、「なぜ練習するのか?」「なぜ練習が必要なのか?」を考えてみたいと思います。

練習の意味、目的はたくさんあります。

あなたも考えてみてください。

例えば・・・
・試合に勝つため
・ショットの精度をあげるため
・体に覚えこませて、無意識レベルで打てるようになるため
・自信をつけるため
・根性、精神力を鍛えるため  などなど

いろいろ浮かんでくると思います。

だいたいの意見をまとめると
「うまくなるため」とか
「強くなるため」ということが多いと思います。

しかし、多くのテニス愛好家の悩みを聞いていると、「うまくなるため」「強くなるため」と思うばかりに、それが逆にプレッシャーになったり、無用な心配を引き起こしてしまうのではないかと思います。

そこでもっと他に練習の目的はないだろうか??
本当の目的は何だろう???と突き詰めて考えてみました。

するとひとつ大切な目的が思い浮かびました。

それは、
「練習は失敗するためにある」
というものです。

もう一度いいます。
「練習は失敗するためにある」

「えっ!?失敗するため??うまく打てるように練習するのが普通でしょ?」

確かに、練習で失敗ばかりしていたら、コーチや先生から怒られますよね。
「なんでそんなにお前は失敗ばかりしてるんだ!そんなことで試合に勝てると思ってるのか!」と。

もちろんその気持ちはわかります。

でも実は、
 「人は失敗するからこそ失敗しなくなる」
のです。

これはとても大切な考え方です。
 「人は失敗するからこそ失敗しなくなる」

ですから私はよくレッスンで、マイテニメンバーのみなさんには、あえてこういいます。

「今日の練習では、できるだけたくさん失敗してください。しかもできるだけ早く。」

うまく打とうとする必要はありません。
とにかく失敗をたくさんする、しかもできるだけ早くする。
これが上達の秘訣です。

上達は消去法です。

自分がうまく打てる方法を見つけるための近道は、できるだけたくさんのうまく打てない方法を誰よりも早く試すことです

そしてそれを試す場が「練習」なのです。

練習では、どうすればうまく打てるか?を考えるのではなく、他の打ち方はないか?他に変えるべき点はないか?他に選択肢はないか?を考えましょう。

いかがですか??

これであなたの練習に対する考え方が変わったのではないでしょうか?そして少しでも練習が楽しくなって失敗に対する恐怖がなくなれば、幸いです。

あなたのテニス上達を応援しています。

ポーチに出るタイミングを改善する方法は?

マイテニス読者からの質問
「ボレーの場合、手を伸ばせば届くようなボールを見逃してしまうのです。
自分の前を通過してから「余裕でとどいた」と後悔することが非常に多いのです。
どうすればよいでしょう?」
マイテニメンバーのOさんからボレーについて質問をいただきました。———–
私は脚力だけは自身があり頭の上を抜かれたり、ドロップショットなど、

追いつけそうにないボールを拾うのが得意なのですが、ボレーの場合、手を伸ばせば届くようなボールを見逃してしまうのです。
自分の前を通過してから「余裕でとどいた」と後悔することが非常に多いのです。
どうしたら改善できるでしょうか?
———–Oさん、質問ありがとうございます。
ダブルスで前衛をしていると、よくあることですね。多くの方が経験されていると思います。

届きそうなボールなのに手がでない・・・
そして反省して今度は思い切って手を出してしまってミスしてしまう・・・

「もうボレーはきらい!」

典型的な悪循環のパターンです。

では、どうすれば改善できるのでしょう?

あなたも少し時間をとって、自分で考えてみてください。
(自分で考えるクセをつけることは、答えがどうであれ、上達するのに本当に良いトレーニングになります。)

さあ、答えを思いつきましたか?

一般的には、
・届くか届かないに関わらず、手を出すと決めたら迷わない
・立ち位置を変える
・反射神経をもっと高める練習をする
・ゲームのポイント状況にあわせて判断する
・集中力を高める
といった対処法があげられます。

ある意味、正しいことは正しいのですが、一発勝負のようなバクチ的なテニスになったり、根性論や精神論に傾いてしまいます。

もっと現実的にシンプルに改善できる方法はないでしょうか?

もちろん、あります!
マイテニ流のシンプル&ナチュラルな解決法。

そのポイントは、「判断するタイミング」にあります。

自分の横を通過してから、「あっ、今の届いたのに・・・」となるのは、相手がボールを打って、そのボールを「見てから」あなたは手を出すか出さないかを判断しているからです。

「そんなの当たり前じゃん!相手が打ったボールを見てからでないと、届くか届かないかなんて、わからない!」と思うかもしれません。

でも上級者は違います。

彼らは相手がボールを打つ前に、自分の手が届くかどうかわかっているのです。

もう一度いいます。

相手がボールを打つ前に、自分の手が届くかどうかわかります。

「えっ!なんでそんなことできるの!?」と思いますが、どこを見るかさえ間違えなければ、だいたいわかります。

たいていの人は、相手が打つ「ボール」を見ています。

でも、上級者は、相手の「体勢」を見ています。

これが答えです。

相手の体勢を見れば、次にくるボールがある程度、予測できるようになります。

それができれば、相手が打つ前に「次のボールは取れるぞ!」と判断できるので、甘いボールを見逃すことはほとんどなくなるでしょう。

では、具体的にどんな体勢なのか?

