Tag: 動画

体感覚を使ったテニス上達法

今回は、テニス上級者の技を自分のものにするための3つ目の方法「体感覚を使ったテニス上達法」をご紹介します。
 
上級者の技を自分のものにする方法として3つをあげました。

1.視覚
2.聴覚
3.体感覚

今回は、3番目の体感覚を使った方法をご紹介しましょう。

体感覚とは、体の感覚、つまり上級者がどういった体の使い方をしているかを、しっかりと観察します。

「上級者がどんなふうにテニスをしているかなら、いつも見てるよ」
と思うかもしれませんが、たいていの人はただテニスをしている姿を漠然と見ているだけの場合がほとんどです。

例えばフォアハンドストロークを打つときを考えてみましょう。

・どのタイミングで足は動き始めているか?
・どのタイミングでラケットは動き始めているか?
・ボールに対して足はどの方向へ踏み出しているか?
・インパクトでの足の位置は?腕は?ラケットは?利き手と反対の手は?
・うち終わったあとのラケットの位置は?体の向きは?姿勢は?

などなど、ざっとあげてもこれくらいのポイントはでてきます。

こうやってポイントを列挙すると、ほとんどの人が、「自分は全然観察できていませんでした!」と反省されます。

逆に言えば、上級者であればあるほど、プロの試合や相手をみるときに、これくらい細かい精度で観察をしているということです。

同じように、バックハンドストローク、ハイボレー、ローボレー、ミドルボレー、スマッシュ、サーブ、レシーブ、といったショットごとにポイントを洗い出して、そのときの上級者の体の使い方をチェックしてみてください。

驚くほどたくさんの発見があると思います。



さらに、体の使い方について、もうひとつ大切なポイントがあります。

それは「流れ」でとらえて真似をするということです。

さきほどのフォアハンドストロークの例でいえば、ボールを打つ前、インパクトのとき、ボールを打った後という3点で、それぞれ体の使い方をチェックすると同時に、その3点を一連の流れとして理解し、真似することです。

例えば、インパクトのときの体の使い方を見ると、利き手と反対の手は、腰の高さにあるとしましょう。しかしそれだけを見ると、腰より低い位置に最初あった手が腰の高さにきているのか、それとも腰よりも高い位置にあった手が下がってきて、腰の高さにきているのかはわかりません。

ですからインパクトのときの体の使い方を見ると同時に、その前後の動きもあわせて流れでとらえておくことが非常に大切です。

さあ、これであなたも上級者の技を自分のものにするコツをつかめましたね!

視覚、聴覚、体感覚の3つを使って、あなたも今日から上級者の秘密を探る名探偵になってください!

スクールに通ってらっしゃるなら、コーチが打つ姿を同じように分析してみるのもひとつです。

あなたのテニス上達を応援しています!

【テニス試合動画】錦織 VS フェデラー@SONY open 2014

今回ご紹介したいのは、先日行われたソニーオープンでの錦織選手がフェデラーを破ったときの動画です。

自身2度目となるフェデラーからの勝利。

最後の1ゲームの動画です。

たった1ゲーム(2分弱)の動画ですが、錦織選手の立ち位置やポイントの取り方を見れば、勉強になることがたくさんあります。

ぜひご覧くださいね。

【錦織VSフェデラー SONY open 2014】

テニスでスーパーショットを打つ秘訣とは?

誰もが、もうだめだ・・・とあきらめたその瞬間に返球したボールが起死回生のスーパーショットに。そんなテニスの醍醐味であるスーパーショットを打つ秘訣をご紹介しましょう。
プロテニス選手の試合を観戦していると、ときどき信じられないような起死回生の素晴らしいプレーを目にする機会があります。

相手に打ち込まれて、振り回されて、もうだめだ・・・絶対届かない・・・という状況からも、ボールにギリギリ手が届いて、そのまま打ったボールが信じられないようなスーパーショットになり、相手の脇を抜けてエースになる。。。

プレイしている本人も、また観戦している人も思わずガッツポーズをして、歓喜に浸る瞬間です。

あなたもそんな起死回生のスーパーショットを打ちたい!と思いませんか?

では、どうすればスーパーショットを打てるようになるのでしょうか?

実はスーパーショットを打つ人と打てない人には大きな差があります。

あなたのテニス仲間を見渡してください。
「彼は、スーパーショットをよく打つよな~」
「もう決まった!と思っていたら、すごいショットを打ち返される」
という人いませんか?

まずはあなたのテニス仲間でスーパーショットをよく打つ人を観察するのが一番近道です。周りにいないなら、プロテニス選手の試合を観戦しにいくのもひとつです。

彼らをよく観察してみてください。

何があなたと違うのでしょうか???