自分に置き換えれば、いくつかヒントがあるはずです。
こういう体勢になってしまったら、自分の打ち返せるコースは限定されてしまう・・・という場合です。

例えば、足の踏み出し位置、体の開き具合、目線、体の傾きなどいろいろポイントはあります。

ダブルス上達7つの法則にも収録しています。)
もちろん、予測が外れることもありますが、イチかバチかで手を出すテニスとは雲泥のレベル差があることが理解できると思いますし、上達度合いがまったく違います。さあ、これであなたもまた一歩前進です。

あとは必ず自分で実践して、そして習得してください。
さっそく今週末のテニスで試してみてくださいね!

ボレーの安定&集中力アップ練習法

テニス上達に向けて今回は、ボレーを安定させる練習方法をご紹介します。

ボレー練習には、ボレーボレーのほか、ボレーVSストローク練習が最適です。
普段、何気なく行うボレーVSストローク練習ですが、実は結構奥が深いんです。
それだけに上級者やコーチもよく練習に取り入れています。

さあ、あなたもチャレンジしてください!

具体的な練習方法は次の通りです。(2名1組で行います。)

■ボレー練習(1時間~90分バージョン)
・ボレーVSボレー
1.ネットをはさんで、お互いサービスラインとネットの間に立ちます。

2.ゆっくりとしたボールでボレーボレーを行います。
このとき、相手の腰から肩の高さにボールが届くように意識します
お互い一歩も動かずにボレーボレーできる状態を目指しましょう。
スピードはゆっくりでかまいません。
ボールの軌道は、ネットの倍の高さを目安に行います。

3.まずは、お互いフォア同士で続けます。(約5分)

4.次に、バック同士で続けます。(約5分)

5.最後に、フォア、バック混ぜて続けます。(約5分)

・ボレーVSミニストローク
1.ネットをはさんで、ボレー側はサービスラインとネットの間、ストローク側はサービスライン上に立ちます。

2.ゆっくりとしたボールでボレーVSミニストロークを行います。
このとき、ストローク側は相手の腰から肩の高さにボールが届くように意識します。
スピードはゆっくりでかまいません。
ボールの軌道は、ネットの倍の高さを目安に行います。
ボレー側は、相手コートのサービスラインとネットの中間地点にボールが落ちるように意識します。

3.まずは、お互いフォア同士(フォアボレー、フォアストローク)で続けます。(約5分)

4.次に、バック(バックボレー、バックストローク)同士で続けます。(約5分)

5.最後に、フォア、バック混ぜて続けます。(約5分)

・ボレーVSミドルストローク
1.ネットをはさんで、ボレー側はサービスラインの一歩内側、ストローク側はサービスラインとベースラインの間に立ちます。

2.ゆっくりとしたボールでボレーVSミドルストロークを行います。
このとき、ストローク側は相手の腰から肩の高さにボールが届くように意識します。
スピードはゆっくりでかまいません。
ボールの軌道は、ネットの倍の高さを目安に行います。
ボレー側は、相手コートのサービスライン地点にボールが落ちるように意識します。

3.まずは、お互いフォア同士(フォアボレー、フォアストローク)で続けます。(約5分)

4.次に、バック(バックボレー、バックストローク)同士で続けます。(約5分)

5.最後に、フォア、バック混ぜて続けます。(約5分)

・ボレーVSストローク
1.ネットをはさんで、ボレー側はサービスライン上に、ストローク側はベースライン上に立ちます。

2.ゆっくりとしたボールでボレーVSストロークを行います。
このとき、ストローク側は相手の腰から肩の高さにボールが届くように意識します。
スピードはゆっくりでかまいません。
ボールの軌道は、ネットの倍の高さを目安に行います。
ボレー側は、相手コートのサービスラインとベースラインの中間地点にボールが落ちるように意識します。

3.まずは、お互いフォア同士(フォアボレー、フォアストローク)で続けます。(約5分)

4.次に、バック(バックボレー、バックストローク)同士で続けます。(約5分)

5.最後に、フォア、バック混ぜて続けます。(約5分)

以上が基本的な練習方法になります。

まずはゆっくりした山なりの軌道で確実にボレーVSストロークができて、何十回、何百回も続けられることを目指してください。
それができるようになり、さらにレベルアップしたい場合は、次のように工夫してみましょう。

1.すべての過程でボールの軌道をネットぎりぎりに落として同じようにボレーVSストロークを行います。
→ボレー側は常にローボレーやハーフボレーを打つ練習になり、ストローク側は、
常にネットぎりぎりのボールを打つ練習になります。

さらにストローク側がレベルアップするためには、

2.同じくネットぎりぎりでボレーVSストロークを行いますが、ボールのスピードに変化をつけます
→ゆるいボールでネットぎりぎりを通すパターンと、ある程度スピードのあるボールで
ネットぎりぎりを通すパターンを交互に打ち分けます。

さらにボレー側がレベルアップするためには、

3.同じくネットぎりぎりでボレーVSストロークを行いますが、ボールの深さに変化をつけます
→同じローボレーでも、サービスライン付近に落とすボレーと、
ベースラインぎりぎりに落とすボレーを交互にけます。
決め球としてドロップショットの練習をいれるのもよいでしょう。

いかがでしょう?

単なるボレーVSストロークといっても結構奥が深いと思いませんか?

ボレーVSストロークはとってもシンプルな練習方法ですが、ちょっと意識を変えて工夫するだけでテニス上達のための素晴らしい練習にはやがわりです。

「どういう意識を持って練習しているか?」

自分自身にもう一度問いただしてみるのが、上達への近道なのかもしれませんね。

もちろんすぐにすべてができるようになるわけではなく、少しずつの練習の積み重ねが大切です。
大変ですが、その一歩一歩の過程がテニス上達の醍醐味です。

あなたも高い意識を持って、技術力、精神力(集中力)を鍛えてみてください。

【硬式テニス】苦手なローボレー&ハーフボレーを克服する!

レベルが上がればあがるほど、ネット前へ出て行くと必ず足元を狙われてしまします。そ­んなとき、ローボレーやハーフボレーがネットを越えてくれなかったり、ボールが浮いて­しまってチャンスボールになったりしていませんか?今回発売の『シンプル&ナチュラル テニスレッスン Vol.2 ~苦手なローボレー&ハーフボレーを克服する!~』では、短期間で苦手なローボレー、­ハーフボレーを克服するためのコツと練習法を一挙公開!ご紹介ムービーをご覧ください­。

DVD詳細、お申込はこちらから
【硬式テニスDVD教材】苦手なローボレー&ハーフボレーを克服する!

【硬式テニス】マイテニ岩崎のボレーショット映像/前

お馴染みマイテニ岩崎のボレー映像です。
相変わらず選手の人には怒られそうな手抜きボレーですが、テニス愛好家の方にとっては­好評の楽チンボレーです。

「どうすればそんなに軽く、楽そうにボレーできるんですか~?」とマイテニメンバーさ­んからもよく聞かれますが、そんなときは、「適当ですよ!適当!余計なこと考えずに手­抜きしましょう!手抜き!」。な~んてお答えしています。(^^;)

さて冗談はさておき、楽チンボレーのコツは、力を入れないこと。
でもどうしても力が入ってしまうという方も多いでしょう。

そこで、具体的な方法としては、「ラケットと顔の距離を離す!」ことです。

一般の教え方では、「ラケットと顔は近づけて!」 といわれます。私も昔はそう教わりましたし、実際にそうしていました。でもそうすると­ひとつ大きな問題があることに気がつきました。

その問題とは、、、、「怖い!」 ということです。(T_T)

だって、ラケットと顔を近づけてボレーをしようと思うと、顔にボールが当たりそうで怖­くないですか!!

そして、その結果、腕や体に力がはいっちゃいます。

だから、マイテニでは、「ラケットと顔は離しましょう!」とお伝えしています。
こうすることで、余計な力が入らなくなりますし、ボールもよく飛びます!(いいことだ­らけ!)

意外なところにシンプルなコツってあるもんですよね?

ということで、ぜひあなたも、楽チンボレーをお試しください!

※楽チンボレーは選手レベルを目指すには技術的に賛否両論あると思いますが、マイテニ­ではあくまでテニス愛好家の方々を対象にしており、細かい技術論を並べるつもりはあり­ません。テニス愛好家の方々が少しでも簡単に早くテニスを楽しめる情報をお伝えするこ­とに注力しています。

【硬式テニス】マイテニ岩崎のボレーショット映像/横

お馴染みマイテニ岩崎のボレー映像(横から)です。

ここでのポイントは「姿勢」。

映像をご覧いただくとよくわかると思うのですが、どんな高さのボールがきても、いつも­ほぼ「同じ姿勢」でいることに着目してください。

ボール出しのボレーはできるけど、ラリーになるとボレーが苦手だという多くの方は、飛­んでくるボールによって毎回この姿勢が変わります。前のめりになったり、反り返りすぎ­たり、横に折れたり、ひねりすぎたり・・・などなどです。