少し考えてみてください。

おそらくよく言われるポイントを挙げてみると・・・

・球ぎわに強い(ギリギリとれるかとれないかの球への対応能力が高い)
・懐が深い(自分の体に近いボールをうまく裁く能力が高い)
・よみがいい(予測能力が高い)
・裏をかくのがうまい(相手の予想と逆をつく能力が高い)
・足が速い
・フットワークが軽い(動きが軽快)
・反射神経がいい
・体のバランスが良い

などなどではないかと思います。

これらはすべて正解です。
ひとつひとつのポイントを、プロテニス選手にあてはめて観戦してください。

コツはひとつのことをじーっと観察しつづけること。

たとえばフットワークだけをじーっと見続けてください。

どの時点で最初の一歩を踏み出しているか?
ボールに向かってどのように近づいているか?
ボールを打った後、どういう状態で待っているか?

こういった視点で見続けると、大変勉強になります。
あなたとどこが違うのか?
違いを探す名探偵になってみてください。

しかし、あなたに本当に見ていただきたい点は、実はこれだけではないのです。

起死回生のスーパーショットを打つ人には、もうひとつとても大切なポイントがあります。

それは、「1回のスーパーショットの裏側には10回のチャレンジがある」という事実です。

絶対届かない・・・というボールにやっとの思いで届いて、それが奇跡のスーパーショットになる人は、普段から何度も何度も絶対に届かないというボールを最後まであきらめずに追いかけているのです。

9回追いかけたら9回はやっぱり届かなかった。。。
届いて何とか返しても相手に決められて結局ポイントにはならなかった。。。
そんなことは当たり前です。
でも10回目に届いたボールは、相手の脇を抜けてスーパーショットになった!

それが事実です。

「どうせそのボールは取れない」
「取れたとしても相手に決められる」
と最初から決め付けて追いかけない人には、いつまでたってもスーパーショットが生まれることは絶対にありません。

最後まであきらめず、結果がどうなろうとも果敢にチャレンジし続ける人にこそ奇跡のスーパーショットが生まれるのです
この事実を絶対に忘れないでください。

「Miracle Girl」という曲があります。(昔、Yawaraという柔道アニメの主題歌でした。)
最後にこの歌の中から、あなたにこの一節をお送りしましょう。

Miracle Girl 奇跡はいつでも君のハートしだい

最後まであきらめない、周りを感動させるプレイ目指してがんばりましょう!

錦織選手スーパープレイ動画

こんにちは。マイテニスの岩崎です。

世間はソチオリンピック一色ですね。
金メダル候補がメダルをとれないと何だか落ち込んだムードになってしまいますが、
せっかくのスポーツの祭典です。
結果ではなく、選手のこれまでの努力のプロセスに焦点をあてたいものですね。

今日は、ぱーっと盛り上がる意味も込めて、先日、全米室内選手権2連覇を成し遂げた
錦織選手のスーパープレイ動画をご覧ください!

数字を制する者はテニスを制す!?

テニスがうまくなりたい!と思って練習に励んでいると、最初のころは目に見えてぐんぐん上達していても、ある程度のレベルに達すると、ときどき「あれっ、僕って上手になってるのかな?」「あんまり変わってないような気がする」と不安になる人がいます。

また「以前よりはなんとなくうまくはなっていると思うんだけど。。。」と思っても、漠然としか上達が感じられず、なんだかモヤモヤした気分になって自信をなくしてしまう人もいます。

そんなときに一工夫する方法をご紹介しましょう。

それのヒントは、ズバリ

「数字」

です。

「数字を制するものは、テニスを制す!」とは言いすぎでも何でもありません。

それほど重要です。

「仕事は測定されたときにはじめて改善される」
という言葉を以前聞いたことがありますが、まさにテニスも同じです。

漠然とボールを打っているだけでは、自分の「現状」も漠然としか把握ができません。
自分がいまどの時点にいるかもわからない状態では、前に進むこともできません。

カーナビのようなものです。

カーナビを使って目的地に到着する場合、まず現在地が正確に把握されている必要がありますよね。
そしてさらに目的地を正確に決める。
それではじめて目的地までのルートが示されるわけです。
そして目的地に向かって動き出しながら、常に現在地を測定しつづけています。

たまに地図にはまだない道をとおると、カーナビが混乱してしまうことがありますが、「なかなかうまくならない・・・」と悩んでいるあなたは、もしかしたら、まさに同じ状態にいるのではないでしょうか?

ということで、数字で把握することの大切をご理解いただけたと思います。

「でもどうやってテニスを数字で把握するの??」

それは簡単です。
プロの試合結果をみると、必ずいろいろな数値が計測されて発表されています。

ファーストサーブの確率
ネットプレイでポイントをとった数
ミスの数
エースの数 などなど

本当は、試合を友人にみておいてもらって、これらをすべて測定できればたいしたものですが、それも難しいでしょう。

まずはできるところからはじめましょう。

たとえば、ファーストサーブが入った数、ダブルフォルトの数などはわかりやすいのではないでしょうか。
(休憩タイムにメモできます)

レシーブの返球率も簡単に把握できます。

できれば把握しておいてほしいのが、自分のミスの数です。

相手にエースを取られたものはおいておきましょう。
それよりも特に自滅型のミスの数が大切です。

これを把握して、定期的に毎回計測していくだけで、あなたの現状そして成長度合いが確実に把握できます。

文字通り目に見えて上達していれば、さらに自信をつけることができますし、もし仮に数字が下がっているならば、それはそれで、改善点が明確にわかるわけですから、無用な心配をせずとも、そのための練習をすればよいだけですから、かえって安心感がでてきます。

一番良くないのは、漠然と不安を感じながら、漠然と練習を繰り返すことです。
これではいつまでたっても精神的にも技術的にも成長しません。

ぜひ数字で把握することからはじめて、あなたのテニスを改善していってくださいね!

あなたのテニス上達を応援しています!

全豪オープン2014ナダルVS錦織戦を見る

今回は号外!ということで、先日急遽NHKでも放映された全豪オープン2014 ナダルVS錦織の試合をご覧いただきたいと思います。

対戦結果はナダルが7−6、7−5、7−6で勝利。

セットカウントでいえば3−0とナダルの圧勝に見えますが、その1ポイント1ポイントは本当に鳥肌がたつほど凄まじいショットの応酬でした。

テニス初心者、上級者問わず、この対戦を見るだけで、テニスの醍醐味が感覚としてすべてわかる!そんな気がしました。

細かいテクニックや駆け引きはもちろんあるのですが、そんなことは考えず、とにかく多くのテニス愛好家に見て欲しいと思います。

偶然、YouTubeにハイライト動画があがっていましたので、ご紹介しておきます。

テニス錦織圭vsナダル 全豪オープンテニス2014

https://www.youtube.com/watch?v=51ftUhq1_i0&feature=youtube_gdata_player

あなたのテニス上達を応援します!

 

テニス上達の3ステップ(3.実行)

前回は第2ステップとして、階段の設計についてご紹介しました。今回は、第3ステップです。

第3ステップは一番大切な「実行」の段階です。

計画が決まって「あとは実行あるのみ!」と調子よくいけばいいのですが、この「実行」の段階は意外と難しいですよね。ここでつまづいた経験がある人も多いと思います。

そこで、今回はきちんと実行するためのコツをご紹介しましょう。

前回、第2ステップで目標達成のための階段を設計しました。
→ 第2ステップ

階段を設計することで、最終目標に到達するための小目標が順番に設定されました。

1.まず最初は、階段の1段目にあたる小目標を見て、その目標を達成するためにできることをすべて書き出してみてください。

たとえば、「スクールの中級クラスにあがる」という小目標があったとしたら、その目標達成ためにできることを書き出してみましょう。全部です。

・毎週、フォアハンド、バックハンドストロークで壁うち練習をやる。100回続ける。
・週3回、サーブトスの練習を50回する。
・週3回、フォアハンド、バックハンドの素振りを100回する。
・週1回、友人とテニスコートを借りて、ラリー練習をする。
・週3回、オートテニスにいってボールを打つ。
・テニス雑誌を立ち読みする
・マイテニTVの動画(ストローク)を見る
などなど。

このときも、内容はできるだけ具体的に、そして評価できる指標(数字)を盛り込んでおくことを忘れずに。

2.では次に、それをすべてスケジュールに落とし込んでください

いつかやろう!では、いつまでたっても達成はされません。具体的にやることをスケジュール帳に書き込みましょう。
そしてその時間を死守して、実行に移してください。

最初に決めた大目標の達成期日があるはずですから、それに間に合うようにどんどんスケジュールにいれていってくださいね。

ポイントは、練習を無意識化・習慣化してしまうことです。

あたかも日常生活の一部のように習慣にしてしまうことほど、強力なものはありません。
最初は意識しながらになりますが、続けていれば習慣となります。

3.さあ、これで安心!と思いますが、最後にもうひとつ、とっても大切なことがあります。

それは、常に「なぜ」を意識することです。

普段の練習を続けていると、うまくいかないときや頭打ちになったとき、どうしてもモチベーションが落ちることがあります。
そんなときはもう一度、最初に立てた大目標を思い出して、そして、