私から言わせると、そういう人は実は「器用」な方だと思います。
ボールにあわせて姿勢を毎回変化させられるわけですから。

でもシニアのうま~いおじいさんのテニスをみていると、どんなボールが来ても、いつも­同じ姿勢でボールを裁いてらっしゃいます。(機会があれば、ぜひ一度みなさんにもご紹­介したいと思います。)まさに熟練の技!体が思うように動かないからこそ、シンプルな­ボレーをされています。

そのコツは、いつも同じ姿勢でいること。

ですから、あなたにもチャレンジしていただきたい練習方法としては、ボレーのときに、­両足の周り30センチ四方しか、動いてはいけないというルールを作ってボレーをしてみ­てください。
もしくは、頭の上に水が入ったコップを載せているつもりで練習してみましょう。

こうするだけで、普段自分がいかに無駄な動きをしているか??がよくわかります。

逆にこの余計な動きを省いてシンプルな楽チンボレーができるようになれば、ネット前に­でてもあわてる必要はまったくなくなります。

ちなみに、ボレーではラケットの引きすぎとか振りすぎといったことがよく話題にあがり­ますが、マイテニではまず基本はラケットは一切引かない!振らない!というボレーを推­奨しています。きちんとスイートスポットにボールをあてれば、ラケットを引いたり振っ­たりしなくてもちゃんとボールは返球できるからです。どんな速いボールがきても大丈夫­です。

この基礎ができてはじめて、ボールのスピードにあわせて、引いたり振ったりしながらレ­ベルアップさせていくというのが正しい順番だと考えています。

本映像では、ある程度ラケットを引いたり振ったりしながら打っていくボレーをご覧いた­だいています。難しいと感じる方は、まずは基礎ボレー映像をじっくりご覧くださいね。­らくらくテニスレッスン ボレー編もオススメです!

さあ、ではあなたも楽チンボレーにチャレンジしてください!

【硬式テニス】ダブルス試合形式練習(サーブ)

2人で行うダブルスの試合形式練習です。

クロスコート内に限定して、サーブから1ポイント終了するまで攻防を行います。(セン­ターラインを割るとアウトとします)。
私たちがよく行う方法としては、どちらかが7ポイント先取すればサーブ権を交代すると­いう方法です。

ダブルスをイメージしているので、レベルに合わせて、サービスダッシュを義務付けて行­うなどするととても効果的な練習になります。

今回はデュースコートでの映像をご覧いただきます。

サービスダッシュした後の展開は無数にあるわけですが、クロスコートのみに限定するこ­とで、ある程度ポイントをとるパターンは絞られてきます。

はじめは、強いサーブを打って、次のボレー一発で決める!というパターンよりも、まず­はサーブは抑え気味にして、ファーストボレー以降の展開を自分なりに組み立てながらポ­イントを取るパターンを重視して練習するほうが、よいでしょう。

映像の中でも出てくる、「センターへボールを打って、返球されたボールをクロスのアン­グルへ短く決める」というパターンは最も基本で使えるパターンです。

ぜひ参考にしていただいて自分なりの得意なパターンを見つけましょう。

あなたのテニス上達を応援しています!

さらに詳しくは「サービスダッシュ&リターンダッシュを極める!」DVD教材をお求め­ください。

【硬式テニス】野木コーチのボレーショット映像/前

マイテニ野木コーチのボレー映像(前から)です。

野木コーチのボレーを観るときは、「タッチの柔らかさ」に注目です。

「タッチ」というのは、ボールとラケットが接触するインパクトの瞬間の感触のことを言­います。

野木コーチの場合は、この「タッチ」がとても「柔らかい」ということが、わかりますか­?

一般的に「インパクト」というと、ボールに対してラケットを強くぶつけるイメージだっ­たり、グリップをギュっと握って力を入れるように教えられたりしますが、そうするとど­うしても「ガシャ!」という硬いタッチになってしまいます。

これは、腕や肩が痛くなったり、テニス肘の原因にもなります。

ですからマイテニ流のシンプル&ナチュラルテニスでは、あらゆるショットにおいて「タ­ッチの柔らかさ」を意識してもらいます。

タッチを柔らかくするコツを一言でいえば、「余計な力を抜くこと」。

余計な力を抜くためにも、まずは「タッチの柔らかいボレー」をイメージすることから始­めることが大切です。
リラックスして自分が野木コーチになったつもりで、同じように軽く柔らかいタッチでボ­レーをしているイメージを目を閉じて頭に描いてみてください。

それができるようになれば、コートでも実践できるようになりますよ!

あなたのテニス上達を応援しています!