「なぜ、私はこの目標を達成したいのだろう?」

ともう一度自分に、自問自答してみてください。
あなたの熱い思いをもう一度、思い出してください。

人が自発的に動くのは、「何をするか?」が明確になったときではなく、「なぜするか?」が明確になったときです。

「何をするか?」よりも「なぜするか?」が大切です。

常に「なぜ、私はテニスがうまくなりたいのだろう?」という質問を自分に投げかけてください。

自然とあなたのモチベーションはあがって、練習にも精が出るはずです。

さあ、いかがでしたか?
これであなたも上達目指してがんばれる方法を手に入れました。

まずは1ヶ月、1週間だけでもいいですから、行動を起こしてみましょう。

千里の道も一歩から。

マイテニはあなたの一歩を応援します!

テニス試合前のウォーミングアップのコツ

今回は試合前のウォーミングアップのコツについてご紹介します。

テニス愛好家のあなたは、選手のように日ごろから筋トレをしたり走り込みをしたりとフィジカルトレーニングとはあまり縁がないかもしれません。

とはいえ、テニスは、持久力に加えて瞬発力も必要で、体全体を使いますので、誰でも相当な運動量になります。
遊びでも、試合前にはウォーミングアップをしっかりしておかないと怪我につながります。
そこで怪我を防ぐためにも、また疲れにくいテニスに適した体をつくるためにも、ウォーミングアップのちょっとしたコツを紹介しましょう。

それには、テニスの試合中にあなたがどんなリズムで動いているかを知る必要があります。
ヒントは、前回でてきた「6秒ルール」です。

テニスで1ポイントにかかる平均時間は6秒といわれています。

ということは、体は、平均して6秒間動き続けて、そして15秒~20秒程度の休憩を挟み、そしてまた6秒間動き続ける・・・となります。

つまり、最初からこの時間間隔に合わせて、体を動かしておけば、実際の試合になっても無理せず同じリズムで体を動かせるわけです

具体的に考えると、試合前にウォーミングアップをする場合、ずっと走り続けるだけでなく、
6秒間ダッシュをして、15秒間休む・・・また6秒間ダッシュして、15秒間休む・・・
というリズムで体を動かしたほうが、本番に適した体が作れる
ということです。

もちろん、普段から持久力を高めるトレーニングや入念なストレッチは大切です。
その上で、6秒ルールのちょっとしたコツを知っていれば、肉体的にも精神的にも本番前に本番に近い状態を作り出せるというわけです。

さあ、週末の試合で早速使ってみてください!

あなたのテニス上達を応援しています!

 

テニスの試合で集中力を維持するコツは?

今日はテニスでの集中力を維持するちょっとしたコツをご紹介しましょう。

 

テニスの試合で簡単なボールをミスしたときに

「今のポイントは集中できていなかった。」

といいわけした経験はありませんか?

またミスが続くと、「自分はなぜ集中力がないのだろう・・・」と落ち込んでしまった経験はありませんか?

確かにプロの試合を見ていると技術の差よりも集中力の差が勝敗を決めることも珍しくはありません。

では、ここでひとつあなたに考えていただきたいことがあります。

とても大切なテニスの「集中力」とは、具体的にはいったいどういう力のことを言うのでしょう?

少し時間をとって考えてみてください。

答えは思いつきましたか?

試合中は余計なことを一切考えずに神経を一点に集中させ、その状態をずっと維持する力ことでしょうか?

いわゆるゾーンと呼ばれる無意識レベルで自然に体動く状態にすぐに入れる力のことでしょうか?

とにかく、なにか偉大で特別な力だと感じていませんか?
試合中、一切余計なことを考えずにずーっと神経を研ぎ澄ませておかなければいけない。。。と思っていませんか?

その証拠に、生徒さんに「テニスで集中力は大切だと思いますか?」と聞くとほとんどの人が「とても大切だと思う。」と答えますが、
「自分は集中力があると思う人は?」と聞くとほとんどの人は「自信がない。」と答えます。
試合全体を通して集中するという力は大切ですが、普段そんなトレーニングをしていな人ほど、
自分には到底無理だ・・・」「自分は集中力がない・・・」とますます自信をなくしてしまいます。

そこで、「チャンク・ダウン(Chunk down)」という方法を使ってこの問題を解決してみましょう。

チャンクとはまとまった塊のことで、チャンク・ダウンとは大きな問題をより細かく分割することです。
そうすることで、手に負えない大きな問題も、解決可能な小さな問題になるという手法です。

テニスの集中力に置き換えた場合、「試合全体を通して集中する」にはどうすればよいか?という大きな問題を細かく分割してみると、それは

「1つ1つのゲームを通して集中する」にはどうすればよいか?

に分割できます。
さらに細かく分割すると、

「1つ1つのポイントを通して集中する」にはどうすればよいか?

になります。

逆に言えば、1ポイント1ポイントの積み重ねが1ゲームになり、その積み重ねが1セットになるということです。

ということは、「1ポイントに集中」ができれば、試合全体を通しての集中につながることがわかります。

さらにあなたに喜ばしい事実をお伝えしましょう。

テニスで1ポイントにかかる平均時間はどれくらいだと思いますか

なんと、たったの「6秒」といわれています!!

いくら集中力がないという人でも、6秒間集中することくらいは簡単にできそうじゃありませんか??

たとえば今すぐ目を閉じて、頭の中でテニスボールを思い出して、6秒間映像を思い浮かべてみましょう。
映像が思い浮かばない人は、ボールを打っている音でも結構です。

いかがでしょう?

簡単にできましたか?

このように「たった6秒間だけ集中すればいい!」と思うとずいぶん気楽になって、自分にもできそうだ!と自信がわいてきたのではないでしょうか。

テニスは1ポイント1ポイントの積み重ね。
何事も地道な1歩が大切です。

さあ、6秒集中力を意識して、今週末からプレーしてみましょう!
あなたのテニスはきっと良くなりますよ!

あなたのテニス上達を応援しています!

正しいグリップの握り方は?

正しいグリップの握り方を教えて下さい。人差し指と中指は離したほうがいいのでしょうか?それともくっつけたほうがいいのでしょうか?
■マイテニメンバーさんからの質問

マイテニTVの動画を見て、テニスを勉強させていただいています。
その中で、グリップの握り方について、セミウェスタン、バックハンドイースタン、コンチネンタルと紹介されています。

これまで「セミウェスタンは、(フォアハンドは)人差し指を離して持ちなさい」と、本や人から教えられてきて、実際にプレーをしてもうまくできてよかったのです。
しかし問題は、バックハンドイースタン(バックハンド時)と、コンチネンタル(サーブ、ボレー、スマッシュ時)の人差し指です。

人差し指を、
「中指とくっつけるのか」、それとも
「中指から離すのか」(フォアハンドの時みたいに、中指から離して、斜めにラケットにひっかけるのか)ということです。

動画では、どれも人差し指と中指が離れているように見えましたが、これからテニスを勉強してゆく私にとっては重要なことですので、教えていただけるとありがたいです。
失礼いたします。(Oさん)

●回答

Oさん、まずはご質問ありがとうございます。
質問内容からとても熱心にテニスのことを考えてらっしゃるなーという感じが伝わってきました。

さて、グリップの持ち方ですが、結論からいえば、
「人差し指を中指とくっつけるかどうかは、どちらでもかまいません!」

人によって違いますし、正解はありません。(^0^)/

くっつけたほうがいい人もいれば、離したほうがいい人もいます。

ですから、一番確実な方法は、Oさん自身で両方のパターンを試していただいて、打ち易いと感じるほう、ボールがよりコントロールしやすいと思うほうを選んでください。(ちなみに、私はくっつけていますが、小林コーチは離しています。)

またもうひとつ大切な点は、Oさん自身のレベルがあがるにつれて、この感覚もかわってくるということです。

この点は意外とみなさん知らないので注意が必要です。
特に人は先入観にとらわれ易いので、過去にうまくいったからといって自分にはその方法がベストだと信じ込んでしまう人がいますが、それに執着する必要はありません。

ですから、調子が悪くなったりスランプになったときに、こういうチェックポイントを覚えておいて、定期的に見直していかれるとよいでしょう。

例えば、私自身も、以前は人差し指を中指と離してバックハンドを打っていましたが、自分や相手のレベルが上がってボールの回転量が増えたり、スピードが速くなってくると、打ち負けることが増えてきました。

そこで人差し指を中指とくっつけた状態にしたところ、ラケットがしっかり握れるようになり、打ち負けることがなくなったということがありました。

いつもマイテニで申し上げていることですが、「テニスには正解はありません。

それはプロ選手を見ていてもよくわかります。
グリップの握り方からスイング、フォームまで皆バラバラです。

ですから正解を探すのではなく、自分にあっている打ち方や技術を実際に試して、それを探し出す能力を身につけていかれると、今後もいっそうテニスが上達することと思います。

ぜひいろいろ試してみてくださいね!では、がんばってください!
Oさんのテニス上達を応援しております!